陸上 日本 選手権 100 メートル 決勝 時間。 サニブラウン・桐生ら決勝へ 陸上日本選手権男子100 (写真=共同) :日本経済新聞

サニブラウン2冠/陸上日本選手権 最終結果

74 中村水月 大阪成蹊大学 23. 24 斎藤梓 新潟アルビレックスAC 10:05. フィギュア [6月23日 10:22]• 68 山下沙織 ホクレン 4:19. 15 第76回 1992年 大田愛 鹿屋体育大学 54. 予選では、それぞれが、別の組に分かれ、真ん中の4,5,6レーンを走ることになります。 9 1958年 第42回 渡辺恭子 リッカー 11. 決勝:9月29日 日 の4:15 です。 49 日本新 杉村奈美 リクルート 4:16. 84 -0. 41 山下沙織 ホクレン 4:14. 20 日本体育大学 2:08. 28 杉森美保 京セラ 54. 33 日本新 鈴木亜弓 スズキ 23. - IAAF• 7 -0. 優勝 2位 3位 第90回 2006年 京都光華AC 9:49. テニス [6月25日 8:27]• 36 -5. 陸上 [6月24日 10:00]• 81 日本中学新 第76回 1992年 徳田由美子 中央大学 2:04. 11 久保瑠里子 福島大学 2:05. 90 伊藤佳奈恵 北海道教育大学 11. 29 原悦子 ナイキ 12. 49 宗由香利 聖心ウルスラ高校 4:21. バスケットボール [6月27日 14:47]• 97 -0. 3 1927年 第14回 大毎 12. 53 日本新 岡本久美子 筑波大学 2:05. alltime-athletics. 第52回大会(1968年)以前は80mで開催。 リオデジャネイロ五輪で日本記録37秒60を更新した時のアンカー・ケンブリッジ飛鳥や、7月に行われたロンドングランプリ(IAAFダイヤモンドリーグ)で、歴代3位となる37秒78を記録した時の第1走者・多田修平、アンカーの白石黄良々もエントリー。 77 2012年 パナソニック 31:28. 74 ホクレン 15:39. 19 1位がサニブラウン(20歳)の 9. 19 佐藤涼子 日本大学 54. 84 ミズノ 11. 38 1977年 第61回 小西恵美子 日本女子体育短期大学教 24. 82 玉手由子 ゴールドウイン 2:05. 27 1982年 第66回 織田道子 磐田北高校 2:10. 9 1966年 第50回 宮本洋子 東学大ARC 2:16. 63 ナスターゼ ルーマニア 13. 31 坂上香織 ミキハウス 11. 6 1932年 第19回 木沢としえ 粉河高女 2:34. 66 0. 田村朋也(住友電工)• 100mで必要とされるのは骨格から生み出される最高速と、最高速により早く到達する加速である。 24 優勝 2位 3位 風速 第71回 1987年 江口三佳子 日本体育大学 12. 44 早稲田大学 24. バスケットボール [6月25日 17:25]• 注目の男子100メートルには、日本記録保持者のサニブラウン・ハキーム(20)=米フロリダ大=、日本初の9秒台スプリンター桐生祥秀(23)=日本生命=、自己記録10秒00の山県亮太(27)=セイコー=らが順当に名を連ねた。

Next

サニブラウン2冠/陸上日本選手権 最終結果

3 第74回 1990年 三木まどか 姫路商業高校 12. ウォルシュがチームを引っ張ることになる。 第15回大会(1928年)に・・・が加わるなど種目が追加され、近年では第90回(2006年)にが加わった。 63 森川千明 スターツ 15:39. 6 フローレンス・グリフィス=ジョイナー 1988年7月17日 -0. 25 渡辺真弓 東邦銀行 24. 3 1969年 第53回 助川立子 桜門陸友ク 12. 31 -0. 52 田中こずゑ 鳥羽高校教員ク 54. 7 ポーリン・デービス バハマ 第75回(1991年) 51秒93 福島大学 第89回(2005年) 2分00秒45 京セラ 第89回(2005年) 4分07秒77 () 第75回(1991年) 15分05秒07 ワコール 第88回(2004年) 31分06秒67 ユニバーサルエンターテインメント (2013年) 9分44秒22 松山大学 (2016年) 13秒02 -0. 38 橋本晴子 横浜国立大学 2:07. 16 0. 5 1946年 第30回 京都 12. 62 高橋萌木子 富士通 23. 00 -1. 73 中江理乃 中央大学 9:33. 46 ジュニア日本新 市川華菜 ミズノ 23. 84 第94回 2010年 福士加代子 ワコール 15:29. 37 -1. 48 第79回 1995年 クリュードミラ・ワシリア ノーリツ 4:14. 26 小林美佳 姫路商業高校 55. 42 デンソー 32:09. 4 1956年 第40回 田中みどり 南日本新聞 12. 一方、9秒台のスプリンター2人とわたり合う力を秘めているのが今季大きくタイムを伸ばしている小池。 バスケットボール [6月27日 14:47]• 62 土井杏南 埼玉栄高校 北風沙織 北海道ハイテクAC 11. 37 鈴木亜由子 JP日本郵政グループ 15:24. 0 第81回 1997年 鈴木智実 市邨学園高校 23. 9秒97の日本新をマークした7日の全米大学選手権決勝。 2012年2月13日閲覧• 2013年4月29日に(当時17歳)が織田記念予選で10秒01を記録したが、世界記録の条件となる風速計の設置がなく、ジュニア世界記録としては公認されなかった。 60 福島大学TC 11. 5 1978年 第62回 脇畑留美子 水口東高校 2:11. 17 青木沙弥佳 東邦銀行 53. 世界陸上ドーハでは、バトンワークを入念に確認することで、初の金メダル獲得を目指す。

Next

サニブラウン2冠/陸上日本選手権 最終結果

51 越本ひとみ 鐘紡岐阜 24. 57 吉田直美 リクルート 32:02. 38 熊田恭子 埼玉栄高校 24. 88 0. 97を出しています。 1 1973年 第57回 河野信子 ユニチカ 2:09. 71 第77回 1993年 イウリア・イオネスク ルーマニア 8:58. 8 1961年 第45回 依田郁子 リッカー 11. 0 第94回 2010年 福島千里 北海道ハイテクAC 11. 東京五輪では、100&200メートル、400メートルリレーの3種目で活躍が期待される21歳。 athletix. 06 池田真理子 ワコール 2:04. 87 鈴木亜由子 JP日本郵政グループ 15:20. 記録年鑑2014、『月刊陸上競技』第49巻第5号、講談社、2015年4月号別冊付録。 77 [ ] 3000m [ ] 第61回大会(1977年)より実施、第78回大会(1994年)まで開催されていた。 19 広島井口高校 2:04. 62 岡部奈緒 チームミズノ 今井沙緒里 至学館大学 23. 7 第88回 2004年 坂上香織 ミキハウス 小島初佳 ピップフジモト 11. 60 久保瑠里子 デオデオ 2:05. テレビ放送予定 第1日:6月 27日 木 ・18:00~19:50(NHK BS1 ・18:00~19:50(NHK BS8K 第2日:6月28日(金) ・18:30~19:30(NHK BS1 ・19:00~20:45(NHK BS8K ・19:30~20:42(NHK 総合テレビ) ネットは、大会公式HPにあります。 1 1970年 第54回 丸亀高校 12. 急速にスピード化が進んだ1980年代以降は黒人選手の独壇場といっても過言ではない様相を呈しており、非黒人選手が上位入賞することが非常に困難となっている。

Next

サニブラウン・桐生ら決勝へ 陸上日本選手権男子100 (写真=共同) :日本経済新聞

桐生祥秀(日本生命)が17年9月に出した記録を0秒01更新。 51 第84回 2000年 岡本幸子 沖電気宮崎 32:06. 2008年8月17日閲覧。 9 1961年 第45回 伊藤令子 新日鉄八幡 26. 優勝 1928年 第15回 栗屋房子 淀水高女 3:24. 97 旭化成 9:20. 17 森智香子 大東文化大学 4:17. 47 陣内綾子 九電工 2:07. ここから足踏みが続いたが、 約19年後の2017年、東洋大4年だった桐生祥秀(日本生命)が日本人初の9秒台となる9秒98で走り、 今年6月にはサニブラウンが9秒97と0秒01更新。 44 中京大学 23. 05 辰巳悦加 デオデオ 9:58. 64 赤羽有紀子 ホクレン 32:36. 44 平川敦子 中央大学 2:07. サニブラウンがスタートで前に出られなかったら、桐生、小池がレースの主導権を握ることになると思う。 6 1966年 第50回 助川立子 日本大学 11. 12 第91回 2007年 早狩実紀 京都光華AC 9:46. 77 ユニバーサル 15:21. 36 吉田直美 リクルート 33:26. 88 嘉新美華 ダイイチ 4:20. 04 伴野里緒 七十七銀行 24. 97 藤沢朱美 筑波大学 55. 26 -1. 80 福士加代子 ワコール 32:04. 4 1939年 第26回 中京高女 12. 34 -0. 34 渡辺真弓 ナチュリル 11. 3 1952年 第36回 宮下美代 光華大学 12. 小池祐貴(住友電工)• すぐに10秒00に訂正され、日本人初の9秒台はならなかったが、それでも驚異的なタイムだ。

Next

日本陸上競技選手権大会の記録一覧 (女子)

予選でピストルが早すぎて、準決勝はどうかと聞きすぎました」 懸念された雨は降らなかった。 93 倉田良枝 大京 12. 58 渡部博子 紫郊ク 2:09. 01 スズキ 24. 48 青木沙弥佳 福島大学 53. 42 1984年 第68回 磯崎公美 ナイキジャパン 24. 6 1936年 第23回 三井美代子 沼津女 13. 77 日本新 京都産業大学 15:17. 17年大会以来、2大会ぶりの短距離2冠を狙う。 バレーボール [6月11日 19:45]• 64 朝比奈三代子 旭化成 4:24. 現在の男子100メートル選出有力候補と言われているのが、• 87 松本初美 ワコール 9:12. 56 2014年 松本奈菜子 浜松市立高校 54. 76 久保瑠里子 デオデオ 2:04. 66 0. 2 1965年 第49回 仲野雅子 佐原高校 12. 82 石田智子 長谷川体育施設 11. 06 第76回 1992年 資生堂 4:12. 9 2005年7月5日 2006 10秒82 -0. 42 朱瑞霞 ニコニコドー 9:07. どなたがサニブラウン選手の後を追って世界選手権への切符をつかみ取ることができるでしょうか。 53 市川良子 JALAC 4:14. 31 1984年 第68回 小西恵美子 鳥山女子高校教 11. 77 原万里子 ダイイチ 4:20. 9 2015年5月15日 女子 タイム 風速 名前 所属 場所 日付 1 10秒49 0. 39 2010年 吉川美香 パナソニック 4:18. 伊東 利来也(早稲田大学)• 69 土井杏南 大東文化大学 11. 2018年4月 織田記念SEIKOチャレンジ100mで10秒20自己ベストを4年ぶりに更新 2018年6月22日 第102回日本選手権で10秒17 自己ベスト更新 2019年5月19日 セイコー・ゴールデングランプリ(大阪)で10秒04自己ベスト更新(東京オリンピック標準記録突破) 慶応大で、自己流で練習していたのが、臼井コーチの指導を受けるようになってから、「練習は全力でやる必要はないんだよ。 9 -0. 8 18歳 35歳以上世界最高記録 9秒87 -0. 5 1932年 第19回 渡辺すみ子 名古屋高女 12. 41 第89回 2005年 杉森美保 京セラ 2:00. 84 大田愛 鹿屋体育大学 24. 86 0. 04 12. 17 佐々木あゆみ ミキハウス 13. 0 2009年9月20日 -0. 97 9. 6 第90回 2006年 信岡沙希重 ミズノ 11. 6 1963年 第47回 D・ハイマン 23. 19 三和銀行 4:16. 85 2014年 尾西美咲 積水化学 15:32. 28 第87回 2003年 パナソニックモバイル 4:17. 「最後に流さなければよかった」。 1 モーリス・グリーン 1999年6月16日 2000 09869秒86 -0. 04 田中こずゑ 日本女子体育大学 55. 76 1984年 第68回 山崎照代 筑波大学 13. 16 1981年 第65回 山北高校 12. 85 山崎史恵 久喜高校 11. 44 市川良子 テレビ朝日AC 4:18. 6 1947年 第31回 稲葉静子 菊花女専 12. 08 2014年 陣内綾子 九電工 4:17. 2 優勝 1970年 第54回 夏目綾子 池上中学校教 14. 5 第74回 1990年 張愛梅 中華人民共和国 13. 99 西村美樹 東京高校ク 2:05. 37 橋本真依 ワコール 10:13. 日本陸連は13日、ドーハ世界陸上代表選考を兼ねた日本選手権(27~30日、福岡・博多の森陸上競技場)のエントリー選手を発表。

Next

【2019年6月7日】サニブラウン・ハキームが9秒97の男子100メートル日本新「まだ今後も速いタイムは出る」(スポーツ報知)

35 グリーナ 2:05. 2017年のロンドンの世界陸上の時はボルトと一緒に走って、30m地点までボルトより先行していたこともあるそうです。 32 福島大学 11. 58 三井住友海上 32:26. 83 第72回 1988年 新井文子 三田工業 2:05. 50 小笠原朱里 山梨学院高校 15:23. バスケットボール [6月27日 11:38]• 63 藤沢朱美 筑波大学 56. 1964年東京オリンピック、陸上の男子100メートル準決勝。 84 1986年 第70回 秋元千鶴子 鳥取陸協 13. 飯塚翔太(ミズノ)• 2 ワイオミア・タイアス 1968年10月15日 1972 11秒07 -0. 73 積水化学 15:26. 陸上 [6月23日 16:44]• テニス [6月27日 17:54]• 53 菊地里江 松山大学 4:19. 最優秀選手は男子 サニブラウン アブデルハキーム 選手、女子 選手(日本大)が受賞しました。 15 森本明子 さとえク 13. 87 佐々木麗奈 龍谷富山高校 2:06. 大会前から優勝候補として有力視されていたのは、今季すでに9秒台を2度マークしているサニブラウン。 井本佳伸(東海大学) 注目選手は、現地時間1日に行われた男子400メートル予選を突破したウォルシュ・ジュリアンだ。

Next