六世占星術 2019。 六星占術の「運命周期」をわかりやすく解説します(2020年対応版)

六星占術 火星人プラス2019年の運勢!無理をせずゆっくりと

水星人マイナス 水星人マイナスの2019年の運勢は、 メンタルに余裕が生まれて平穏な気持ちで過ごせるでしょう。 しかしこの2019年は積極的に行動することで運がつかめる時期になっているので、黙っていても何を手にすることはできません。 健康運は、肉体面は支えられ、大きなケガや病気などを心配することはほとんどないのですが、精神面ではかなりストレスを背負ったり、無意識でかなり疲れやすくなってしまうことがあります。 達成 自分の望みが思うように叶い、運気が最高潮に達する年です。 【六星占術コラム】人生は大殺界だらけ 占いに興味がある方は、ここで「年・月・日・時」の一つごとに「干支」が一組づつ割り当てられていることを思い出してみてください。

Next

【六星占術相性】土星・金星・火星・天王・木星・水星人の性格・特徴・運勢・相性

そうすることによって、良い流れがあなたに流れ込んでくることが予想されます。 特に昨年スタートを切ったものが徐々に芽を出すタイミングになってくるので、上司から新しいポジションを提示されたりだとか、またヘッドハンティングされるなんていうこともありそうです。 霊合星人は、占命盤の上で向かい合う運命星に強く影響を受けます。 ダウジングに使う道具は?ペンデュラムって?ダウジングが当たらない時の対処法も!! 今日の見た夢は何でしょうか?夢占いとはなんなのかを紹介! 夢占いをする事が出来る占い師や、夢占いの意味一部紹介! 自分のオーラは何なのか?簡単に知ることが出来る方法や、オーラの色の意味などについて紹介! オーラ占いを扱う優主な当たる電話占い師も紹介!. 【六星占星術相性】各六星占術ごとの相性早見表 土星人マイナス 土星人マイナスと相性が良いのは 火星人マイナスです。 意思が強い人です。 火星人マイナス 火星人マイナスと相性が良いのは 木星人マイナスです。

Next

六星占術・水星人プラス(+)の2020年の運勢を徹底解説

そう思うと少しは気持ちが楽にはなりませんでしょうか。 しかし、来年から来る好調期を前にしているのであまり心配する必要はありません。 立花 今後10年の運気が決定する年です。 むしろ自分自身を休めるという事に関していると、2019年は逆に良い時期ということが言えるかもしれません。 このような時期はひたすら冬眠モードに入るのが安全だとも言えるのです。 。 極端な場合、一日の運気そのものにまで影響してきます。

Next

六星占術・土星人マイナス(−)の2020年の運勢を徹底解説

六星占術では、地運の影響力は相性の約30%程度だと考えられており、その時々の相手と自分の相性である天運を相性鑑定では重視しています。 あなたの運命星が分かったらこの早見表で月運を調べてください。 また体力も落ち込んでしまったりだとか、新陳代謝が鈍ってしまうということもあるので、すっきりしない毎日が続くといいます。 トランプ占いをご存じですか? トランプで簡単にできる占いについて、ご紹介いたします! 名前占いについてご紹介します! また、名前占いが可能な電話占いもお教えいたしますね! 姓名判断についてご説明いたします。 天運:年月日によって変わる相性 地運は、相手の干支が、自分の占命盤で好運気になっていれば相性がよく、殺界の運気であれば相性がよくないと判断されます。 また車の購入も絶対に控えてください。 これで得られたたものが、 イコール細木数子さんのいう「ナニナニ星人」となるわけです。

Next

細木数子さんの六星占術・大殺界・宿命大殺界について簡単に解説します。

そのうえ、無意識のうちに自分勝手な態度をとるようになり、周囲から煙たがれる存在になることも心配されます。 とくに夢中になった占いが、占いの中で最も難しいと言われている四柱推命です。 霊合星人 霊合星人の2019年の運勢は星により異なりますが、全体的には 「悪い時期を抜け出した」と思える出来事が続く傾向にあります。 それを、気持ちが焦っているから「落ち着こう」と深呼吸することで、小さなイライラも無くすことが出来るのです。 火星人(マイナス)の恋愛傾向 ミステリアスな魅力があり、非常にモテる気質があるのですが、自分の内面を明かさないこととプライドの高さもあり、なかなか自分から思いがあっても相手に伝えることが苦手ですので、どちらかというと恋愛には奥手なところもあります。 そのような意識持って2019年はゆっくり過ごすことが大切となっています。 総合運 2020年の六星占術・水星人プラスの方の運勢を見ていると、非常に注意が必要な一年だということを言わざるを得ません。

Next

【六星占術相性】土星・金星・火星・天王・木星・水星人の性格・特徴・運勢・相性

換気や掃除は自分の内面の部分からの変化が起きやすい行動です。 慣れない異業種交流会などに参加するというのも良いでしょう。 そして「春」の中でも、「立花」は運気の盛り上がりがピークに達する運命周期であると細木数子さんは説いており、この時期に得たものは「生涯不動である」としています。 とはいえ、これらの占いは四柱推命のロジックから生み出されたものではないので、一概に論じることはできません。 誰にでも、12年間に3年間、12ヶ月に3ヶ月間、必ずやってきます。 ですので退屈だとは思うのですが、四柱推命と空亡について、まず解説させてください。 基本的には人との上手なコミュニケーションを図りたいと考えていますが、人間関係のトラブルなどには弱く、またそのような場からはなるべく身を守りたい意識が強く働くので、自分の気持ちをさらけ出すのは苦手です。

Next

【六星占術相性】土星・金星・火星・天王・木星・水星人の性格・特徴・運勢・相性

幸運を掴みたい、そして災いから逃れたいというのは昔も今も変わらない願望なのかもしれません。 どうして夏が「小殺界」なのか。 命式内(生年月日時の干支)に空亡があるだけで悪いという人もあれば、命式内でバランスの悪い部分に空亡があると、その悪さをうち消してくれるという人もいます。 ストレスを回避できれば簡単なのですが、なかなかそうもいかないのが2020年の運勢の特徴です。 たとえば、あなたが土星人の場合、陽(+)であれば、生まれ年の干支が戌の人、陰(-)であれば、生まれ年の干支が亥の人は、それぞれ「霊合星人」ということになるわけです。 建設、建築業が好調で、金融の運用は慎重にする必要があります。

Next