キバユウ pixiv。 #キバユウ #ポケモン剣盾 おおかみのすがた

#キバユウ 18歳ライン

ユウリが見上げるとキバナは青い垂れ目を優しく細めてにっこりと笑いました。 目の前に広がるのは白。 ただひたすらに禍々しく、恐ろしい。 それこそ、ダンデとキバナのようなライバルとして。 事実、ダンデもそうだった。 どれもこれもいつも食べている親しみのある美味しさでユウリは幸せな気分でした。

Next

#キバユウ 吸血鬼と愛し子の話

「こんど、私……が、っ。 夜の星空を閉じ込めたような美しい瞳がキバナを射抜く。 オレ様がルガルガンだったらユウリはとっくに食われてるぞ。 それだけしか、なかった。 主人の笑顔を見た彼女のポケモンは、嬉々としてキバナに協力してくれるようになった。

Next

#キバユウ #ビトユウ 結婚にまつわる短編集

それだけの時間がまだ彼女にはある。 この綺麗とはいったいどういう意味での発言なのだろうか。 忘れることができるなら、もう一度会いたいなどと思わない。 どこか、取り繕うような空気をユウリは感じ取りました。 (はぁぁぁぁぁ?何だよ?可愛いかよ?) と、当のキバナは顔を無表情にしようと努めながら声にならない叫びをあげていた。 ポケモンに指示を出し続け、相手の先を読み続けたユウリの頭に酸素を送るようにすう、と息を吸い込む。 ユウリはチャンピオンではなくなった。

Next

【凄い】ポケモンの「キバユウ(キバナ×ユウリ)」今Pixivで最も閲覧されているカップリングとなる 多分ポケモン史上初

」 ユウリが背を向け走っていく。 ユウリの華奢な両手首を押さえ、馬乗りになるようにベッドの上に膝立ちをした。 それに気づかないうちは、 まだ子ども、だな. 「フライゴン!!『まもる』っ!!」 彼の優秀なフライゴンは迅速に主の指示を果たした。 チャンピオンとなってもまだ彼には届かない。 」 そう言ったユウリの顔をキバナも見つめ返す。 そういうとユウリの強張った肩が、少しだけ緩んだ。

Next

#キバユウ 18歳ライン

やがて辿り着いたのは、ユウリ家。 「おう!ほらユウリ、こっち来い。 」 「「はぁーー。 彼はベッドに居る彼女の傍に寄ると、やさしく頭を撫でて言いました。 自他共に認めるイケメンのキバナよりも宝物庫を優先したのが面白くてユウリの見方を変えたが、思えばその時既に彼女がバッジを七つ集めて自分の元に来ると確信していたのかもしれない。

Next

#キバユウ #ポケモン小説100users入り 糸車の紡ぐ夢

それに少女は気付かず、ふとキバナの手元を見て驚きの声をあげた。 窓は厚くきらびやかなカーテンが引かれて外の光は全く入って来ませんが、ユウリがすっきりと目を覚ましたということは、今はきっと朝なのでしょう。 …SNS、チェックしててくれてたんですね。 なのでテーブルには二人分の食事が並んでいました。 1人で住むには広すぎる物件に首をかしげるホップの手を握って、 「ホップとこれ以上離れていたくない。 ___欲しいな。 また外に、出ようなん、て、ばかなことっ……し、したら」 「……うん」 「その、とき。

Next