イブラヒム。 にじさんじ Wiki*

イブラヒム・ドレシェヴィッチ

壁に映るイブラヒムの影には首がなかった。 インドでも争いが勃発していた。 ヒュッレムは自分の息子を次の皇帝にしようと考えていました。 第2話:結託 後宮の支配者となったヒュッレムは、亡き母后の部屋を自分のものにしようと画策していた。 ムスタファが玉座に就けばヒュッレムの息子たちは慣習に従い殺される。

Next

にじさんじ Wiki*

スレイマン1世の亡骸は、帝が生前に宮廷建築家のミマール=スィナン( ミマーリ=シナン。 宮殿では、新任の後宮出納官アフィフェの主導で、近く遠征へ向かう皇帝のために宴を催す計画が秘密裏に進められていた。 , p. イブラヒムのこのような態度は不公平だと感じている人々からは歓迎されました。 1326? マニサではメフメトがイリヤスと剣術の稽古中に負傷。 ミフリマーフはヒュッレムへのワナと考え、兄のムスタファや叔母のシャーやハティジェに詰め寄る。 1500? 第20話:命を賭した愛 狩猟の館への同行を許されなかったヒュッレムは、息子のジハンギルも行かせようとしない。 ニギャールは娘をつれて逃げるも、背後には追っ手が迫っていた。

Next

パルガル・イブラヒム・パシャ

一方、バチカンでは、カール5世がオスマン軍を迎え撃ち帝都を攻略する戦略を力説。 一方、ミフリマーフの屋敷では、生まれたばかりの娘のために新たな乳母が雇われる。 フィルーゼへの憎悪を募らせるヒュッレムは邪悪な秘策を練る。 大宰相になる 1523年。 皇帝妃ヒュッレムは皇帝から紫色の手巾を受けた側女を特定しようと躍起になっていた。 イブラヒムは自分を捕らえたイスケンダー・パシャの孫娘、つまりハフスの娘ムシャン・ハトゥンと結婚しました。

Next

イブラヒムの前世(中の人)が特定されたけど石油王じゃなかった!

。 そんな中、ムスタファ暗殺のためマニサに送り込んだ間諜と思わぬ所で顔を合わせることに。 その1年後、大宰相に指名されて13年目の1536年に、イブラヒムは処刑された。 1757-1774• 対岸に渡る方法をスレイマンに尋ねられたマトラークチュは、イブラヒムが見いだしたある男の名前を出す。 ここまで聞いても結構怪しい感じがしますね。 12)。

Next

輝く戦歴 その4 同志の最期

一方、スレイマン大帝には第一夫人となった愛妾マヒデヴラン=スルタン("ギュルババル"とも。 それを知るヒュッレムは毒を片手にスレイマンの決断を待つ。 ムスタファの思い人ヘレナは、極悪商人アッバスとの婚約に追い込まれていた。 1546)。 人海戦術によるハンドピックの光景は、機械化に慣れた私たち日本人には、驚きの光景でした。 その頃、後宮には新たに奴隷となった娘たちが到着。 41: "Ibrahim Pasha, his intimate and grand vezir, a Greek from Parga in Epirus"• イブラヒムは大宰相になりました。

Next

パルガル・イブラヒム・パシャ

第5話:難敵 皇帝妃ヒュッレムの命令により、幽閉中のニギャールを逃がす計画が実行される。 やがてイブラヒムは当時皇太子だったスレイマンと親しくなり、スレイマンの寵愛を受けて宮廷で教育を積んだ(スレイマンはイブラヒムに対し、「お気に入り」を意味する"マクブール"のあだ名で呼んだという)。 第63話:皇子の出陣 マニサにいる皇子ムスタファに反乱者ピリー討伐の勅令が下る。 しかし、公正であれとのスレイマンの教えを貫いたムスタファだが、期待を裏切られる命令を下され、スレイマンのようであろうとするほど罰されると悩む。 9-29. そんな中、再婚後も新居へ移らず、イブラヒムとの思い出の館で暮らす皇女ハティジェのもとにスレイマンが訪れる。 スレイマンの時代から、親征ではなく、大宰相()が陣頭に立つ機会が増えていった。 水はわりあい豊富で、安定した収穫が期待できそうな地域です。

Next

イブラヒム・ドレシェヴィッチ

そんな中、イブラヒムはフランスとの同盟問題にも積極的に取り組んでいた。 イブラヒムとシャーが話しているのを見かけた皇帝妃ヒュッレムは2人の過去の関係を宦官長スンビュルに問う。 フィルーゼは周囲の制止も聞かずに単身ヒュッレムの部屋に乗り込んでしまい…。 彼は軍事面や外交面で手腕を発揮して、異例の早さで昇進した。 アヤスは皇子ムスタファの前でヒュッレムへの忠誠を見せる行動をする。

Next

イブラヒム (オスマン帝国)

22時00分~• 家畜のヤギも雑草取りの手伝いをしてくれています。 1299-1326? 1535年には、との合意に達し、に対する共同戦線を張る代わりにオスマン帝国内における通商特権をフランスに与えた。 スレイマン皇帝が遠征から戻ってもお召しがないフィルーゼは恋しさに身を焦がす。 ヒュッレムはリュステムを御前会議に送り込もうと新大宰相のアヤスに念押しするも、シャーも夫のルトフィーを選ぶようスレイマン皇帝に働きかけていた。 第60話:一石三鳥 ヒュッレムに殴打されて重傷を負ったハティジェは、マルコチョールを呼び出して警戒を促す。

Next