日産 クエスト。 日産 クエスト

≪日産クエスト≫北米日産のミニバン!特徴や買い方に迫る!

com 詳しくは弊社のをご覧ください。 「ハイウェイスター」・「ハイウェイスタープレミアム」をベースに、フロントグリルとフォグランプフィニッシャーをダーククロム色に、18インチアルミホイールをグラファイトフィニッシュ仕様に、リアコンビネーションランプをクリアブラックにそれぞれ変更。 オートライト• 内装はプレミアムタンレザーシートを採用するとともに、ドアトリム、本革巻・木目調コンビステアリング、本革巻シフトノブにタン色ステッチ加飾が施された。 前後席のウォークスルーを可能にする「スーパーマルチシート」を採用する。 NISSAN USA発表の、 (英語) にて、V42モデルは2009年にて生産終了と発表。 5LとV6-3. なお、この一部改良に伴い「VG」を廃止した。 外観では、前後のデザインが異なり、バンパーも奥行きが深くされている。

Next

クエスト(米国日産)の中古車

(エルグランド やアルファードの最低グレードと同様) 快適な2列目や3列目シート あまり広くないように見えますが、大量の荷物を積む用事があったため、2列目を少々前にしております。 ターボチャージャー• 5L車はエンジン制御の改良により燃費が向上し、平成27年度燃費基準達成車が従来からの「350ハイウェイスター プレミアム」に加え、3. シートヒーター• 搭載するユニットは、V6 型に4速および5速のを組合わせる。 8月に日本で発売される新型エルグランドとプラットフォームを共用し、エンジンは3. 北米日産は7日、新型のオフィシャル写真を公開。 そして1998年12月をもって国内販売を終了、一代限りでラインナップから消滅する結果となったものの、北米向けモデルは翌1999年に2代目モデルV41型に切り替えられた上で販売が継続されました。 5リットルV型6気筒ガソリン。 測定したわけではありませんが、おそらくアル ファードやヴェルファイアよりも広いトランクスペースを確保できるでしょう。 は同寸だが、が大きく、ボディシェルは全長が185 ㎜、全幅が120 ㎜拡大されている。

Next

≪日産クエスト≫北米日産のミニバン!特徴や買い方に迫る!

シートはエルグランドの助手席や2列目に搭載されている機能が省略されており、また2列目シートを前に折りたたんで3列目用のテーブルとして使用できる。 全長5185mm、全幅1970mm、ホイールベース3150mmという大型ミニバンだ。 - 国内販売累計25万台達成記念車「VG バージョンL」、「ハイウェイスター バージョンL」を発売。 Nissan QUEST S 総評 日本とアメリカとで大型ミニバンに考え方が違うためか、それとも最低グレードであったためか、広くて速くて快適な車両である一方、この程度の車の割に車両 本体価格が高めに設定されている印象があります。 年式 2011 H23 走行距離 5. 用品メーカーのコールマン社との協力により開発された仕様で、「V」の「ラウンジパッケージ」装着車をベースに、専用シート・ドアトリム地、電源コンセント(100V・100W)、ラゲッジスポットランプ(光軸調整式)、リモートコントロールエントリーシステム(2個、バックドア連動、作動確認機能付)、サードシートバックネット、寒冷地仕様(ヒーター付ドアミラー、ワイパーデアイサー、大型バッテリー)などを装備した。

Next

日産 クエスト

1 m 6. パークアシスト 過給器• 3代目日産クエストは2009年にNISSAN USA発表の、The 2010 Nissan Lineup: Charting the Changesにて、クエストのV42モデルは2009年にて生産終了と発表されました。 0 mを超えている。 価格・年式・走行距離からご希望の車を検索・見積りできます。 1998年モデルのカタログには、の製造による、コクーンコンセプトがこのモデルのコンセプトカーとされている。 電動格納サードシート 外装• 両車のデザイン上の違いは前後ランプ類程度だが、エルグランドからは全幅と全長が拡大されている。 また、エクステリアデザインについても変更が施され、フロントグリルなどが変更された。

Next

日産 クエスト 歴代モデル•グレード・外装・内装写真一覧

併せて全グレード(オーテックジャパン扱いのグレードを含む)にカラードフロントサイドアンダーミラーを標準装備し、木目調加飾の追加(「V」を除く)、インテリジェントキーをはじめとする人気装備を追加して利便性を高めた。 日本市場には1995年4月から左ハンドル仕様のまま、逆輸入販売が開始された。 室内は2-2-3シート配列の7人乗り仕様で、3眼式メーターが備わるインパネはブラックを基調に纏められ、ステアリングホイールは本革巻きの4本スポーク式が採用されました。 北米市場での販売不振の一因でもあったインテリアをオーソドックスかつ質感の高いものに一新している。 1870mmの全幅をもつボディは室内空間の余裕もタップリ。 12月13日 - 一部仕様変更。 北米市場での販売不振の一因でもあったインテリアをオーソドックスかつ質感の高いものに一新している。

Next

日産クエスト

4月 にて中国向け「クエスト」(中国名:貴士)を発表。 革巻ハンドル・大きな擦れや汚れもなく程度良好です。 QUEST その他 気になったこと V6-3. 一部仕様向上と同時に、特別仕様車「ハイウェイスター アーバンクロム」を発売。 2019年4月 中国版公式サイトがリニューアル、販売車種リストから外れ、旧サイトの車種一覧から開いてもアクセスできなくなる。 外部リンク [ ]• 2月 モーターショーにモデルを出展。 『エルグランド』を思わせる堂々のフロントマスク、特徴的なリアのガラス処理、クオリティを引き上げたインテリアなどが確認できる。

Next

日産クエストSの試乗記(Nissan USA)

当時フォードは、と共同開発をする予定であったが、マツダが、や快適性、ハンドリングに優れるFR方式()にこだわったため、日産と手を組むことになった。 クエストとヴィレジャーの生産を終了し、ヴィレジャーはモンテレーにモデルチェンジしたため、ミニバンでのフォードとのジョイントも終了した。 インテリアではメーターを大型化し、デザインを変更することで視認性を高めるとともに、中央には5インチカラーディスプレイ「アドバンスドドライブアシストディスプレイ」を新たに装備。 同じV6-3. パワーステアリング• 衝突安全ボディ• - 70周年記念特別仕様車「V 70th」を発売。 とは言いつつ、日本のようにミニバンにVIPさ を求めることは無く、あくまで上等な大衆車の1台ではないかと思います。 両車のデザイン上の違いは前後ランプ類程度だが、エルグランドからは全幅と全長が拡大されている。

Next

クエスト(米国日産)の中古車

まずはなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。 先代同様、エンジンの排気系とコンピューターのチューンにより最高出力・最大トルクを向上した専用エンジンとボディチューン、専用チューンドサスペンションを採用し、スポーティーで安定感の高いハンドリングと爽快な加速性能を実現した。 3L VG33E 180hp 駆動方式 前輪駆動 4速AT 前: 独立懸架ストラット式 後: ビームアクスル式リーフスプリング 全長 4,948 mm(1999-2000) 4,943 mm(2001-2002) 全幅 1,902 mm 全高 1,631 mm 1,709 mm 2,850 mm 製造事業者 フォード・モーター フォード・VX54プラットフォーム 発売。 ETC2. 5Lの2本立てで販売されていますが、大排気量の好まれる北米では3. シートエアコン• 3代目は日産の独自車種となり、北米を中心に販売されている、およびアジアを中心に販売されていると共通のを使用している。 「ハイウェイスター」のフロントグリルはセンターにボディ同色のラインを配した2段構造のデザインとなり、市販車初となるを同日発売の特別仕様車「350ハイウェイスター レッドレザープレミアムセレクション」に標準装備、「ライダー」を除くその他のグレードにオプション設定。 生産はミシシッピ州キャントン工場が担当している。 衝突被害軽減ブレーキ• - オーテックジャパン扱いの「Kid'sバージョン」を発売。

Next