デュエマ デッキ。 【デュエル・マスターズ】デッキレシピ:ベスト32 / 連ドラ 武神 / ケン

【デュエマ】安くて強いウェイボールデッキ!最短で4Tキル可能!?

デッキレシピ 【フシギバース】 枚数 商品名 40枚 メインデッキ 3枚 4枚 4枚 2枚 2枚 4枚 4枚 4枚 4枚 1枚 4枚 4枚 このリストはによって作られました。 (30円) GR召喚を行い、召喚したGRクリーチャーにスピードアタッカーを付与。 召喚時に自分のクリーチャーを破壊したら召喚コストを軽減し。 つまり対面では『ジョーカーズ』に対して最も警戒しなければなりません。 「1」。 《黒神龍ザルバ》等の各種ループ用クリーチャー を利用してループします。

Next

【デュエマ・殿堂】環境デッキTierランキング

非常に高いデッキパワーを持つこのデッキは猛威を振るっており、文句なしのTier1として活躍しています。 更には《MEGATOON・ドッカンデイヤー》を使った『 シータリペア』も結果を残し、環境初日とは思えない程、完成度の高いデッキが続出した。 コマンドがバトルゾーンに出た時、その持ち主はそのコマンドと同じ文明を持つ自身のカードから封印をひとつ、墓地に置く。 ・『 』は速度的にデイヤーに対抗しうるデッキであるが、意識されると墓地メタを搭載される。 撃たれたら 死を受け入れよ ホトトギス と、言うわけで環境に風穴を開ける(?)デッキが完成した。 各種情報や対策についてまとめたので、参考に。 防御札としても採用。

Next

安いカードで勝てるデッキを! / デュエマ仙台店の店舗ブログ

最強のフィニッシャーとして採用しております。 実態はかなり難しいですけど、オーラデッキ等と合わせたりしても『シールドトリガーに脆い』という弱点はそのままって点を振り返ると『キチンと争点されてるゲーム』なのかもしれません。 ただし出すにはかなり面倒くさい条件がそろっており、零龍に関してのコンボなどを狙うにはそれ相応のリスクが必要になるようですね。 1月末現在、最も安定したデッキ選択とも言え、特に《ジェイ-SHOCKER》が環境的に強いこと、《生命と大地と轟破の決断》を使用するデッキをメタれる《奇天烈 シャッフ》が無理なく採用出来ることがプラスとなっている。 の効果は当時オニカマスなどの早出しメタに対応もしていたし、ツインパクトでコスト10のクリーチャー故に10軸のガチロボに採用されたり・・・意外な所から登場する怖さがありますね。

Next

【零龍デッキ 2020年】 優勝デッキレシピ,回し方,相性の良いカードを紹介&考察 .

『 シータバーンメア』と並び、《ジェイ-SHOCKER》を採用しやすいデッキでもある。 《解罪 ジェ霊ニー》等のハンデスや、 《奇天烈 シャッフ》等の呪文メタ、《テック団の波壊Go!》等の受けトリガーを無理なく積める点も優秀です。 ・1月後半は『 4cデイヤーループ』を倒すべく、『 赤黒墓地ソース』や『 青黒カリヤドネ』が台頭。 轟轟轟ブランド(200円) 手札が0枚ならノーコストで召喚可能な殿堂入りカード。 だが、ビートダウン相手に有利を取るためには看過出来ない問題がある。

Next

【デュエマ】安くて強いウェイボールデッキ!最短で4Tキル可能!?

マル秘ネタ 電撃チラ見せ!! ・手洗い、うがいを励行いただきますようお願いいたします。 ・1月の前半になると、『 4cデイヤーループ』が頭一つ抜け出す形となった。 とにかく攻め込むので数少ない防御札となります。 《バーンメア・ザ・シルバー》らのジョーカーズを軸とした『 シータバーンメア』、更に新弾屈指のパワーカードである《ヨミジ 丁-二式》を使った『 ギガ・オレガ・オーラループ』、『 4cデイヤーループ』が登場。 < 虹速 ザ・ヴェルデ>、< SSS級天災 デッドダムド>+フシギバースのコンボはかなり強力なので、相手の盤面を制圧しながら< 大樹王 ギガンディダノス>の着地を目指しましょう! さいごに ここまで読んで頂いてありがとうございました。

Next

【第3回】デュエマ 2020年8月発売、クロニクル最終決戦デッキ『覚醒流星譚』&『龍魂紅蓮譚』収録カード先行チラ見せ!

アアルカイト(250~700円) 自分の水のGRクリーチャーが4体いれば、 パワーが9000のW・ブレイカーに変貌! 4ターンキルを達成する為にMANGANO-CASTLE! まとめ 先週と変わらず【ドッカンデイヤーループ】の入賞数が1位! やはり様々なルートを確立しており、対策が難しいのも勝因の一つと思われます。 相手はそのシールドを手札に加える。 アグロ耐性、リソースの確保、フィニッシュの安定性と序盤・中盤・終盤隙がなく強い。 受付締め切りが変則(6月17日)な為、ご注意下さい。 《GOOOSOKU・ザボンバ》のマジボンバーによってコスト3以下のメタクリーチャーを展開、侵略レッドゾーンによって早期にビートを仕掛ける戦法はGR中心の現環境に強く刺さっているようです。

Next

【デュエマ・殿堂】環境デッキTierランキング

「後は単純にほかの儀を使う場合でも重要なのよね」 自分のターンの終わりに、手札が1枚もないプレイヤーがいれば、この零龍星雲を自分の《滅亡の起源 零無》にリンクしてもよい。 しかもS・トリガーを増やすということは、対ビートダウン耐性の向上にもつながる。 TOKKO-BOON、MANGANO-CASTLE! 零龍デッキとしては『1ドローさせる』という動きのデメリットを速攻で潰すというのが早い気もしたんですけど、それをまさかの1枚が回答で出してくれるとはって話でした。 切り札 このカードはバトルゾーンに出た時、相手の手札を全て墓地に送る効果とパワー50000以下のクリーチャーには自分は攻撃されないというとてつもないカードパワーを持っています。 それがこのカードを使う上での大きな欠点であり、弱い部分である。 このターン、そのクリーチャーのパワーを-3000する。 新能力[フシギバース] <フシギバース>[コスト](自分のクリーチャーを1体タップしてマナゾーンに置き、[コスト]からそのクリーチャーのコストを引いた数のコストを支払って、このクリーチャーを自分の墓地から召喚してもよい。

Next

【デュエル・マスターズ】デッキレシピ:ベスト32 / 連ドラ 武神 / ケン

データをさんより頂きました。 < 虹速 ザ・ヴェルデ>から< SSS級天災 デッドダムド>にSSS級侵略した後、次のターンにフシギバースでマナに送れば< 虹速 ザ・ヴェルデ>をマナゾーンから召喚し、再びSSS級侵略することが可能です。 < ライマー・ドルイド>、< カラフル・ナスオ>はフシギバースを持つクリーチャーを墓地に送ることがきます。 パーツの殿堂入りは免れないだろうと予想されていますが、果たしてどこまで影響を受けるでしょうか? それではまた来週。 今回、特に注目すべきは< 不敵怪人アンダケイン>の登場で< 虹速 ザ・ヴェルデ>が墓地・マナ・ 手札から場に出すことができるようになりました。 伝説マシン開発秘話 パズドラ関連• また《チキチキ・JET・サーキット》下で《お騒がせチューザ》と組み合わせると、トリガーの封殺も可能となる。

Next