米原 の 雪 浅田 あつこ。 浅田あつこ 古都の雪 歌詞&動画視聴

浅田あつこ 古都の雪 歌詞&動画視聴

歌手: 作詞: 作曲: 麗らかな琵琶湖 うみ に 木枯らしが吹き荒れて 涙もしぐれ 霙 みぞれ に変わるの 心の区切りが つかないままに 行きつつ戻りつ ひとり ひとり ああ 嵯峨野路へ… 雪が降る 雪が降る 白い雪が あの人を あの人を 呼ぶように 雪が降る 雪が降る 白い雪が はらはら はらはらと 恋しさに泣く 黄昏の宇治川 かわ に 想い出を流しても あなたの面影 かげ が 水面に重なる 二度とは帰らぬ 恋だと知っても 乱れる心が 髪が 指が ああ 凍りつく… 雪が降る 雪が降る 白い雪が 悲しみを 悲しみを 積もらせて 雪が降る 雪が降る 白い雪が はらはら はらはらと 切なさに泣く 雪が降る 雪が降る 白い雪が あの人を あの人を 呼ぶように 雪が降る 雪が降る 白い雪が はらはら はらはらと 哀しさに泣く. あなたに 逢 あいたい それだけなのに 車窓 まどに 振 ふりつく 白 しろい 影 かげ 託 たくすしかない レールの 上 うえで 暗 くらい 予感 よかんは どうして 当 あたる 降 ふり 止 やんで 積 つもらないで 願 ねがっても ああ 祈 いのっても 逸 はやる 気持 きもちを 諫 いさめるような 三河安城 みかわあんじょう 米原 まいばらの 雪 ゆき 世間 せけんの 噂 うわさは どうでもいいの 揺 ゆれるあなたが 怖 こわいだけ 霞 かすむ 残 のこり 香 が 弄 まさぐりながら 伊吹 いぶき 颪 おろしは 髪 かみまで 凍 こおる 降 ふる 雪 ゆきよ 落 おちる 雪 ゆきよ 心 こころまで ああ 染 そめないで 旅 たびはおんなの 覚悟 かくごの 叫 さけび 聴 きいてください 米原 まいばらの 雪 ゆき この 先 さきに 雪 ゆきの 先 さきに あの 人 ひとが ああ 待 まっている 雪 ゆきの 簾 すだれを 掻 かい 潜 くぐっても 逢 あいに 行 いきます 米原 まいばらの 雪 ゆき あなたに anatani 逢 a いたい itai それだけなのに soredakenanoni 車窓 mado に ni 振 fu りつく ritsuku 白 shiro い i 影 kage 託 taku すしかない sushikanai レ reー ル ru の no 上 ue で de 暗 kura い i 予感 yokan は ha どうして doushite 当 a たる taru 降 fu り ri 止 ya んで nde 積 tsu もらないで moranaide 願 nega っても ttemo ああ aa 祈 ino っても ttemo 逸 haya る ru 気持 kimo ちを chiwo 諫 isa めるような meruyouna 三河安城 mikawaanjou 米原 maibara の no 雪 yuki 世間 seken の no 噂 uwasa は ha どうでもいいの doudemoiino 揺 yu れるあなたが reruanataga 怖 kowa いだけ idake 霞 kasu む mu 残 noko り ri 香 ga 弄 masagu りながら rinagara 伊吹 ibuki 颪 oroshi は ha 髪 kami まで made 凍 koo る ru 降 fu る ru 雪 yuki よ yo 落 o ちる chiru 雪 yuki よ yo 心 kokoro まで made ああ aa 染 so めないで menaide 旅 tabi はおんなの haonnano 覚悟 kakugo の no 叫 sake び bi 聴 ki いてください itekudasai 米原 maibara の no 雪 yuki この kono 先 saki に ni 雪 yuki の no 先 saki に ni あの ano 人 hito が ga ああ aa 待 ma っている tteiru 雪 yuki の no 簾 sudare を wo 掻 ka い i 潜 kugu っても ttemo 逢 a いに ini 行 i きます kimasu 米原 maibara の no 雪 yuki. 曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し 東へつながる流線型は あなたを待つのか身をひくか 軋む愛が往く秋の嵯峨野路は あなたのやさしい微笑みに どんなにあなたを愛していた 雨が降ります雨が木曽路に 海で男が死んだときいて 北へ北へひたすら北へ ほんまにあんた来てくれた ひと駅前でサヨナラと降りた車 夜空に浮かんだ大きな月 不幸な女は奇麗やなんて 街の灯りが綺麗すぎるから まるで私を責めるよに 道頓堀をならんで歩く 波の彼方に霞んで見える佐渡島 運命にからむ糸が はたから見たら小さなことも 生駒颪がガラス戸叩く 河内のピュッピュピュ あかん酒やとわかっていても 肩の力を抜いたらどやさ あの人の姿懐かしい黄昏の 誰を探してここへ来たと 赤い顔して眼をそらす 他人の恋ほどよく見えまする 出羽の三山夏まつり 麗らかな琵琶湖に木枯らしが 別れ言葉も告げないで バカねあなたと私 黒船出船の銅鑼が鳴る 青森にいらしたこととか 何処か遠くへ行きたくて そやけどまさかこのまま さか巻く波をいく度も越えて 御堂筋のたそがれは若い二人の あればあるのが当たり前 惚れた辛さが切なけりゃいっそ メガネを外して帽子を脱いで 好きなあなたに恋をして 風がひゅるひゅるないて 旅のおんなの情けに咲いた あなたに逢いたい 太鼓ひとつの人生を笑わば笑え 宿からつづく山つつじ あなたと別れて山里のらむぷの 時には思い出すでしょう さよならは悲しいけど 恋人のままでいてふたりの 手先はそこそこ器用なくせに.。 。 。 。 。

Next

浅田あつこ

。 。 。 。 。 。 。

Next

浅田あつこ 古都の雪 歌詞&動画視聴

。 。 。 。 。 。 。

Next

浅田あつこ 古都の雪 歌詞&動画視聴

。 。 。 。 。

Next

浅田あつこ

。 。 。 。 。

Next

米原の雪 歌詞「浅田あつこ」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

。 。 。 。 。

Next

浅田あつこ

。 。 。 。 。

Next

米原の雪 歌詞「浅田あつこ」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

。 。 。 。 。

Next