エリア マーケティング ソフト 比較。 TMD500

Genavis 商圏分析

カテゴリ:• インポートできるデータはどんなものですか。 塗りつぶし・記号・グラフなど• 特に最近、ご相談やコンサルで増えているのは、どうしてこの地域はうちの商品が売れているのか?売れないのか?といった、商品の地域別売上の原因究明と対策である。 ご契約は年間契約となります。 対象エリアの人々が 「日々何を考え、何を欲しているのか?」がわかれば、あとはそれに答えるサービスを届けるだけでお金になりますから、ビジネスは簡単になります。 キャンペーン終了後その売上や来客の結果を表示させ、効果測定もしています。 売上予測・需要予測 出店の可否を判断するために、候補地で見込まれる売上や需要を予測することをいいます。 メーカーであれば、画期的な新製品を発売するとか、卸ならM&Aを進めるなどしなければならない。

Next

エリアマーケティングとは|6つの手法とプロセス・戦略成功のポイント・無料ツール比較6選・事例

提供機関:総務省統計局• 営業しているのに反響がない、それは相手に求められていないということかもしれません。 ひと言で定義するならば、 エリアマーケティングとは「店舗の地域戦略」のことです。 具体的には店舗の出店戦略や販促戦略といったマーケティング戦略を検討するために活用されます。 本ブログでご紹介した9個のツール以外にもたくさんのMAツールがあります。 エリアマーケティングで地域の特性を把握できれば、おのずと「何が求められているか」も見えてくるはずです。 商圏別の売上予測・分析• 各駅各路線の業種別店舗数や出退店数のみならず、特定業種、特定ブランドの出店動向など、全国のあらゆる業種の店舗動向を経年で把握できるため、伸びている業種、改廃の激しい業種を見極めたエリア戦略に最適。 それでは、基本的な商圏分析の流れを見ていきましょう。

Next

エリアマーケティングGIS 比較

メリット3:ニーズの把握 エリアマーケティングでニーズを把握することで、 エリア別に商品を選択したりサービス内容に変化をつけたりすることが可能になります。 これにより、従来に比べて格段に精度の高いキャンペーン展開ができるようになりました。 詳細はこちら: ArcGIS Online 背景地図• その地域における性別や年齢などの人口構成や分布をはじめとして、昼間人口や夜間人口、オフィス街なのか住宅街なのか、外部の人がその地域に持っているイメージなど、商圏の特色をつくる要素は数多くあります。 各駅各路線の業種別店舗数や出退店数のみならず、特定業種、特定ブランドの出店動向など、全国のあらゆる業種の店舗動向を経年で把握できるため、伸びている業種、改廃の激しい業種を見極めたエリア戦略に最適。 特にチェーン系ビジネスを行なっている場合などは、都市部と地方では店舗へのニーズが異なることは珍しくありません。

Next

ゼンリン、エリアマーケティング向け 電子地図帳ソフトを発売

履歴機能アリ 「商圏スコープ」はiPhoneで使用可能な商圏アプリです。 この記事で解説しているのはあくまでも「一般論」ですから、そう思うのは当然の話です。 グラフによる視覚的に情報がわかる• この時、あまりに需要がかけ離れていた場合は出店は諦めた方が得策かもしれません。 価格 初期費用 無料トライアル 41040円(3か月限定ライセンス) 162000円(通常ライセンス) なし 詳細はこちら: 商圏分析で戦略的な新規出店・販促活動を実践しよう 商圏をきちんと分析することで、感覚や場当たり的でない具体的な戦略を練ることが可能になります。 1ライセンスの場合、同時起動・同時利用が「1」という考え方です。 市場を単なる商品売買の場として捕らえるのではなく、顧客の日常の生活空間として捉え、そこから商店の存在する場所に特化した経営を展開していくという経営戦略。

Next

Genavis 商圏分析

前述した通り、導入を成功させるためには、設計スキルを持った人材を自社で調達・育成することが前提になります。 関東地域、関西地域をはじめ、 味や風味を地域に合わせて大きく変えているのです。 ベンダーのサポート体制が充実しているかどうかを確認しましょう。 時間帯ごと人の移動なども確認することが出来ます。 実際にコンサルを受けて、 利益を伸ばすことに成功した3人の事例を、 今「無料」で公開しているので、気になる方はチェックしてみてください。 B to Bの場合、新製品のリリースや専門誌での掲載などによって問合せ件数は異なりますが、一般的に一日当たり数件から数十件の問い合わせがあるというのが多くのケースです。

Next

TMD500

結果、顧客となり得る範囲を絞ってダイレクトメールを送付することで、通常よりも高い成果を挙げたそうです。 業種や地域ごとに様々なデータを閲覧可能• レポート出力可能• 各種検索機能• TerraMapの活用術• その位置から、競合店舗がどのようなエリア集客を行なっているか見えてきませんか?ハフモデルの考え方からすると、そのエリアへの販促は効果的ではないという判断もあり得ます。 政府が取得した統計データを地図上で見ることができる。 エリアポジショニングメディアによるブランディング エリアマーケティング対策では、特定の地域にフォーカスを当てて様々なコンテンツを提供する「エリアポジショニングメディア」を活用するのも有効です。 こちらも「無料」です。

Next