エーデル ガルト かわいい。 エデルガルト(声優:加藤英美里)のかわいい、服破れ画像まとめ【異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術】

FE風花雪月・エーデルガルトルート感想~君は泣いて謝りながらAボタンを押したことがあるか~

簡易性格解説 エーデルガルトの性格を説明するうえで外せないのは「二面性」だと思います。 アランデル公も、ヒューベルトも死んだ。 241• メーチェもまぁ分かる。 恐らく帝国ルートから始めたからこういう感想を持ったので逆に青ルートから始めていたらエガちゃんに対しても別の感想を持っただろう。 これこそが、戦争を取り扱うゲームのあるべき姿なのかもしれない。 ) 第二部のディミトリと同じくらいの状態まで堕ちたエーデルガルト。 実際に遊んでみると分かる。

Next

『ファイアーエムブレム風花雪月』感想。エーデルガルトに狂わされたFE好きの僕。

後で知ったけどエーデルガルトと仲間になるルートって隠しルートらしい 戦争が始まります。 ここではタイプ1判定かつかなり典型的な不健全落ちをする第二部のディミトリを比較対象とします。 に 名無しのエムブレマー より• 私にとってとは一体何なんだろう。 七代貴族の中で少なくとも実力が伴っていたのは、アランデル公、ヒューベルトの父親のベストラ公、リンハルトの父、カスパルの父です。 そんな不穏なルートだが生徒達もみんな可愛く愛着もあり、なによりエガちゃんに対して「こいつ真面目だけどな所も多いし、主人公に対しての依存度も高いし、部屋でごろごろするのが好きというのも共感しまくりで好き」となるので多少の犠牲なんてどうでも良いエガちゃんを王にするぞ!という固い決意がみなぎる。 454 ID:0DO7vbfl0. それぞれの人生があり、それらを一身に受ける主人公。 アランデル公は、炎帝開発や他国の混乱にも着手してたから時が来るまでエーギル侯を隠れ蓑にしてたわけです。

Next

【FE風花雪月】エーデルガルトとディミトリが手を取り合って共に歩む世界。それは絶対にありえない展開だったのだろうか

そんな僕たちと5年ぶりに再会した他学級の生徒はイグナーツくん。 気まぐれで差新作風花雪月を購入し、仕事が手につきません。 そして2回目。 5年後編ではなく正確には第1部の最後の方で色々あって我らがエーデルガルトさんが教団に反旗を翻すことで自体が一変。 最低でも2周はしないと駄目だと思う。 「君の望む未来を切り 拓 ひらくんだ」 幼いあの日、短剣を渡されて戸惑うエーデルガルトを見て、 ディミトリはずっと後悔していた。

Next

エーデルガルトはやっぱりヒロインだった【FE風花雪月】

それでも浮いている気もするが…。 B支援のイベントの選択肢でエーデルガルトに尋ねられるシーンでの選択肢が「忘れろと言われた」みたいなのだったよな。 その年頃の子ってダークナイトのジョーカーをまだカッコイイと思う子が多いから、それに比べたらだいぶマシじゃないかな。 誰よりも彼女を評価してたからこそ、自分も彼女には負けれないって義務として自分を高めていた。 ちなみに基本的に弓系列が強いが、特にボウナイトが滅茶苦茶に強いのでここを目指して育成するのをオススメする。 だがもし、彼女にどうしても譲れない信念があったとしたら? 自分がそうであったように、 エーデルガルトも苦しんだ上での行動なのかもしれない。 セイロスの支配を打ち砕きフォに暮らす全ての人々の安寧を得るという大義名分を掲げ、自身もその遊撃軍の前線に立ち血路を突き進むことを宣言する。

Next

海外の反応 エーデルガルトとせんせいのドS畜選択肢の話題

その意味がやればやるほど分かるようになる。 また、名前もない脇役と会話出来て、その世界観をより深く知れたり、戦争に負けられないという覚悟を強くできるのも良い。 最終的にアランデル公もとい闇に蠢く者と戦うつもりではいる(紅花参照)、でもまだその戦いに挑むときではないから、味方にしておく。 アランデル公死去により味方集団をさらに失うことになります。 ここは時間をかけて攻める必要があった。 成長すれば前者の「革命児」に。

Next

シュヴァルツァアドラーヴェーアとは (ワタシガヒトバンカケテカンガエタカッコイイグンタイノナマエとは) [単語記事]

そしてえげつないぐらい感情移入している自分がいることに気づいた。 とにかくやる事が多い。 63 ID:nP1B6gPA0. 英語版では Black Eagle Strike Force(ブラックイーグルストライクフォース)です。 この兵士の主人であるクレイマン子爵は、 ランベール王の急進的なやり方に不満を持ち、加担した。 ボリュームが鬼。

Next

FE風花雪月キャラ考察―エーデルガルト、皇帝と少女の間で

エーデルガルト 本作は3ルート(実際は4ルート)あり、それぞれでストーリーが異なる。 ・俺は雰囲気を明るくしようとしてそれを選んだよ。 アネットはみなで一緒に無事に帰れることを願い、 メルセデスはみなの無事を女神に願う。 ・ネズミ事件のやつか。 誰も手を差し伸べてくれなかったから、自分で立ち上がるしかなかった。 そしてそのまま堕落への道を歩んでいくことになります。

Next