ヴァル ボーグ デッキ。 【デッキ】赤単ヴァルボーグ

【デュエプレ】火水ヴァルボーグのデッキレシピと立ち回り【デュエマプレイス】

癖がなくて初心者でも使いやすい。 その分進化元の噛み合いが必要になる場合がありますが、環境次第では採用を十分に検討できます。 ごめんね、基本ドラクエ派だったからFFやったことないんです。 であるためにが無く、出して素早くをできる。 — 五つ葉 トレカ風絵師&ブロガー seymill5174 シード権を獲得した五つ葉は決勝トーナメント1回戦の間に 店員さんや他の参加者と一緒に ラブレターというゲームで遊んで時間を潰してました。

Next

【デュエプレ】火水ヴァルボーグのデッキレシピと立ち回り【デュエマプレイス】

これもこのデッキがスロースターターとなっている一因だ。 切札勝舞 今作は別バージョンの主人公に躍り出た男。 すぐ売った。 このリストをガチャログで編集できます。 また光文明の各種タップ能力を持っているカード達のおかげで、突破力と防御力が上がっています。 ブロッカーが邪魔な場合はを、リソースが足りない場合はやを召喚して手札を補充すると少し楽になります。 他には65話の翔外伝でがドリルバージョンを使用し、戦でのとなった。

Next

【デッキ】赤単ヴァルボーグ

デッキ評価点 8. しかしどうやら事故ったらしく、五つ葉はあっという間に攻めきって勝利! 初期世代としては非常に悔しかったぜ・・・ どうやらこの対戦相手は現代 デ ュエマでもかなりの実力者らしく、 先日Oasisで行われた現代デュエマの大会でも優勝を収めた実力者なのです。 火水ヴァルボーグのデッキレシピ例 火水ヴァルボーグのデッキレシピ例を掲載しています。 レジェンド11連勝のデッキレシピ 同じコンセプトの「赤青ヴァルボーグ」でレジェンド帯11連勝を記録したデッキレシピは下記ページに掲載しています。 では最速2ターン目からバトルゾーンに出せる進化クリーチャーが登場。 illus. ランクマッチに行き詰っている方は一度【ラッカビートダウン】を使用してみてはいかがでしょうか?. ブロッカーならクリスタル・パラディンとかで何とかなるしね。 パワー8000以下を容易に駆逐するパワーがあり、特に光のクリーチャーは成す術なく餌食になってしまう。 また、真に注意すべきは切り札のザガーンではなくガトリング・ワイバーン。

Next

【デュエマクラシック大会】Tcg Bar Oasisでもヴァルボーグが大暴れ!

6弾のカードを軸にしてます。 また、邪魔なはやですることができた。 数 カード名 コスト 種類 文明 コメント 4 2 クリ 火 ヴァルボーグを出しやすくする 4 2 クリ 火 じゃんけん勝てればSA 4 2 クリ 火 6枚外れあるので注意 3 3 クリ 火 よくつけるのはプロトギガ 4 3 クリ 火 パワー高いので殴り返し割と強い 3 3 進化 火 一応コンセプト 時代に置いてかれ気味 4 4 進化 火 コンセプトを潰した悪魔だが実際強いし仕方ないね 1 殿 7 クリ 火 最強 いやこいつだめだろ 4 7 クリ 火 ボルドギじゃ止められない範囲も止まる 4 7 進化 火 少し外れも多いがなんとかなる 3 3 呪文 火 ギャンパレ出す ヒューマノイド持ちなので相性〇 2 5 呪文 火 ウサブレラが重すぎるのでケアしたい ガトリングとヴァルボーグ両刀型。 POINT 【デュエマクラシックTcg Bar Oasis杯予選ルール】 ・全4回戦のスイスドロー方式(参加者10人) ・決勝トーナメントへは好成績の者が6人進出する ・対戦時間は20分キッチリ ・それでも決着がつかない場合は3ターン延長 ・それでもダメなら山札を同時にめくってコストが大きいカードの人が勝利 といったルールで大会が開始されました。 まとめ デュエプレ内最速デッキの【赤青ヴァルボーグ】 攻撃に全特化している分、初心者でも扱いやすい強力なデッキです。

Next

【デュエプレ】赤青ヴァルボーグデッキのすべてが分かるガチ解説【デュエマプレイス】

攻撃中にに達しない可能性があるのに、素でを持つ。 版にはになったがいる。 レベル2と違うのは、タップによるクリーチャー除去、コントロールの色が強くなっていることです。 呪文は灼熱波のみで、速攻デッキには珍しく火炎流星弾もない。 2ターン目に《炎舌実況DJ・ショー》or《爆冒険 キルホルマン》を召喚、ここでもし運悪くスピードアタッカー化しなかったとしても、3ターン目に《瞬閃と疾駆と双撃の決断》で《鬼切丸》を出しつつ、それを最初の攻撃時にアンタップするようにして、《鬼切丸》の攻撃時に《音速ガトリング》に侵略。

Next

【デュエプレ】マスター到達!紫杏さんの赤青ヴァルボーグ【デュエルマスターズプレイス】

デュエマクラシックの環境においては一定のエキスパンションまでしか使用できないルールがあり、カード単品の値段が発売当時と比べ下落している為構築もしやすくなった。 切り札のギリエルはデカイだけのクリーチャーなので、戦闘以外の手段で除去すればそれで終わりだ。 で登場する大型。 除去コントロールの相手がヤバいので、ここからは運ゲーになりそう。 相手は 緑でマナブーストし、 青でブロッカーと手札補充ということで 後半が強くなります。 序盤でゼリー・ワームに暴れられると非常に困るので、ブロッカーか除去呪文で対処。 ラ・ベイルを出してしまえば一方的な闘いをすることが出来るので、試してみてもいい。

Next