五等分の花嫁 ネタバレ 花嫁。 【ネタバレ注意】五等分の花嫁は四葉の物語だった?!

『五等分の花嫁』122話(最終話) 感想:6人の物語ここに完結!最高の感動にありったけの感謝を!

結婚式特有のしみじみとした余韻を感じさせつつも、その後は泣けて笑えてグッときて……最後はやっぱり "みんな一緒に"笑い合って。 見分けられるということは愛があるということ。 あなたの推しは何番目? 『五等分の花嫁』 主要人物紹介 「美少女がかわいいハーレム漫画」といえばそれまでですが、では本作はなぜこんなにも面白いのか? それは、五つ子たちが全員異なる個性を持ち、あの手この手で風太郎と読者の心をかき乱すから。 私としては素直になりきれない一花が 素直になって幸せになる未来も見たいです。 アホ毛をちらつかせながら慌てる五月。 単行本7巻、第51話で四葉は風太郎にキスをします。

Next

最新ネタバレ『五等分の花嫁』122話(最終回)!考察!堂々完結!6人は変わらない!

高校を卒業し家を出る。 21世紀の世を生き、『五等分の花嫁』という作品に出会うことができて本当によかった。 ただ、【都合が良い】だけです。 姉妹の父マルヲにミッション完了の報告をするのではないでしょうか。 風太郎に感謝の言葉を言った。 腹減ったし一個貰うな」 パンは時間が経ちヘタってしまっている為止めようとした三玖だったが、もうすでに風太郎の口の中へ… 風太郎「うまい。 五月も勉強に励み、机の上で寝てしまった際には、そっとブランケットをかけてあげる四葉。

Next

【五等分の花嫁本誌ネタバレ121話最新話確定速報】五つ子の5年後はどうなっている?|ワンピースネタバレ漫画考察

このブログに関しても、書き始めた頃から感想記事の数がだいぶ増えてきましたので、これを機に、今までの記事を簡単に遡れるよう「 まとめ記事」を作っておくことにしました。 この考えに変化はないはずだ、変わったとすれば…、と風太郎が考えたところで、五月以外の一花、二乃、三玖、四葉が風太郎をおはようと出迎えます。 風太郎は披露宴で新郎あいさつをおこなっていた。 リボンは四葉が五つ子皆同じなのが嫌で個性を出そうと付け始めた、四葉が四葉であるためのトレードマーク。 花嫁が5年前を思い出せと言っていたこと、つまり色々あった温泉旅行でのことを。 脳裏に刻まれる、悪夢だったと。 最新話確定速報として122話のネタバレをお届けしました。

Next

【五等分の花嫁】120話ネタバレ!飛行機雲が再び登場!風太郎は東京の大学へ

他の姉妹たちが風太郎に心を開いていなかった頃から、風太郎へ友好的であった。 一花がもらった屋台の引換券があるのでポップコーン屋に行くと、色々な味があり五月は迷ってしまいます。 しかし二乃の見方は違いました。 ここ初日は無かったような・・・と話す二人ですが、この休憩所は風太郎が設置したもので、嬉しそうな表情をみせる風太郎。 三玖には「カッコつけたのに失敗したね」と言われる始末です。 「家族」というテーマが根底にあった本作においてそのすれ違いは極めて重要なポイントとして描かれており、上杉郎という一人の少年を通じて歩み寄りが為されたことは今でも強く記憶に残っています。 5年前、姉妹たちが五月の恰好をした時、風太郎は5人を見分けられなかった。

Next

【五等分の花嫁】三玖(みく)の花嫁候補「脱落」は確定!?【ネタバレ考察】

それよりも今はウイルスなどの心配もない 安全な U-NEXTの無料キャンペーンがありますので、 ぜひ活用してタダで五等分の花嫁の最新話や最新刊を読んでみてください。 今すぐ読み直したいと思ったら下のリンク先で、おすすめのサイトを紹介していますのでチェックしてください。 そんな風太郎の言葉を聞いて、五つ子たちは涙するのでした。 二乃も三玖と同じ道を目指すことになったのは少し驚きでしたが、学園祭で色々あったし幼いころの夢でもあったので 納得の進路です。 そんな彼女たちを眺めながら、疲れがピークに達したのか風太郎はいつの間にか眠ってしまいました。 母の形見のピアス ここで二乃が葉に結婚祝いとして、母の形見のピアスをプレゼントします。

Next

『五等分の花嫁』122話(最終話) 感想:6人の物語ここに完結!最高の感動にありったけの感謝を!

なぜなら、今の若い人たちは、昔に比べて「自己責任」で生きていくことを強く強く意識している世代だからです。 その方が誰も傷付けないですから。 恋の戦いは相変わらず一花、二乃、三玖を中心に展開。 4人の姉妹を紹介し終えた四葉は、五つ子と言うことが負い目に感じたこともあったけど、その何百倍も楽しかったと語ります。 二乃への愛 誰よりも自分の「気持ち」に真っ直ぐ向き合っていた次女の二乃。

Next

【五等分の花嫁】113話ネタバレ!風太郎が選んだのは四葉!?

新しい家での生活で少しでも前に勧めたきがするという二乃に対して、辛辣な言葉を投げかけ家に戻らせようとすると白馬の王子様(バイクに乗った上杉)がやってきます。 五つ子たちはどのように成長していくのでしょうか。 一花が譲ってくれた風太郎と2人きりになれるチャンス…しっかりとものにした三玖! 風太郎の思い出話から、もっと風太郎のことを知りたいと本人に伝えられました。 四葉はそれって私も含まれるの?と言いますが、風太郎はお前が一番問題児!と言い返します。 恐らく見分けてもらおうとして顔を近づけたところで足が滑ってしまったと。 コスプレとか恥じぃだろ…」 「いいじゃないか、郷に入っては郷に従え。 映画やアニメ・ドラマが見放題!さらに、 人気雑誌も読み放題• 五月も「こんなにデリカシーのない人がいるなんて想像もつきませんでした」と言い返します。

Next

【ネタバレ】五等分の花嫁 112話 『最後の祭りが五つ子の場合』のネタバレ、感想

風太郎と姉妹たちは迫る受験に向けて、放課後に勉強会をします。 実際は五月の方がしっかりしていて、四葉の相談にものっていた。 今回の話は大方あるだろうなと予想されてた卒業・皆の進路って感じの話でしたね。 そんな彼女に対しては、 「自分の不安と戦って勝ちえた結果に胸を張れ」とエールを送ることで彼はその"愛"を示します。 マルオは風太郎に、四葉は心から喜んでいるか?と問いかけます。 もはや選挙の最後のお願い状態。

Next