高槻 市 今村 産業。 高槻市の産廃運搬会社「今村産業」でスプレー缶爆発 「3000本ほどを3週間前からガス抜き」 2人死亡

高槻・㈲今村産業:6日の火災で4人死傷!

亡くなった方は会社員の山西潤さんと、下請け会社の従業員の50代男性です。 引用元: 今村産業のスプレー缶爆発事故で、4名ほど被害を受けて2名が亡くなるという事態に陥っています。 引用元: 今村産業の倉庫で、スプレー缶のガス抜き作業をしていたようです。 火災は6日夜に発生。 今村産業は、産業廃棄物運搬会社。 今村産業の関連会社モノタロウは、お金をできるだけ利用せずに処分をしようとしていたのかもしれませんね。 エアコン室外機の制振ゴムを探していたとき、見かけたことある(利用したことはないけど)。

Next

今村産業/モノタロウ会社のスプレー缶爆発事故と関係か?会社の家宅捜査で真相判明?

KyodoNews — 1979 情報収集専用アカウント kenta201979 アパマンの爆発を思い出しますね。 今村産業の関連会社モノタロウに家宅捜査! 高槻爆発火災 スプレー缶持ち込んだ兵庫県尼崎市の会社を家宅捜索|MBS 20190709 処分されていたスプレー缶は機械部品のクリーナーで、去年の台風で水に浸かったことから兵庫県尼崎市の資材販売会社「MonotaRO」が今村産業に約3000本を持ち込んだということで モノタロウ — washima ewashimax 大阪府高槻市で産業廃棄物運搬会社の倉庫が燃え4人が死傷した火災で、大阪府警捜査1課は9日、取引先の工具通販会社「MonotaRO(モノタロウ)」(兵庫県尼崎市)の本社などを業務上過失致死容疑で家宅捜索した。 時代と共に事業を深化させ、現在は水周りを中心とした住宅設備・エクステリア商材の販売・施工事業を行っておりますが、お客様へ「良いものと安心を届ける」という精神は、創業時より不変であります。 校舎に入る府立摂津支援学校と、とりかい高等支援学校は8日、臨時休校した。 現場で遺体で見つかった別の男性は20代とみられ、身元を引き続き調べている。 郵便番号は660-0876です。 爆発が起きたのは6日午後8時すぎ。

Next

高槻市爆発火災事故の原因はモノタロウだった!何故起きたのか?今後どうなる?

どうやら近隣施設まで火が燃え移り、全焼しそうな勢いとのことです。 【大阪・倉庫火災】スプレー缶3千本処分か、数週間前から 今村産業の倉庫が燃え、2人が死亡。 色々と不自然なことがあり過ぎたので、関連会社に当然の如く家宅捜査が入ることになりました。 ガス抜き作業をしていたスプレーは、機械部品のクリーナーでスプレー缶でした。 重体の二人のうち一人はモノタロウの下請け会社の従業員の50代男性。 付近の防犯カメラには一瞬にして炎が上がり、衝撃で建物のドアが外れる様子が写っていた。 捜査1課によると、死亡したのは全身にやけどを負って入院していた同府東大阪市宝町の山西潤さん(36)、重体は山西さんの次男の中学生(13)と50代の男性とみられる。

Next

高槻・㈲今村産業:6日の火災で4人死傷!

府警によると、ガス抜きをしていたのは機械部品の清掃をするためのスプレー缶。 大量のスプレー缶が持ち込まれた経緯について、男性役員は「昨年の台風の被害でスプレー缶を保管していたコンテナが水没し、販売できなくなったものが持ち込まれていた」と話しているという。 映像ニュースはコチラ 大阪高槻市でスプレー缶のガス抜き作業中に爆発が起き、2人が死亡した火災。 7日朝から現場検証!. 代表取締役社長 今村 信子 創業 貞享元年(1684年)陶磁器の販売を行う三宅屋創業 昭和32年 三宅屋を改め、今村陶業(株)設立、代表取締役に今村弘が就任 昭和36年 住宅設備と建材、セメント、タイル卸業開始 昭和44年 今村産業(株)に改名 平成5年 今村ビル竣工 平成13年 住宅機器の5年保証「IGSサービス」開始 平成15年 今村純一 代表取締役社長に就任 平成20年 「住宅あんしん保証」の瑕疵担保保険の取次業務開始 平成22年 住宅エコポイント申請窓口業務開始 平成23年 住宅ローンサービスと「フラット35」取扱開始 平成24年 地域型ブランド化住宅事業を担う「はりま風土木の家プロジェクト」 を結成 平成26年 「健康・省エネ住宅を推進する国民会議」の地域支部「ひょうご協議会」を設立 平成27年 住まいの総合相談窓口「イエールプラス」開設 平成30年 今村 三郎太 代表取締役社長に就任 令和元年 今村 信子 代表取締役社長に就任. 近隣商店の人:「うちの建物に雷が落ちたのかなみたいな衝撃だったんですよ。 大阪府高槻市の産業廃棄物収集会社「今村産業」で起きた爆発火災は、スプレー缶のガス抜き作業が原因の可能性が高まっている。

Next

高槻市の産廃運搬会社「今村産業」でスプレー缶爆発 「3000本ほどを3週間前からガス抜き」 2人死亡

今村産業でスプレー缶のガス抜き作業中に爆発! こちらが、今村産業で 起きてしまった爆発の様子です。 数人のけが人が出ているようです。 事故当日までに3000缶を3週間かけて行なっていたようです。 そして、この爆発事故で近隣の小学校や住宅、倉庫などの多くの建物のガラスが割れていたということもわかっています。 大阪高槻市にある産業廃棄物関連の会社でスプレー缶のガス抜き作業中に爆発が起き、2人が死亡した火災で、警察の調べに対し、会社側が「スプレー缶3000本ほどを、およそ3週間前から毎週土曜日の夜にガスを抜く作業をしていた」などと説明していることが分かりました。 スプレー缶の運搬を無許可の運送会社に委託したとして、廃棄物処理法違反の疑いで法人としてのモノタロウも書類送検した。 関係部署、関係機関へのリンクページです。

Next

高槻市の産廃運搬会社「今村産業」でスプレー缶爆発 「3000本ほどを3週間前からガス抜き」 2人死亡

一人はモノタロウの下請け業者のため、このガス抜きをモノタロウの仕事として行なっていたのか? 子供が手伝っていることから、仕事以外の業務として行なっていたのか? どういう状況でこの4人がそこで作業をすることになっていたのか? この辺りが疑問ではあるが今後の家宅捜索で明らかになってくる可能性がある。 ガス抜き作業をしていた男性2人が死亡、2人が意識不明の重体となっている。 大阪府高槻市の工場で爆発音とともに火災が発生しています。 警察は何らかの理由でガスに引火したとみて、業務上過失致死傷容疑を視野に調べているという。 しかし、気になるのは、その4名の中に、山西潤さんの息子さんが含まれていたこと。 自動車リサイクル法関係の申請書様式等を掲載するページです。 今回、モノタロウが家宅捜索されているのは、このスプレー缶のガス抜きの際に、モノタロウが必要な安全対策を取っていなかった可能性があるとされているためである。

Next

産業廃棄物/高槻市ホームページ

引用元: 2018年に起きた製品ということで、約1年前の製品ということですね。 そのガスが原因となって火災が発生した可能性。 6日の夜、大阪高槻市の産業廃棄物収集運搬会社「今村産業」の倉庫で、スプレー缶のガス抜き作業中に爆発を伴う火災が起き、作業に当たっていた4人が巻き込まれ、2人が死亡しました。 警察は、作業中に引火して爆発した可能性があるとみて、7日朝から、消防と現場検証を行って、当時の状況や火事の原因を詳しく調べている。 yahoo. で、上から「どうにかせえ」と言われると、本部や倉庫物流部門や下請けから応援が出てきて、みんなよってたかって処理をするんですよ。 まだ廃棄処分できていなかったのかという疑問が出てきますね。

Next