ガン ブルー 塗装。 鏡面仕上げのガンブルーという塗装技術を試してみた〜モーゼル・シュネルホイヤー、トカレフでテスト

シルバーメッキのモデルをガンブルーで塗装してダメージ風加工してみた!

金属ヤスリでトリガーとハンマーのパーティングラインを落とし、サンドペーパーとモーターツールで表面を整える 5. 木目塗装をそのまま残す予定のグリップは、しっかりカバーしておきます。 レシーバーがOD色になっている。 研磨パッドやスポンジ研磨材は曲面にもフィットするので、トリガーガード内側なども問題なく処理可能。 エアガンの機能に障害が出ないように 基本的には分解して 塗装することになると思います。 これは表面のヒケや合わせ目の状態をチェックするためです。 ウェッジが乾いたら、食器用の洗剤などを使い、たっぷり水を流しながら水洗いします。 その付与上限を超えた場合、対象期間中は表示されている付与額では付与されません。

Next

鏡面仕上げのガンブルーという塗装技術を試してみた〜モーゼル・シュネルホイヤー、トカレフでテスト

ウェッジでショットするとガンブルー液の塗装がはがれる? ガンブルー液で着色して布で磨くと重厚感のある黒光りをしますが、黒錆なのでボールを打っているとウェッジの表面が剥げてきます。 これも 迷彩塗装と言えなくはない。 フレームのスクリュー部はこの段階で丸くマスキングしておきました。 乾燥したらブルースチールで下塗り。 亜鉛ダイキャストのトリガーとハンマーは下地処理をしてガンブルー液でブルーイングする。 サビ落としや塗装を塗ったりと色々してきたようですが、住宅やカー用品のスプレーだとゴルフクラブにはちょっとぼてっとした仕上がりや雰囲気が不自然になりやすいように感じます。 ではいよいよブルーイング開始です。

Next

大人買いモデルガン

シリコンオイルスプレーを使って動きを良くすることに成功したので、このときはなんとかなりました。 ガン本体のカスタムではありませんが、タナカM36・マルシンM586・エンフィールドの各カートリッジ弾頭を銅色に、それとM36のグリップアダプターを黒色に塗装しようとしています、まだ途中ですが。 写真は鉛筆を用いて塗装したクラウン製ベビーブローニング。 最終的にメガネ拭き用のファイバークロスやメラミンスポンジなどで全体を磨き、表面保護用に自動車用のスプレーワックス(プレクサス)を軽く塗ってあります。 これこそ一般的なガン 専用の塗料が一番ではあるのですが、 プラモ用のガンメタルという色で塗ってもいいかも。 黒い銃にまだらにタンカラーの 塗料を吹き付けるだけでも 2色迷彩ということになりますね。

Next

ガンブルー処理

また食器用洗剤も油分を取ってくれるので、クレンザーを洗い流す時に使うと一石二鳥で油分取りができます。 またキャディバッグに入れておくと、他のクラブとぶつかり合って徐々に地金が出てきます。 88~89より抜粋・再編集したものです。 缶スプレーを薄く吹くスキル以外は特にいらないので、カスタム好きな人やモデラーの人はぜひ挑戦してみてください。 なかなかよい質感になりました。 ただ黒錆よりも赤錆のほうが強いために、傷ができるとそこから赤錆が繁殖してくるので、小まめなメンテナンスが必要になります。 エアガンよりもモデルガンの方でよく行われるカスタマイズに 「ブルーイング」という方法があります。

Next

エアガンの塗装方法!意外に簡単?初心者でもキレイにできるやり方を解説!

今回のカスタムポイントは 1 ガンブルー塗装のポリッシュ仕上げ、 2 天然シタングリップへの交換、 3 精密インナーバレルと強化バルブによる性能アップ、 4 アキュラシーカート仕様に変更の4点。 。 ウェッジにガンブルー液をつけたら仕上げにミシン油を! ウェッジにガンブルー液をつける時には、刷毛か筆が必要です。 剥げてきた部分からまた赤錆の腐食が始まるので、こまめにガンブルー液を塗らなければなりません。 確かに銃撃の反動による衝撃を考えれば、ウェッジに掛かる抵抗にも耐えうると考えて当然のことです。

Next

ガンフィニッシュワークショップ 東京マルイ パイソン4インチ ガンブルーカスタム編(2)【2019年2月号掲載】

まずはウェッジの泥や土などを水洗いして綺麗にします。 近年、中東では 政治的な情勢が悪化して紛争が相次いでおり、そこへ派遣される軍隊がメディアにもよく取り上げられることによります。 ブルーイングしないものも見た目は金属そのものなのでシルバーとして使えます。 ちなみにサンドウェッジの場合には、砂地でショットをするとソールにサンドペーパーをかけたように、綺麗にはがれてしまうはずです。 思った以上に金属感が出なくて、笑ってしまいました。 ここまでやれば赤錆はなくなるので、後は手垢というか手油みたいなものを除去するためにアルコールでふき取ります。

Next

ガンブルー処理

これは、表面の保護とつや出しのためなのでゴシゴシと拭く必要はありませんが、更にピカピカに仕上げたい場合は、マイクロファイバークロスを用意して、丁寧に磨きあげてください。 この時小まめに溝の内側までしっかりふき取るようにしてください。 もう一度乾燥させてから、ミシン油をつけて布で磨くと光沢が出てきます。 平面はヒケがなければスミズミまで完璧に磨かなくても大丈夫です。 。

Next

ノーメッキウェッジの赤錆を防ぐガンブルー塗装の方法とコツ

樹脂を侵すパーツクリーナーやブレーキクリーナーはオススメできません。 お馬鹿さん達の言うことは聞かない方が良いですよ。 全体をくまなくヤスってひと皮ムキましょう。 今回は東京マルイのガスリボルバー「コルトパイソン. 可動部分に塗料がかかることによって部品の動きが悪化することがあります。 銃というのは本来は黒染めされた 金属で構成されています。 塗膜を剥がすのが目的ですが、微妙なヒケやキズを発見したら、さらに削るなどしてうまく処理して下さい。

Next