シトロエン ミニバン。 最大9名の乗車が可能な電動ミニバン・シトロエン「e

シトロエンから最大9人乗り電気自動車ミニバン登場! 兄弟車のトヨタ「プロエース・ヴァーソ」のEVは?

カングーが意図的に商業車らしさを色濃く残し、とくにメガーヌやルーテシアなどとの近似性を感じさせないのに対し、こちらはC3やC3エアクロスやC5エアクロスと同じ流れを汲むアピアランスを与えられている。 全長は4,605mm。 3列目シートは床下収納。 95mの「M」、全長5. (上)ガラスルーフの下には棚のようなユーティリティスペースが設けられる。 助手席も倒せば最長2. どちらがいいとか悪いという話ではない。

Next

シトロエン・ベルランゴで走ってみたら、ルノー・カングーとはまったく違っていた【クロスオーバー(ミニバン+SUV)試乗記】|ミニバン・ワンボックス|MotorFan[モーターファン]

18日に予約申込みが開始される「デビューエディション」は、2020年1月から順次デリバリー予定です。 リモコンキーを刺せる場所が用意されている。 7mもの長尺物を格納することもできるほどだ。 日本での発売の有無や詳細は明らかにされていません。 いずれのモデルもルーフに小物や衣類などを収納できるスペースを確保。 共通して「どこがヘッドライトなの?」という2段がまえのフロントフェイスに始まり、随所に個性的なデザインが光ります。 名車DSへのオマージュでしょうか。

Next

最大9名の乗車が可能な電動ミニバン・シトロエン「e

まだまだミニバン大国である日本市場との親和性は高そうですが、どうなるでしょうか。 おおらかでゆったりとしたストロークがたっぷりとした乗り心地は、まさにシトロエンが追求するコンフォート=快適さを体現した設計と感じることができました。 欧州では2020年末にもデリバリーされる見込みのシトロエン「e-スペースツアラー」。 パワーのあるエンジンで走りの良さもしっかり。 家庭用標準ソケットに対応(ケーブルを付属)。 長いこと導入が望まれていたシトロエン・ベルランゴが、ついに日本へやってきた。

Next

シトロエンから最大9人乗り電気自動車ミニバン登場! 兄弟車のトヨタ「プロエース・ヴァーソ」のEVは?

そもそもベルランゴは、カングーに対抗するとして、1996年に登場しました。 、全車速対応のアクティブ・クルーズ・コントロール、レーンキープアシスト、ドライバーの疲労検知アラートなどの先進技術はほぼすべて装備。 成り立ちは商用車であるが、全高が高くて広大なキャビンスペースを持つことから乗用車としても愛用され、荷物をたくさん乗せてのロングツーリングやオートキャンプなどに適した、レジャーアクティビティビークルというセグメントで広く親しまれている。 多少の違いはあるものの、ベルランゴとリフターはほぼ同じ大きさだ。 燃費とパワーを両立した、先進のクリーンです。

Next

シトロエン「ベルランゴ」発売へ!ライバルはカングーの新型ミニバン

5L と8速AT(EAT8)が採用されました。 「2020年夏には両モデルとも本格的に導入を目指しています」(プジョー・シトロエン・ジャポン広報)とのこと。 正規ラインナップとされるのは20年の秋以降だが、19年末に「デビューエディション」が上陸し、このほどテストドライブの機会を得たというわけである。 先進技術・予防安全装備もきちんと。 グループPSAの「EMP2」プラットフォームが用いられ、18モジュールで構成される50kWhバッテリーまたは27モジュールで構成される75kWhバッテリーの2つが用意される。 しかしベルランゴの上質さを決定的なものにしているのは、最新のスペックが与えられたパワートレインがもたらす走りである。

Next

シトロエンから最大9人乗り電気自動車ミニバン登場! 兄弟車のトヨタ「プロエース・ヴァーソ」のEVは?

その両者が2019年に日本への導入を果たした。 実車の展示についてはリフターのみ2019年12月7日から全国のプジョーディーラーでキャラバンがスタートするというので、購入を検討している人は直接店舗へ訪れるのも良いだろう。 e-スペースツアラーのラゲッジ、充電イメージ ポケッテリアでは、開閉可能な収納がキャビン全体に配置されています(最大74L)。 フロントのグローブボックス下部の収納スペースには、オーディオジャック、12VとUSBソケットなどを用意。 パノラミックルーフガラスルーフ:120,000円) メーターパネルはセンターに位置。 比較車両としてルノーの売れ筋モデル「カングー」と、国産では日産のNV200バネットを取り上げてみた。

Next