東海道 線 運行。 東海道線 (JR東日本)

東海道線(踊り子号)運用情報

初期車は前面3枚窓でのちに製造された車両から前面2枚窓のスタイルとなった。 (貨)浜大津駅が廃止。 :清洲信号所 - 木曽川駅間複線化。 並行していたのは廃止された。 (昭和53年)10月1日:名古屋港線 白鳥駅 - 名古屋市場駅間 1. 6月1日:貨物支線()笹島駅 - 西名古屋港駅間 12. この時点での本線と桜木町駅への支線の分岐点は神奈川駅で、横浜駅で両線が立体交差していた。

Next

東海道・宇都宮・高崎線へのE235系投入と転属

朝は静岡行き、夕方は浜松行き(後に豊橋行き)の運行で、静岡駅 - 島田駅間が無停車、それ以外の区間は各駅停車であった。 また、朝の上りおよび夕方以降にはおよび経由・発着で運行されるが乗り入れる。 4月1日:貨物支線 熱田駅 - 千種駅間 3. 76 km)が延伸開業。 大船駅は横浜市にも敷地が掛かる。 鈴川駅 - 富士川合図所間が複線化。 ただし停車駅は改正前と変わらず、後述する通勤快速や快速「アクティー」とも停車駅は異なり、旅客線経由の場合は通勤快速や快速「アクティー」が通過する辻堂駅・二宮駅(一部)にも停車、貨物線経由の場合は通勤快速や快速「アクティー」が停車する大船駅・平塚駅・国府津駅を通過する。

Next

JR東海道本線 運行状況に関するリアルタイム情報|ナウティス

(明治39年)には最急行が登場し、(明治42年)には新橋駅 - 神戸駅間が12時間50分にまで短縮。 いずれも東京駅・新橋駅・品川駅に停車する。 2月1日:国府津駅 - 小田原駅間が電化。 :富士川信号所 - 岩淵駅間が複線化。 安治川駅が廃止。 7月10日:駿河駅 - 御殿場駅間に松沢仮信号所を開設。

Next

東海道線 (JR東日本)

:御油駅 - 蒲郡駅間が複線化。 湘南新宿ライン横須賀線 - 宇都宮線系統、横須賀・総武快速線はこの4駅にも停車する。 ATS-Pの導入によって運行間隔が従来の3分15秒から2分30秒に短縮された。 運行形態 [ ] 運転系統図 東海道線 - 間における運行形態の詳細を以下に記す(ダイヤ改正時点)。 1 80. :梅小路聯絡所を駅に変更し梅小路駅が開業。 3 km(鶴見-八丁畷間) 8. 6 km が開業。

Next

在来線運行状況

『国鉄監修 交通公社の時刻表』1984年2月号、日本交通公社• :酒匂仮信号所を開設。 早朝の東京始発および始発の下り列車と東京駅を深夜23時台以降に発着する列車(上り品川行きも含む)を除いて上野駅まで乗り入れるか宇都宮線・高崎線と直通する。 3月1日:小山駅 - 御殿場駅間が複線化。 5 km が廃止。 ・の参拝団体客専用の仮駅。

Next

在来線運行状況

(貨)が開業。 Bは静岡駅、 Dは浜松駅で乗り換えを要する場合あり• 呉服橋駅(の仮駅)が開業。 1900年(明治33年)度:神山合図所を神山信号所に、野洲川合図所を野洲川信号所に、富士川合図所を富士川信号所に改称。 このうち、に関する調査結果を見ると、 - 間の鉄道需要が非常に高いものであることを示した。 :共和駅が営業再開。 数字は号車番号を表す。 :大垣駅 - 新垂井駅 - 関ヶ原駅間に下り列車用の迂回線 13. :三河大塚仮停車場が開業。

Next

東海道本線

(明治20年)には木曽川駅 - 加納駅(現在の) - 大垣駅間、横浜駅 - 間、 - 間が開業。 2月・3月改正時点では東海道線内のみで平日に運行される列車も上り・下り1本ずつ存在したが、平日の快速は1986年3月3日改正でいったん廃止となっている。 同時にのサービスが開始された。 報道発表資料 [ ]• 後に菊川駅と袋井駅が停車駅に追加され、廃止直前の頃の停車駅は焼津駅から磐田駅まで8駅連続停車、静岡駅 - 浜松駅間の通過駅は用宗駅と天竜川駅の2駅のみであった。 こうした背景を踏まえ、に湘南新宿ラインが開業、さらににが実現した。 ・「エクスプレス予約」「スマートEX」の事前申込受付サービスは以下の通りとなります。 (明治18年)• 東海道線用E231系(所属、グリーン車連結)の運用開始。

Next