スラムダンク kの部屋。 スラムダンクの続きが読める!?スラダン好きにはたまらないブログ「Kの部屋」

【Kの部屋】あの人気漫画スラムダンクの続編が読めるブログが凄すぎる!

にも関わらず、その全てが何らかの賞を受賞しているという凄い漫画家なのだが…どうも集中的に作業したいタイプらしく、スラムダンクの続きは未だに不透明なままだ。 国民体育大会はバスケは秋季大会で秋口に行われるため、 時期的にはインターハイが終わったばかりの 湘北高校の目標がウインターカップに向かう中での 番外編的なエピソードになるのではないでしょうか。 綾南からは魚住・仙道・福田辺りまでが出てきそうですし、 海南は牧や神、清田が選ばれる ことでしょう。 また、文字だけなのにバスケットボールのスピード感、迫力、そして緊張感がひしひしと伝わってくるため、一度『Kの部屋』でスラムダンクの続編を読み始めるともう止まらなくなります。 文字だけではあるものの、 試合ならではの緊張感も十分に伝わってくるものとなっており、 漫画のファンにとっても漫画を読んだことがない人にも ぜひご一読していただきたいブログである。

Next

スラムダンクが続編連載再開の噂は本当か?流川がNBAで活躍!

しかし、どちらが監督になるかで揉めている。 もちろん自分自身漫画家のお仕事がどれ程大変なものかは全く知らないので大変失礼な事かもしれませんが、もしかしたらスラムダンクの続きを書いているから、というのも考えうるなと。 (どうがあるんじゃ!) わしらので、このを読んでない奴はんどいないだろう。 そしてスラムダンクからはいくつもの名言が生まれています。 この方法を使うと、漫画版に関しては スラムダンク全巻の中でお好みの1巻分が完全無料で読むことができます。

Next

[B! 後で] スラムダンクの続きを勝手に考えてみる « スラムダンクの続きを勝手に考えてみる « Kの部屋

6年間の連載でしたが単行本は31巻まで発売されており累計単行本発行部数は1億2000万部を突破しています。 湘北高校バスケ部のコーチである安西先生の「 あきらめたらそこで試合終了だよ」や、桜木花道の「 天才ですから」などは特に有名です。 そこには高校生だからこその青臭さとか青春的な要素もあって人気があった気がするんですが、そういった要素を抜いて殺伐としたプロの世界をスラムダンクのキャラで描く・・・ 個人的にはちょっと・・・ Sponsord Link そもそもスラムダンクが続編連載再開の噂は本当か? そもそもなんですが、スラムダンクの連載再開の噂って本当なんでしょうか? 現在井上先生は『バガボンド』を連載中。 また、スラムダンク動画版(番外編)については 4作品を完全無料で視聴することができます。 ただ1度読み始めると止まらないので、時間があるときに読んでみることをおすすめしますwww 編集者「K」さんに至ってはいろいろ大変かと思いますが、気長に無理せず頑張って頂ければ、ぼくはとても嬉しいです。 スラムダンクの続編を読むことができるブログ『Kの部屋』 スラムダンクの続編を読むことができるのは『』というブログです。

Next

[B! 後で] スラムダンクの続きを勝手に考えてみる « スラムダンクの続きを勝手に考えてみる « Kの部屋

スラムダンクの連載が終了して10年近く経った2005年、『Kの部屋』というブログで「スラムダンクの続きを勝手に考えてみる」というタイトルでスラムダンクの続編が突如として書かれはじめました。 なお 「スラムダンク あれから10日後」にて 神奈川県選抜を独自の判断で選ぼうとする 田岡監督と高頭監督のやりとりがあり、 なかなかそちらも読んでいてわくわくさせてくれる内容になっています。 の前にがあるんだ。 特にミッチーこと三井寿が大好きでした。 — しんた APlantScientist さいごに みんなのツイートを見て分かるようにKの部屋ファン多すぎ! それだけ魅力的な文章ってことなんですよね。 スラムダンクの原作よりも長い期間にわたって記事を書いているなんて凄すぎです。 スラムダンクが好きだった人はぜひ『Kの部屋』でスラムダンクの続編を読んでみて下さい。

Next

【Kの部屋】あの人気漫画スラムダンクの続編が読めるブログが凄すぎる!

スラムダンクは天才的な身体能力を持つ桜木花道が超高校級の選手相手に成長していくサクセスストーリーだった気がします。 だから文字を追うだけで頭の中で勝手にスラムダンクの映像をイメージできるのだと思います。 スラムダンクの連載は前述の通り1996年にインターハイの途中で終了してしまいました。 井上雄彦氏が手書きで書いたと思われるアニメーションで、前述の黒板アートからさらに5年経過しているが漫画時間なので関係ない。 ポジション番号はポイントガード(司令塔)は1番、シューティングガード(点稼ぎ)が2番、スモールフォワード(切り込み隊長)が3番、パワーフォワード(ゴール下の争い担当)が4番。 連載当時は誰もがスラムダンクを読んでいたと言ってもいいほどの大人気で、バスケ部だった中高生にとってスラムダンクはバイブルでした。

Next

スラムダンク 続き Kの部屋

そんな感じで、スラダン終了の1996年から10年ほどはまったく続編の発表もなく スラダン自体が本当に終わってしまったんだなとファンの間では落胆の空気が流れていました。 これだけでワクワクしてきますよね。 『Kの部屋』で読めるスラムダンクの続きはマンガのスラムダンクと違い絵で描かれているわけではなく全て文字で書かれており、いわば小説版スラムダンクです。 この楓パープルという作品もバスケットを主題としていて、既に流川楓の原型やスラムダンクの登場人物の原型が描かれていた。 ブログを運営主さんが体調を崩されて一時期中断しましたが、それでも10年以上も継続されているのはもの凄いことです。 桜木、流川は二年生になり、双頭のエースへ。

Next