トゲキッス oras。 トゲキッス|ポケモン図鑑ORAS・XY|ポケモン徹底攻略

トゲキッス|ポケモン図鑑ORAS・XY|ポケモン徹底攻略

なし 主な入手方法 XY• 遺伝 エスパー 特殊 120 100 10 2ターン後に攻撃する。 40 ひこう 物理 60 - 20 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 また、草・フェアリーなので、 メインウェポン(じしん・逆鱗)に耐性があります。 ORAS かくとう 物理 75 100 10 相手に与えたダメージの半分だけ自分のHPが回復する。 第四世代: 2805歩• 、、、、 おたがいの そんざいを みとめあい むだに あらそわない ひとのために さまざまな めぐみを わけあたえる。 「進化」と書かれているわざは進化時におぼえるわざです。

Next

【ORAS】トゲキッス(こだわりメガネ型)についての育成論

2倍になる。 ORAS かくとう 物理 150 100 20 必ず後攻になり 優先度:-3 、攻撃するまでに技を受けると失敗してしまう。 70 ノーマル 変化 - 100 20 相手の命中率を1段階下げる。 バトルのルールは対戦を申し込んだ方が決めます。 状態 ではな状態 でレベルアップで• 分身は状態異常にならない。 受けポケモンで流す ドラゴンに耐性のある、フェアリー・鋼または、数値受けできるポケモンで流しましょう。

Next

【ORAS】トゲキッス(こだわりメガネ型)についての育成論

トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 交代しても効果は続く。 ORAS ノーマル 特殊 50 100 15 自分が『ねむり』状態の時のみ使用可能。 ダブルバトル・トリプルバトル用。 49 ノーマル 特殊 40 100 15 毎ターン、誰かが技『エコーボイス』を使う度に威力が高くなっていく。

Next

わざマシン入手方法一覧

468のポケモンのこと。 77 ノーマル 変化 - - 10 相手にかかっている補助効果を自分にもかける。 56 あく 物理 - 100 10 自分の持っている道具によって効果が変化する。 8倍になる。 11 ほのお 変化 - - 5 5ターンの間、天気を『ひざしがつよい』にする。

Next

トゲキッスの育成論・調整|ポケモン育成論ORAS・XY|ポケモン徹底攻略

自分だけではなく、他のプレイヤーに使うこともできます。 サブウェポンのどくづき・大文字は減少傾向です。 効果 のが出る確率が2倍になる。 ORAS エスパー 変化 - 100 10 相手と自分が持っている道具を入れ替える。 数値受け ポリゴン2・メガヤドラン・クレセリアなどの高い耐久持ちで受けましょう。 8倍になる。 33 エスパー 変化 - - 20 5ターンの間、相手の物理攻撃のダメージを半分にする。

Next

対策必須な害悪ポケモン、害悪パ まとめ一覧

/レベルの高い野生のポケモンと出会いやすくなる。 ドラパルトと違い ドリュウズはジュラルドンに対してそこそこ強いためジュラルドン対策に一緒に入っていることも多いです。 遺伝 あく 変化 - - 20 自分の『とくこう』ランクを2段階上げる。 状態異常を制するものが、ポケモンを制するものです。 遺伝 エスパー 特殊 20 100 10 自分のいずれかの能力ランクが1つ上がる度に威力が20上がる。

Next

トゲキッスの育成論・調整|ポケモン育成論ORAS・XY|ポケモン徹底攻略

また ムーンフォースなどフェアリータイプの技でドラパルトに打点を持つことも出来るため、攻撃面も悪くないのです。 味方にふくろだたきを打ったり、攻撃して弱点保険を発動させるというのを妨害できるこのゆびとまれという技が強いため、このゆびとまれを覚えて耐久力が安定するトゲキッスは強いのです。 48 ノーマル 特殊 60 100 15 同じターンに他のポケモンも『りんしょう』を使おうとすると、『すばやさ』に関係なく最初に使用したポケモンに続いて使用でき、最初以外の『りんしょう』は威力が2倍になる。 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 ORAS でんき 特殊 60 - 20 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。

Next

トゲキッス|ポケモン図鑑ORAS・XY|ポケモン徹底攻略

ハッピーサイン 短い文章を書いてそれを他のプレイヤーに見せることができます。 参考 催眠害悪系 状態異常のなかでもっとも厄介なのが、ねむり状態です。 補正なしA252振りガブリアスの逆鱗のダメージ量を見てみましょう。 バトルスポット インターネット通信で 世界中のプレイヤーとランダムで対戦ができます。 連続でひるみを狙う戦法の場合、相手より先に行動しないと意味が無いため、を使うか、等で相手の素早さを下げる手段がほぼ必ず併用される。

Next