メンマ 作り方。 【みんなが作ってる】 メンマ 手作りのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

たけのこで作る「自家製メンマ」レシピ。ビールが止まらなくなるおいしさ! 即席たけのこご飯にも!

たけのこ1kgあたり250gの塩と一緒にビニールに入れ、塩が全体にいきわたるように揉み込みます。 また、メンマの別名は中国では「支那竹 (シナチク)」と呼ばれたり では「筍絲 スンシー)」と呼ばれています。 カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。 ラーメンのトッピングはもちろん、そのままお酒のおつまみにしてもイケますね。 節の部分は固いので、そこは切り落として廃棄します。 スポンサーリンク 自家製メンマの簡単でおいしいレシピ• そしていつかは、本場のメンマ作りを見学に行きたいと思った。

Next

【みんなが作ってる】 メンマ 手作りのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

節カット、適切な大きさにカット• 2日目。 野菜や、卵は、絶対に近所のスーパーが安い!! 間違っても、配達してくれるからといって、八百屋に注文するなよ! 野菜は季節によって、値段が全然違ってくるから、 例えば、通常98円のネギが、収穫量や季節によって、298円になるなんてことはザラだ! そんな時でも、近所のスーパーは、だいたい平均的な値段で売っている。 中国4千年の、国家秘密にも相当する秘伝のレシピなんだろうか。 切った厚みによって違うと思うので完全に乾燥したらOK。 塩漬けにしてカラカラになるまで乾燥させた状態のものは、ジッパー付の袋に入れて脱気し、湿気の少ない冷暗所に保管すれば、半年程度は保存することができます。

Next

メンマの作り方はとっても簡単♩春は『自家製メンマ』で乾杯!

知り合いの中国人に聞いてみても、皆一様に曖昧な表情を浮かべるばかり。 水煮たけのこでつくったメンマは、乾燥させていないので筋っぽいメンマ特有の食感は劣りますが、手作りすれば自分好みの味付けができるのがうれしいところ。 うちは食べごたえ重視で大きめカットにしましたが、もう少し薄切りにしたり、根元の部分だけを使ったりすると見た目もラーメンに乗ってるあの感じに近づきます。 天日干し• お好みのサイズに切って干します。 スープ(中華または鶏ガラ)…200ml• 流しの下を覗いてみると、なんとそこにはメンマがあった。

Next

真竹レシピ・作り方の人気順|簡単料理の楽天レシピ

まとめ いかがでしたか?メンマの原料って「 タケノコ」だったのですね!案外身近なものから作られていたということがわかりました。 夫が頑張って分解しましたが、故障した部品は見えているところではなく見えない部分みたい。 (その時の様子は) とにかく筍の大量消費と長期保存できる方法を探しに探していたわけですが、やたらと出てくるメンマレシピ。 メンマの原料 ズバリ、メンマの原料は 「 タケノコ」です。 すごくおいしい。 『メンマ』って発酵食品って知ってました? そもそも筍っぽい繊維質だけどあれって素材何か知ってました? 私は知らなかった! 先日たけのこ掘りに行って尋常じゃない量の収穫をしてきました。 本当に大変な作業なのだ。

Next

割り箸を使ったメンマの作り方 :: デイリーポータルZ

これは作るしかない! とはいえ、うちの孟宗竹の筍を消費したい目的なので、どこまでも本格とは言い切れませんが、アク抜き後の水煮の状態からスタート。 見た目はメンマだ。 麻竹の筍、と言っても120cm程まで成長したものを使うそうです。 今回は、マチクの代わりにタケノコを使ったメンマ風のレシピのご紹介です。 1ヶ月経ったら袋から取り出し、カゴなど通気性のいいものの上に並べて天日で3〜4日ほど乾燥させます。 仕方がないので、新しい割り箸を使うことにした。

Next

メンマって何から作られるか知っていますか?

…そう思うことで、なんとか大量の割り箸を切り終えることが出来た。 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 さらに、採取する タケノコは1 mほど成長したものを収穫し皮を向いて使うらしいです。 俺は、仕入れはかなりいろいろな所を回って研究し、 仕入れを少しでも安く抑えようと努力した。 メンマの作り方• 本格メンマを作る場合は、発酵の工程を経るので完成までには時間がかかりますが、発酵させることで香りと旨味がどんどん深くなり、発酵食品としての栄養価も加わります。 これらに加えて細かい手順を踏むことでみなさんが普段目にするメンマができるというわけです。 諦めかけていた矢先「いつも中国から楽しく見てます」とデイリーポータル編集部宛てにメールが届いた。

Next

たけのこで作る「自家製メンマ」レシピ。ビールが止まらなくなるおいしさ! 即席たけのこご飯にも!

「先日ちょっとした人助けをしたところ、村の長老から変わった料理を教わりました。 そして、最後に一番仕入れにくい、中々売ってるとこが少ない、 「メンマ」だ。 なかなかに根気の要る作業である。 市販されているメンマよりも、複雑な味がする。 さすがに、硬い割り箸を柔らかくするには時間がかかるものなのだと思わせる作業工程である。 本格的に作りたい場合は、たけのこの季節の終盤に出回る、ちょっと育ち過ぎたくらいの大きめのたけのこから、市販品と同じように発酵・乾燥の過程を経て作ってみましょう。

Next