インスリン 注射 種類。 インスリンとは?特徴・種類・注意点

インスリン製剤

食事の直前の注射で、食後の高血糖を抑えるインスリン。 知人の大学教授に確認を取ったら、3ヵ月に一度の診察は基本的に血糖自己測定が出来ている患者なら認めるとのことでした。 ただし、一部の注射用補助具 針隠し との組み合わせではご使用いただけないこともあわせて確認致しました。 理由は注射器実施の場合を参照)• これを 膵外作用といいます。 また、「ノボラピッド注」は皮下注射後は組織間液で希釈されることにより、ヘキサマーから急速にダイマー、モノマーへと解離して速やかに血中に移行し、短時間で血糖降下作用を発現する。 それでも2単位の増減があるのはインスリン感受性の高い1型糖尿病者にとってあまりにも大きなものです。

Next

インスリン注射の役割と種類、名前や効果時間と数値の意味など解説

超速効型ができるまでは、追加分泌用はこの製品のみだった。 速効型に比べて作用時間がやや短い。 食事状況や運動量などが考慮されずに、測定時の血糖値の数値のみでインスリン注射量が決まるので、思わぬ高血糖や低血糖を招き、医原性の血糖変動につながることがあります。 基礎分泌を補う目的で、1日1回もしくは2回使用する。 単位の設定の前に、インスリンカートリッジの外側の残量のメモリを確認して、残量があるかを確認します。

Next

インスリン注射|見てわかる!看護技術【花子のまとめノート】

『トレシーバ』は 持効型のインスリンで、不足しているインスリンの基礎分泌を補うために使います。 注射する部位を決めます(下記参照)。 これでは、インスリンの効果が強い日と、弱い日に分かれてしまい、低血糖のリスクが上昇します。 多くは皮下注射で投与するが、医療機関では点滴などで静脈内投与に用いることもある。 その他、運動や入浴による温度の上昇で吸収速度は早まる。 その理由は、毎回同じ場所に注射すると、徐々に硬くなるからです。 『ノボラピッド』は 超速効型のインスリンで、食事の後に起こる血糖値の上昇を防ぐために使います。

Next

持効型溶解インスリン「トレシーバ」 1日1回投与でより平坦でピークのない血糖降下作用

インスリン製剤の種類 インスリン製剤を発売している代表的なメーカーとしては、次のメーカーが代表的です。 開封後の操作において曲がってしまった針を使用しないこと[曲がった状態で、または曲がった針を元に戻してから注射すると、針が折れ、破断した針が体内に残留することがある]。 インスリン注射の打ち方は、大きく分けて5パターンあります。 注射に良い部位は、 お腹、 上腕の外側、 おしり、 太ももなどがあります。 また、2型糖尿病における心血管合併症の抑制を目指した大規模介入研究「ACCORD」や「VADT」では、インスリン療法では重症低血糖や体重増加といったリスクを減らすことが重要であることが示された。 インスリンを使った治療では、こうした作用時間の異なる薬を使って、生理的なインスリン分泌を再現するのが基本です。 ・スライディングスケールは絶対的な基準ではありません。

Next

インスリンの正しい打ち方 - 注射の手技や部位、気泡などの注意点の解説

皮下注射 インスリンカートリッジの準備ができたら、皮下に注射します。 下記にそれぞれのタイプの特徴をイメージ化してみました。 専用のペン型注入器に薬のカートリッジをセットして打つ。 すなわち、 インスリンは高血糖を下げる薬と思わないことです。 改善する方法は2つです。

Next

インスリン治療のスライディングスケールとは [糖尿病] All About

ライゾデグ配合注はこれまでに日本を含む6ヵ国で発売されている 11月13日現在。 日本でインスリン治療を受けている外国人患者には到底理解できない、承諾できない費用です。 体調不良などで食事を摂れない場合に、インスリンをどのように使えば良いか、予め「 シックデイ・ルール」を主治医と相談し、決めておくようにしてください。 必ずしも1型糖尿病の方だけが対象になる治療法ではありませんが、より詳しくCSIIのことを知りたい方は、1型糖尿病の項にある解説のページを参照してください。 2020年08月11日 2020年08月07日 2020年08月07日 2020年08月07日 2020年08月06日 インスリン作用別 超速効型インスリン 作用発現時間は10~20分、最大作用時間は30分~1時間30分あるいは1~3時間と製剤によって若干の差がある。 たとえば、血糖値が低いとインスリン投与量は少なくなるのでその後の測定時に血糖上昇がみられて高血糖となり、必要以上のインスリン量が投与されることになり、その後の測定時には低血糖をきたすなど、かえって血糖コントロールが不安定になることがあります。 ] JIS T 3226-2:医療用ペン型注入器-第2部:注射針基準に適合するA型の注射針。

Next