ブローン アスファルト。 JISK2207:2006 石油アスファルト

舗装用改質アスファルトの歴史 | JMAA【日本改質アスファルト協会】

7 1 に従って洗浄・乾燥した同一の粘度計又は別の粘度計を用いて, b 〜 d の操作を繰り返し て流出時間を測定する。 の高い()であり、ではほとんど流動しないものが多い。 3-2アスファルトの品質規格の歴史• 03 6 〜 30 2 0. この際, 水分及び溶剤を完全に除去するため,清浄な乾燥空気を通しながら乾燥するとよい。 P202: 全ての安全注意を読み理解するまで取り扱わないこと。 改質アスファルト乳剤の種類では、接着性の改善を目的に天然ゴムや合成ゴムを混入したゴム入りアスファルト乳剤(記号:PKR)と、骨材・水・セメントなどと混合したスラリー状混合物を既設の路面に薄敷するマイクロサーフェシングで用いる速硬化型の改質アスファルト乳剤(記号:MS)がある。 )における動粘度を推定することができる。

Next

PITCHES

ヒトにおいて呼吸器系に影響がみられていることから区分1 呼吸器系 とした。 粗骨材・細骨材・フィラーと石油アスファルトにトリニダードレイクアスファルトまたは改質剤を混合したアスファルトを使用したグースアスファルト混合物による舗装で、高温時に流し込み施工できるほど流動性が高く、不透水性とたわみ性に富むという特長がある。 The quality of our Pitches, however, is adjusted so as to polish optical glass over a wide polishing-,load range to meet the recent requirements of a higher-load and shorter-time polishing. 感温性にも優れ、耐候性と耐水性が高い。 103 2013。 この結果、処理中のアスファルトの粘度が規格範囲内の一定値になる時点を容易かつ確実に把握することができ、この時点でブローイングの停止を行えば、製品アスファルトの諸物性を常に一定の値にすることができ、各バッチ毎の製品アスファルトにおける諸物性値のバラツキが少なくなる。

Next

アスファルト

I型からIII型、H型に行くに従って、主に軟化点とタフネスが向上されており、これらはの塑性変形や摩耗に対する抵抗性の改善につながっている。 それを受け、昭和7年(1932年)に「JES(Japanese Engineering Standards:日本標準規格)173号K27石油製品」が国の定めた最初の規格として制定されました。 オイルサンド:砂にしみ込んだもの。 5時間放置する。 この場合,風が当たらないように注意し,必要ならば囲いをする。 従って、今まで困難であったセミブローンアスファルトのブローイングの操作を、熟練を要することなく、誰にでも、容易に行うことができる。 P280: 保護手袋/保護衣/保護眼鏡/保護面を着用すること。

Next

公益社団法人石油学会|石油豆知識[アスファルト]

04 0. 注 19 標準温度計は,工業技術院計量研究所において0. 5 精度 規定しない。 戦後になり、昭和24年に国内で石油精製が再開されアスファルトの生産が始まりました。 7 トルエン可溶分 アスファルトの純度を表す尺度。 5〜2時間放置する。 なお、ブローイング停止時期の判断は、運転中に、中間サンプルとして処理中のアスファルトを一部取り出し、粘度等を測定しながら行っている。 2019年5月12日閲覧。 外部リンク [ ]• 実施例1及び比較例1最大容積が60キロリットルの装置を用い、原料54トンのブローイングを行った。

Next

アスファルト|SDSダウンロード|出光昭和シェル

17 2002。 0未満 2. 17 2002。 なお,伸度は温度によって変化するので,伸度にはその試験温度を表示しなければならない。 では後期後半から晩期にかけて、側のや、などで産出した天然アスファルトを熱して(せきぞく:石の矢じり)や骨銛(こつせん:骨のモリ)などの接着、縄文後期の秋田県・の事例としてに用いるとの接着 、破損したやの補修、の下塗りなどに利用された。 ハンドルを10回転させたときに,クリップ間の 距離が,はじめの40. 19 K 2207-1996 図13 回転盤(一例) 図14 試験容器 6. 0 178. 6〜 3 2 0. これを室温で約30分間放冷した後,温めたナイフ,スパチュラな どを用いて過剰の試料を形枠の上面に沿って削り取り,型枠を取り除く。 44 K 2207-1996 4 温度計 表20による。

Next

ブローンアスフアルトの製造方法

0〜45. 1mgのけたまで量る。 [ ] ストレート・アスファルトの性状を改善するため、溶剤抽出 (溶剤脱瀝 )や空気酸化 (ブローン・アスファルト製造)などの処理を行うこともある。 4〜 2 50 0. 製造過程は、原油を常圧蒸留することで、、、、が留出され、残った常圧重質油からさらに加熱して減圧蒸留することで、、が生成される。 f 6. 注 3 試料に泡が付くと試験結果に影響するから,浴の水は,新たに煮沸した蒸留水を用いる。 2 ハバード比重瓶法密度試験器 ハバード比重瓶法密度試験器は,次の 1 〜 3 からなる。 出典 [ ]• - 2019年7月更新 リプロバイタル 200 Reprovital 200 再生用添加剤 独自技術の常温流動性アロマリッチ配合を採用し、「アスファルトの組成の回復」と「常温での取り扱い」を両立した、次の舗装の再生までを考えた再生用添加剤です。 スポンサード リンク• 【要約】 【目的】ブローンアスファルトの製造におけるブローイング停止時間を簡単に予測し得、容易かつ確実に一定の諸物性を有するブローンアスファルトを製造する方法を提案する。

Next

一般社団法人 日本アスファルト協会

0を超えるもの 0. 001gのけたまで量る。 6 試料が軟化して伸び,底板に触れたときの温度計示度を読み,これを記録する。 アスファルトは、天然に産出される天然アスファルトと、石油からつくられる石油アスファルトがあり、現在使われているものは石油アスファルトがほとんどで、天然のものはごく少なくなっている。 注 11 比重瓶をぬぐうとき,手の熱で内容物が膨張して流れ出ないように注意しなければならない。 5 トルエン可溶分は,次の式によって算出し,可溶分が99. 3 上部漏斗内壁及びフィルタを,トルエンを少量ずつ使って,ろ液が無色になるまで洗浄する。 高い防水性能、たわみ性を有します。

Next

舗装用改質アスファルトの歴史 | JMAA【日本改質アスファルト協会】

H型は、ポリマー添加量が多く、ポーラスアスファルト混合物に用いられる高弾性の改質アスファルトであり、中でもH型-Fは寒冷地用にたわみ性を向上させたものである。 2 蒸発試験器 蒸発試験器は,次の 1 〜 4 からなり,その一例を図12に示す。 ホットプレート上での試験片作製操作は,5〜10分間で行う。 鋼板上のアスファルトの薄膜が規 定の条件で冷やされ,かつ,曲げられたとき,アスファルトの薄膜がぜい化してき裂を生じる最初の 温度。 2 再現精度 異なる2試験室において,別人が別の試験器で同一試料をそれぞれ1回ずつ試験して求め た2個の試験結果の差は,0. アスファルト表面に規定サイズの半鋼球を埋め込んで一定速度で引き抜いたときに得られる、引抜力と変位量の関係を曲線図で表したもの。 なお,密度は温度によって変化するので,密度にはその試験温度を表示しなければならない。

Next