旦那 デスノート。 旦那デスノートのサイト内容が法的にやばい!40代や50代向けも?

よの中のクソ旦那ども!よく聞け!!

。 ドラマ「あなそれ」でも同じような言葉が出てきたような気がします・・・。 ツイッター上でも「 旦那デスノート」というハッシュタグをつけ、「感染して死ね」「コロナにかかって死んでほしい」など、夫に対する過激な投稿がみられる。 きっと今までも何かのせいにして……」 「里帰り中の風俗、偽名使ってださい。 本当にキモい!死ね!死ね死ね! とにかく早く死んで! モラハラ、暴力、あおり運転、飲酒運転、アルコール依存で、家のトイレに引きこもり動画しか見ず、家族の意味ないから別居して私の心の安定を優先させたら、「家を追い出された」と被害者モード。 万が一、原文をご覧になりたいかたは、引用部分のURLにアクセスしてください。

Next

旦那デスノートが見れない時は【こちら】サイトの内容をまとめて紹介!

今回は旦那デスノートについてまとめてみました。 お前は、夫、父親になっちゃだめな人種だった。 逃げ出したいけど逃げられない。 お金の話こそ、生きていく上での根幹にかかわる大切なことであり、夫婦できちんと話し合い、理解をしあうことが必要。 しかしその闇サイトwである『旦那デスノート』のサイトが消えた?見れないという情報が! 403 Forbiddenと表示されるので意味を調べてみると、(「閲覧禁止」「禁止されています」の意)は、HTTPステータスコードの一つ。

Next

だんなデスノートの効果が凄い!旦那の僕が見たら眠れなくなった本当にあった話|ILATTE|リモートワーク夫婦の自由な生き方【えりたく夫婦公式ブログ】

ガキすぎ。 書き込みの内容や、どこまで知れ渡ったか、また当然夫の性格次第ではありますが、夫が離婚を選択する可能性をなくすまでに至るには、かなりの努力を要するケースもありそうです。 次に、書き込まれた情報の内容で個人特定が可能か否か。 なのに人一倍うざくて鬱陶しい。 未婚の若い世代が「だんなデスノート」を読むと、単に笑うだけで終わるでしょうか。 362• ろくにしつけされてない 甘やかされ放題で最悪。 世代の違いがあって 話を分かってもらえない… というデメリットはあるかも しれませんが^^; それにしても 40代サイトがつくられないというのは この年代の書き込みたい 主婦の方には 少しガッカリの 情報かもしれませんね。

Next

旦那デスノートの効果的な使い方。夫が本当に死んだ方法【40代50代の女性へ】

これらの理由で離婚問題になったりすることも少なくはないそうで、トラブルの原因となってしまいます。 子供達も父親が帰ってくるたび居場所が汚されていくような思いをしていたため、家族で泣きながら夫の死を喜んでいます。 なぜサイトを開けないのか 教えてほしい! という人のために こんな情報をお教えします。 ・どうしてお姑さんに注意してくれないの ・どうして記念日忘れて飲みに行くかなあ ・なんでくだらない雑貨買うのに1,000円以上使うの ・なんで歯みがきせずに寝るの もちろん夫側の行動に問題があるから、そのような言葉が出るわけですが、言われる側に立って考えてみると「どうしてって聞かれても……明確な答えなんかないよ」が本音ではないでしょうか。 お前と出会ったことが、私の人生の転落の始まり。 旦那デスノートとは? 旦那デスノートとは、何なのか?なんて、野暮なことを記載していたら、怒られそうです・・・。

Next

30代主婦向け 旦那デスノート 過激な投稿一覧(閲覧注意)

旦那デスノートの40代向けはいつ登場するのか? 今回まとめてみた旦那デスノートですが、30代向けというのがコンセプトです。 目の前で両親が喧嘩しているのを見るのが辛く、 愚痴を言える場が女性にあればもう少し円満になったのでは? という考えから「旦那デスノート」を立ち上げたそうです。 個人特定可能なものだとすれば、書き込まれた人の権利を侵害する程度のものか否か。 『堂々再婚』『モンスターワイフ』など著書多数。 勿論掃除洗濯御飯支度は私の仕事。 死神さま本当にどうもありがとうございました!!!!!!!! より引用。 こちらではこのへんで止めておきます。

Next

「コロナに感染して死ね」 旦那デスノートで爆発する妻たち…弁護士は「リスク高い」と警鐘(弁護士ドットコム)

539• それにしても まさかテレビで紹介されていたとは… そこまで人気になると サーバーダウンしてしまったり というトラブルが起こっても 仕方ないでしょう。 消えて欲しい。 こういった不満や愚痴をネット上で書きこむことにはリスクがあることを意識しないと、痛い目に遭う可能性が ありますので注意してください。 ツイッター上でも「 旦那デスノート」というハッシュタグをつけ、「感染して〇ね」「コロナにかかって死んでほしい」など、夫に対する過激な投稿がみられる。 お酒を飲み、そのまま倒れ、そのまま逝きました。 そのため、万が一書き込みが発覚したとしても謝れば大丈夫とだけ思っていると、そううまくいかないかもしれません。

Next