さび と まこ も。 さびまこの子供に転生した?!

桃🌻(@KMTnoMMM)のプロフィール

176• 」 なんとなくおもしろくない思いを押し込めて、錆兎は真菰の行動を称えた。 153• 169• 181• 156• ピーンポーン インターホンの音が鳴る。 135• 166• 106• 誰も見ていない。 103• 慌てて彼女に意識をやると、荒く呼吸をする真菰が目の前にいる。 にんまりと笑みを向けられる。 そして帰って来れるだけの意識があってよかったとも思う。

Next

鬼滅の刃「【再録】さびまこ 」

「やだやだ、さびとといる」 舌っ足らずに彼女は、錆兎の提案を拒絶する。 138• 息苦しくて、緩んだ口元から、お互いにぬるりと舌を侵入させる。 183• ただ気持ち良いという感覚だけが今の彼だった。 111• そして冒頭。 画像がどうしても乗らなくて...何度かチャレンジしてみます 12月5日 17時 id: - 画像が乗ってませんよ? 12月5日 14時 id: - ご指摘ありがとうございます。 105• 113• 無我夢中に真菰とのキスを錆兎は堪能していた。 舌を絡め、上、下と様々な方向にそれは交わる。

Next

桃🌻(@KMTnoMMM)のプロフィール

。 その言葉を聞いた瞬間もうダメだ。 錆兎と二人だけの飲みでは、こんなことにはならない。 119• 頭の芯がじんと痺れ始める。 136• 耳に、脳内にそれらが直接響いていく。 しかし真菰の腕は離れない。 194• 彼女の息遣いが部屋に響く。

Next

さびまこの子供に転生した?!

はぁっ……。 ぎゅっと2人の距離は完全にゼロになる。 強く握られた手のあたたかさに、ハッと我に返る。 ドアに隙間ができた途端、白い手がにゅっと入り込んできた。 挫折しそうな状況の中で炭治郎が出会い、導くように立振舞てくれたのが彼ら2人なわけだね! 鱗滝さんのかつての弟子…ってことなんだけど、炭治郎が見た彼ら2人は何だったんだろうか? 幽霊的なアレだったのか、それとも炭治郎が岩から感じ取った思念のようなものなのか…。 迎えに行くと言っていたが、思ったより早かった。 さびまこの子供に転生してしまった?! 錆兎はまた大きくため息。

Next

桃🌻(@KMTnoMMM)のプロフィール

172• 112• そんな会だったのなら、本当に早く帰ってきてくれてよかった。 そればかりか、真菰の腕の力は強くなっていく。 115• 205• 「酒臭いな」 「ちょっと、のまなきゃいけなかったの」 明らかに飲みすぎだ。 何度も、何度も、角度を変えて、酸素を、思考を奪っていく。 僅かにきつく結われた瞼のせいで、長いまつ毛が強調された。 100• 104• 110• ぎぃいっと音がして、扉が完全に開く。 今日、真菰はゼミ仲間と飲み会に行っていた。

Next

鬼滅の刃「【再録】さびまこ 」

193• 139• 離してくれないか」 「やだ」 唇をつんと尖らせて真菰は言う。 104• 171• 錆兎の上唇を彼女ははむっと甘噛みする。 113• Twitterやpixivに載せているイラストは転載及び使用全てお断りしております Twitterでは見つけ次第DM後にブロックさせて頂きます。 165• 無駄な動きをしているところろか、ついている癖についての指摘。 これからきっと面白いことが起きると思っていた私にとってはかなりショックで どうせなら鬼滅の刃の世界に転生させてくれぇぇ!! その様子に彼女は優しく笑みをこぼす。 108• 130• 「やっぱり、わたしの隣は錆兎だけ」 えへへと笑う彼女。

Next

【鬼滅の刃】錆兎(さびと)と真菰(まこも)考察、炭治郎にとって兄弟子にあたる存在!

110• 199• 173• 180• 151• 149• 103• 可愛らしいと思うが、正直明日の真菰を思うと、心配でならない。 167• そう思った時、錆兎は彼女の唇に食らいついてしまう。 上機嫌にふふ、と笑っていた。 けれど彼は口をぱくぱく開閉させているだけで、肝心の言葉が出てこない。 174• 少し緩んだ瞳にうっすらと雫が見える。 126• 114• 「……早く帰ってきてくれてよかった。 160• 132• 206• だから帰宅時間が早かったのかと合点がいった。

Next