公爵 家 の メイド。 公爵家のメイドに憑依しました【第16話】のネタバレ・感想!

第10話 リンスター公爵家

剣術訓練する姿を見せようと思っていたのだ。 危うく足首を捻ってしまうところでした」 ロレンゾ「あの・・・名前を聞いても良いですか?」 質問しながら、いきなり手首を掴まれたイベリナは驚きます! ロレンゾ「あっ、すみません!いきなりでビックリしましたよね?」 イベリナ「はい、少し・・・」 そんな二人を見ている料理長が声をかけてきますが、イベリナに対してはリアンドロだけでなく、周りの人たちとも仲良くやるように言ってくるのです。 「あいつの顔を見なければスッキリしそうなんだ!」 と笑顔を見せるリアンドロ。 「お前がああやって笑うたびに 心臓に穴が開いたみたいに苦しいんだ!」 と泣き顔を見せる。 すると、リアンドロの首が真っ赤になっていることに気付くイベリナ。 イベリナー私はただ、彼のいうことに頷いて言うことを聞くべきだったのかしら。 (え!?灰色の髪に…美少年!) (ひょっとしてフェデリカが言っていた騎士は…あの人か…) そしてあることに気付くイベリナ… (ちょっと…この人…知ってる!!) そう思っていると、騎士もイベリナの視線に気付き…!?. イベリナの方は洗濯室に行かなければならず、ここでまた分かれますが、またしても好印象を抱きます。

Next

【ネタバレ全まとめ】公爵家のメイドに憑依しました|クレヨンBlog

31日間の無料体験期間には、登録時に600Pがもらえます。 坊ちゃまったらちょっと幼稚なとこがあって」 すると、ロレンゾはイベリナが謝ることではないと言い、リアンドロについては 「思っていたより普通だった」 という。 リアンドロ「嬉しくないのか?お前が僕を救ったんだぞ!お前が僕を助けてくれた!」 嬉しそうに語るリアンドロを見つめるイベリナも確かに祈ってはいたものの、それだけで呪いが解けるとは、どうしても信じられなかったのです。 どうやらリアンドロの視力が回復しているようです。 紅のドレス姿で、とてもとても綺麗なんですが、いきなり極致魔法はちょっと……。 チリン。 リアンドロが生まれた日、父親はカジノに籠って賭け事を楽しんでいた。

Next

【公爵家のメイドに憑依しました】待たなくても読めるサイトは?

今や彼の顔の半分は異様な雰囲気を醸し出していった。 ドンドン!! 「イベリナ!起きて!」 夢の途中で起こされるイベリナ。 嬉しいはずのリアンドロですが、思わず・・・ >> 12話ネタバレ 実は休暇を取っていた2日間イベリナのほうも寂しい思いをしており、イベリナとリアンドロは同じような思いをしていたということが分かりました。 誰もがそう願う中、アンブロセティの王女という理由だけで、彼女は彼の傷を見なければならなかった。 「これぐらい1人でできるから放っておいて!」 そう言われ親離れしたと感じるイベリナ。 夕食もいらないと。 「・・・完治しています。

Next

公爵家のメイドに憑依しました【第21話】のネタバレ・感想!

彼もまたリアンドロに対して偏見を持たずに見てくれており、味方になってくれそうな存在であるのは確かですが、肝心の本人があんな風では・・・少し難しいかもしれませんよね! まとめ 「公爵家のメイドに憑依しました」のネタバレを紹介しました。 幼い主人の物を盗もうとしたにもかかわらず、妙な噂が出るのを恐れた公爵の判断によって、アンナは公爵家から解雇されただけで終わりを告げる。 のはずですよ?多分?」 「......... 」 医師はどうして治ったのかリアンドロに質問するが、リアンドロは惚ける。 「坊ちゃん、サイズはどうですか?」 【リアンドロの呪いが解けて半年、彼は14歳になり、イベリナの背竹を上回るほど成長した。 Contents• そして今度は自分の顔をイベリナの方に近づけてきますが・・・!? スポンサードリンク 公爵家のメイドに憑依しました【第18話】のネタバレ いきなり自分の顔を近づけてきたリアンドロに対して驚くイベリナですが、興奮してはまた熱が出てしまうことを指摘しながら頭を撫でてなだめます。 そして、今日のお散歩はやめにしましょう・・・。

Next

公爵家のメイドに憑依しました19話ネタバレ~リアンドロの願い~|クレヨンBlog

「…はい!すぐに準備します」 私の返事を聞くや否や、リアンドロの顔がさっと横を向いた。 イベリナ「返事をしてくれませんか?」 と、持ってきた洋服を渡すも リアンドロ「ボクが機嫌が悪いのが分からない?」 とお怒りモード。 イベリナが部屋を去ろうとすると・・・ リアンドロ「・・・行くな!ここに座って」と自分のベッドの横を叩きます。 (これ、絶対会いにいきますよねww可愛いやつめ!) ご機嫌斜めのリアンドロ イベリナがリアンドロの部屋へ戻ってノックをするも、リアンドロは返事をしてくれません。 彼は政略結婚で結ばれたベラビティ公爵夫妻の一人息子として生まれた。 「待て!」 「わかった!取り下げる!」 「こっちにこい」 マクラを破いて、羽毛だらけにしてイベリナを呼ぶリアンドロ。 こ、ここを何処だと思っているんですか!? リ、リンスター公爵家の御屋敷ですよ!?!! せ、先輩の竜が踏んでも壊れない謎金属な精神と違って、い、一般人である、わ、私の精神はスポンジケーキみたいに柔らかいんですっ! す、少しは自重してくださいっ!!」 「何を言うかと思えば……僕だって一般人ですよ。

Next

【ネタバレ全まとめ】公爵家のメイドに憑依しました|クレヨンBlog

「どうせお前も他のメイド達のように離れていく」と言うのをイベリナは否定しますが、聞かないでそっぽを向くリアンドロ。 「突然呪いが解けるなんて、、、夢なんじゃ…」 (だってエレオノラはまだ・・・!) しかし、夢じゃないと実感し、 その後じゃれ合う2人。 「洗うのか!?」 「もちろんです~」 とニコニコのイベリナ。 そんな中、ある語学学者が驚くべき事実を発見した。 そこで彼女はリアンドロに対して内緒のお願いをしてきます。 「幼稚すぎます!」 と言うが「お前が悪い!」と責められてしまう。 彼女は強制的に、リアンドロの焦点が合わない目と向き合わさせられた。

Next