田端政治。 田畑政治とは

田畑政治とは

組織委員会が発足し、事務総長に就任した田畑は持ち前の企画力、行動力で動きまわる。 しかし、オリンピックへの道は依然として閉ざされていたのだった。 笹川スポーツ財団. 水連のトップとして、また日本体育協会常務理事として、参加を求めて先頭に立っていた。 そして1949年、田畑は日系人でロスの実業家として成功していた フレッド・イサム・ワダと知り合う事になります。 ロスは英語ですが、IOC会長のラトゥールさんが登場すると、フランス語やオランダ語を話すし、ベルリンはドイツ語ですから、現場で外国語が飛び交い、すごいことになっています。 朝日新聞社. マシンガントークで相手を説得する力を持っていたのだとか。

Next

田畑政治

そのようななか、水面下で動いていた関西支部長・高石勝男が反旗を翻したのである。 田畑の棺はオリンピック旗で覆われた。 戦後間もない時期から東京へのオリンピック招致を訴えており、五輪招致活動においては中心人物の一人として以前から親交のあったなどの人物を招致委員に引き込むなど活躍する。 これを機会にアメリカの水泳大会に日本競泳チームが招待されましたが、GHQ(連合国軍最高司令官総司令部)の統制下あった日本から海外への渡航は不可能な状況でした。 フレンケルは、田畑らがオリンピックの開催を考えていることを見抜いており、「オリンピックは金になる」と言い、ヘルシンキもオリンピックの開催で観光収入が増えて儲かっていることを明かし、熱心に2人に東京での開催を勧めた。

Next

田畑政治(たばた・まさじ)の立志伝

しかも、実際に譲ってもらうための直談判に行くことになるので、そこは本当にすごいなと思いました。 田畑は賭けに勝った。 これ以降、田畑は河野一郎の会長就任時に祝辞を述べたり、2人で日本スポーツ界の改革のためにを改正しようと画策したりした。 田畑政治は東海代表として「日本水上陸上競技連盟」の創立に参画し、理事に就任した。 そして「日本スポーツの父」と呼ばれる嘉納治五郎の意志を受け継ぎ、 柔道をオリンピック正式種目とします。 その熱意を受けた総理大臣・岸信介は、フレッド・イサム・ワダを東京オリンピック準備委員会の委員に任命して、投票の要所である中南米訪問の全権を委任した。 国際オリンピック委員会(IOC)から離脱していた中国のIOC復帰に貢献した。

Next

「いだてん」田畑政治、なぜ水泳と記者の二足のわらじをはけた? 朝日新聞社報の謎解きが面白い: J

そして、高石勝男は、メルボルン・オリンピックの翌年の昭和32年に、日本水泳連盟の会長選に立候補したのだ。 1932年のロサンゼルス五輪で、田畑は 日本代表の監督を務めています。 昭和7年のロサンゼルス・オリンピックを目指して アムステルダム・オリンピックでの活躍を得た田畑政治は、次のロサンゼルス・オリンピックを目指して4つの目標を掲げて実行した。 出典: その後、東京帝国大学を卒業した田畑政治は朝日新聞社の面接で創設者の村山龍平に気に入られて入社し、政治記者となります。 「このまま開催していれば、オリンピックへの無理解や準備不足から大恥をかいていただろう。

Next

『いだてん』阿部サダヲ、“笑わない妻”麻生久美子が笑うまでアドリブ連発

そして東京五輪の不振から、田畑が「強化には屋内プールが必要だ」と、東京スイミングセンターの設立を働きかけたことが、今日の日本水泳に繫がっていると力説した。 日本競泳チームの活躍やダグラス・マッカーサーらの働きかけによりIOCは日本の復帰を認め、日本は再び国際舞台での活躍が期待されることになります。 田畑政治さんがいなければ、別の場所でオリンピックをやっていたかも知れないと言われるくらいの、重要人物だと言えます。 さて、ロサンゼルスで協力してくれたのが、アメリカ在住の日系2世フレッド・イサム・ワダ(和田勇)である。 2019年12月1日閲覧。 田畑が本気でオリンピック招致を意識したのは、いつのだろう。

Next

「いだてん」田畑政治、なぜ水泳と記者の二足のわらじをはけた? 朝日新聞社報の謎解きが面白い: J

和宏さんはNHKの理事をされた方です。 昔からよく言う、一番手よりも二番手の方が賢い。 前年の満州事変により、国際的に孤立をしていた日本にとって、平和ムードを演出するには、絶好の機会でした。 田畑政治(たばたまさじ)プロフィールと経歴 田畑政治さんのプロフィールはまず、以下のようなものです。 杢代哲雄『評伝 田畑政治』(国書刊行会、1988年、新装版2018年)に詳しい。

Next