国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。 雪国の世界(ウェブの文章編)

「長いトンネルを抜けるとそこは雪国であった。」という一節がありますが、この表現がよくクローズアップされるのは一体何故なのでしょうか? 前後の文脈を知らないでそのまんまの意味で受け止めれば、「だからどうしたのだ?」という感想で終わってしまいます。

129-131• ここは島村と駒子が心通わす場所となった場所なのです。 」あなたがお書きのように「そこは」と入っていると、ここで余計な間(ま)が生じて文章がだれてしまいます。 そのどちらにも現実感を伴わないから美しいのでしょうか。 出演:、、• 1970年(昭和45年)2月、5月 - 6月• せっかくの旅行なのにどうも鬱の波がやってきたようです。 1973年(昭和48年)1月7日 - 1月28日(全4回) 日曜日 21時30分 - 22時25分• 駒子が習っている踊の師匠の息子。 nooberu syou jusyou si ta kawabata yasunari no yukiguni desu. 海外でも評価は高く、川端が受賞したの審査対象となった作品でもある。 (昭和10年)から各雑誌に断続的に断章が書きつがれ、初版単行本刊行時の(昭和12年)7月に文芸懇話会賞を受賞した。

Next

雪国のあらすじ「長いトンネルを抜けると」

主張せず、自然に入ってくるような分かりやすい描写という意味合いだ。 代表作は、『伊豆の踊子』『抒情歌』『禽獣』『雪国』 『千羽鶴』『山の音』『眠れる美女』『古都』など。 日本の国民的小説家、夏目漱石の小説「吾輩は猫である」「こころ」などを読めるようになった。 島村は葉子に興味を持ち観察するのだが、島村の見つめる葉子の描写が実に不思議に感じた。 149-158)• 明るい声であいさつをしていました。

Next

川端康成『雪国』冒頭「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった」と町屋良平「夜のした」という表現の意図を比べる

「驚いたことに齋藤は、誰もが知っている『雪国』のこの有名な冒頭の一節に、こんなふうにルビをふっているのである。 なぜいきなり「雪国」の冒頭を思い出したかといいますと、山口幸洋『しずおか方言風土記』(静岡新聞社)を読んでいたら、「駿遠国境山地」ということばに行き当たったからです。 どちらかというとこの「夜のした」という表現の方が僕にとっては衝撃的であり、言うなればこの「夜のした」という表現を見て『雪国』の「夜の底」という表現を思い出したくらいにして、つまりここでは、「夜のした」という表現の効果を探るために、文豪川端の「夜の底」という表現を引き合いに出して考えたいというのが大きな目標となります。 は、『雪国』を「20世紀10大小説の一作」 、「ヨーロッパの世紀末文学の理想、や、が求めて果たさなかったの理想を実現してしまった作品」だと評し、以下のように解説している。 ここで、英訳されたものを再度日本語に直訳しなおす。 惹句は、「純粋な心がもえる 野性のはげしさでもえる 雪国の女・駒子!」である。

Next

雪国の世界(ウェブの文章編)

」って文章があって「夜のした。 これ以上区切ったら意味がなくなりますよね。 という ぶん が つづき ます。 小高キクは、(大正5年)に新潟県の貧しい農家の7人姉弟の長女として生まれ、(大正15年)、数え年11歳で三条を離れて、の芸者に奉公に出された女性である。 関連項目 [ ]• その番組はどうやら、ナレーターが「雪国」を朗読し、出演していた川端康成自身がその朗読の感想を述べるものだったようです。 。

Next

<国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。>を英語に訳して頂きた

必要に迫られ、李首相は語学学校で日本語の授業の初級と上級を同時に受講した。 という作品です。 お帰りかい。 そして島村はその日に東京に帰ったのだった。 東京に妻子あり。 2)Out into the snow country roared my train through the long tunnel cutting across the border. 夜の底が白くなった。 夜も更けてるのに、そんなとこで窓開けられたら 寒いってんだよ! このクソブス! 駅長に用事があんなら駅に着いてからしゃべれ。

Next

国境の長いトンネルを抜けた先の文学「雪国」

の立場だと、これらは「主語の省略」とか、「主語が不要な場合」とかいう説明がいります。 のーべる しょう じゅしょう し た かわばた やすなり の ゆきぐに です。 …という事で…本を読まない人でも、何となく聞き覚えのあるタイトルの… 『雪国』 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。 境界線と鏡面のイメージ この「容器」という言葉についてもっと言えば、「四辺を何らかの境界で遮られている」という印象を持つこともできます。 もちろん厳密にはそうとは言えないかもしれないが、 「島村」の視点に限りなく近い効果が得られるはずだ。

Next