縁壱 強すぎ。 【鬼滅の刃 186話感想】縁壱の嫁・うたちゃん可愛い!→残酷すぎる展開へ・・・

【鬼滅の刃 考察】縁壱という男を考察していたら、色々な事に気付いた話【きめつのやいば ネタバレ】

炭吉はもう縁壱が戻ってこないことを知ります。 実際この言葉を聞かされた巌勝は 「何言ってんだコイツ」といった感じの微妙な表情をしており、内心で 「気味の悪さと苛立ちで吐き気がした」と述べている。 女の子の名前は"うた"といい、黒曜石のような綺麗な瞳をしていた。 もちろん心拍数も、必要最小限にするはずです。 ところが 7歳になった頃、縁壱は突然流暢に話だし、自分も侍になると言い出します。

Next

鬼滅の刃の縁壱とは?強すぎる日の呼吸の使い手は無惨が化け物と呼んだ最強剣士|ワンピースネタバレ漫画考察

鬼であっても人間を食べれる許容量に限界があるので食べ続けることが出来るのも才能ですね。 186話では縁壱に鬼狩りとなるキッカケを作る。 現在の柱のメンバーは別記事も参照。 【名言】昔のルフィって船長の貫禄メチャクチャあったよな。 そこで兄・厳勝は鬼に成り下がってでもいいから、弟・継国縁壱に勝とうとした。

Next

鬼滅の刃の縁壱とは?強すぎる日の呼吸の使い手は無惨が化け物と呼んだ最強剣士|ワンピースネタバレ漫画考察

結論から書くと、冒頭でも触れましたがめちゃんこ強い。 そして無惨の体には七つの心臓、五つの脳があることを、透き通る世界から知ります。 縁壱という存在が鬼狩りになければ、今も鬼殺隊には全集中の呼吸は存在しないわけで、縁壱の鬼殺隊への貢献度は計り知れないものがあると言える。 強さは正義。 一方、柱(はしら)のメンバーはそれ以前から存在し、「炎」「風」「水」「雷」「岩」という剣術の型を使っていたそう。 その剣士は始まりの呼吸、 縁壱 よりいち でした。

Next

【鬼滅の刃考察】黒死牟が最強にヤバすぎたw【能力技・月の呼吸】【戦闘力・正体まとめ】【継国厳勝】【こくしぼう】

継国縁壱は鬼殺隊設立以来の最強の剣士だった。 。 縁壱は自身が使う『日の呼吸』を他の剣士達に惜しみなく教えたが、『日の呼吸』を使えるものはいなかった。 しかし縁壱はこの無惨を単独で追い詰め尻餅を着かせています。 兄・黒死牟に再会する気力だけで、最期は命を保っていたのかも知れない。

Next

継国縁壱(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

この時にはすでに透明な世界を見ることができていた 縁壱 、巌勝は透明な世界を見ることができなかったためまるで理解をすることができませんでした。 の開祖となった はじまりの呼吸の剣士たちの一員であり、兄の巌勝は後のの 上弦の壱を任される最強の剣鬼となるの使い手。 推察にはなるが、剣術の基本は斬撃が敵に当たる瞬間に握りを強くする事であり、時間経過で減衰する赫刀の最大威力時が斬撃の命中時と同時であることに加え、ヒノカミ神楽の真髄から繰り返す度に赫刀の発動が重なり威力が増大し続けている事が予想しうる(この場合、水の呼吸の最強の型との類似性も見つける事が出来る)。 父親は縁壱を連れ戻そうとしたが、縁壱は寺に行っておらず、消息不明になった。 また、作中では炭治郎やといった一部の才覚ある人間しか目覚めていないも産まれた時から目覚めており、黒死牟から「この世の理の外側にいる」「神々の寵愛を一身に受けて生きている」と評されていた通りの人外キャラとして描かれています。 弟の縁壱の規格外の強さに嫉妬し鬼として生きることを決意しましたが、鬼になってまで生き永らえたことを生き恥として認識し自分の醜さを嘆きます。

Next

縁壱の使う日の呼吸は受け継がれていた!【鬼滅の刃】

一方、7歳までまともに喋らなかった継国縁壱とは真反対で、うたはよく喋る明るい性格だった。 継国縁壱は同情心を抱いたのか初めて恋愛感情を抱いたのか、二人はそこから一緒に暮らすことにした。 先程の画像を再び見てもらうと、この死を間際にして本音を吐露した黒死牟の懐には、やはり「真っ二つの笛」が隠されていた。 走馬灯を見ているのか? と炭治郎自身も知らない世界で少し戸惑う様子が見られます。 それが後の上弦の鬼の中でも圧倒的に最強だった黒死牟。 妻のうたと子供を鬼に殺されている 継国家から出た後、縁壱は親を亡くしたという黒曜石のような瞳をしているうたという少女と偶然出会う。 始まりの呼吸の剣士という絶大なる強さを持つ縁壱の人間らしさが186話では見られる。

Next