アクセル ワールド 新刊。 電撃文庫 新刊・既刊一覧|ラノベリスト.com

アクセル・ワールド11 ‐超硬の狼‐ (電撃文庫)

先代マスターであるレッド・ライダー退場に伴い当時のメンバーの大半が他所に移籍してしまったため、現所属メンバーは33名と六大レギオンの中では最も少ない。 「バースト・アウト」コマンドで任意に解除することもできる。 私立エテルナ女子学院 にある小中高一貫の女子校で、創立130年の名門校。 合計が20人以上の大規模な領土戦となると若干方式が変化し、初期配置が3〜4人で分散し、味方や敵の体力ゲージも近づいている者だけが表示されるようになる。 自然系と暗聖系の出現確率はほぼ同値だが、稀に自然系カテゴリが連続して出現することがあり、その場合は後に現れる暗聖系ステージの属性純度が上昇するという法則がある。 コントラリー・カセドラル(エリア03-2) 通称 《地下大迷宮》。

Next

アクセル・ワールド25巻!最新刊の発売日はいつ?

バーストポイントを10ポイント消費し、思考を1000倍に加速する。 23、 24 (上月由仁子 役)• コミック品揃え世界最大級• 現在確認されているエネミーの階級には、弱いものから小獣(レッサー)級、野獣(ワイルド)級、巨獣(ビースト)級、神獣(レジェンド)級、そして最強とされる超級がある。 それはニューロリンカーの量子接続に作用し、思考を一千倍に加速するという驚くべきアプリケーションだった。 現在はが領土。 プロジェクト統括 -• 「クロウ君なら、やってくれるかもしれない」「クロウなら、あるいは・・・頼むぞ」 直接描かれないギャラリーたちから、そんな声が聞こえてくるような気持ちになりました。 また、プレイ経験自体が長いことからBBの秘密に肉薄している者も多い。

Next

アクセル・ワールド

(しじん) 加速世界最強中の最強とされる、《帝城》の四方門を守護する4体の超級エネミー。 足元が10cmほど冠水したステージで、建物は骨組みしか残らず心寂しい雰囲気を持つため「きれいな世紀末ステージ」の別名で呼ばれることもある。 『』においても同様の技術として、人間の魂に直接アクセスできる実験用フルダイブ機:が登場している。 映像記録に使う《リプレイ・カード》などのオプションカードや強化外装、仮想食品などをバーストポイントで購入できる。 理論鏡面アビリティの習得と、謎のレベル1である ウルフラム・サーベラスの攻略に行き詰まったハルユキが一度原点に戻り、 スカッシュ・ゲームに汗を流すシーンでは、スカッシュ・ゲームにすら 嫉妬する黒雪姫の姿が微笑ましく感じられます。

Next

電撃文庫 新刊・既刊一覧|ラノベリスト.com

砂漠 自然系火属性最下位のステージ。 兜の中には実体のある闇が蠢き、両目だけが青い鬼火のように光る、亡霊の如きおぞましい姿をしている。 音楽制作 - (旧ワーナー・ホーム・ビデオ)、ミュージックブレインズ• そのため、犯罪率は激減して治安も向上したが、監視カメラの死角を探す違法アプリなどの抜け道も未だ根絶できていない。 装備はセットで30BPという激安商品で、胡桃はあまり高いものだと数をそろえられないという切実な事情があるのではないかと踏んでいる。 しかしオーキッド・オラクルの必殺技でフィールド属性が《地獄》へと強制変遷させられたことで力を失い撃墜されてしまったが、《インビンシブル》コックピット内部に保護されたことで死亡は免れた。 スマートフォンゲーム [ ] アクセル・ワールド-BURST OUT- 2013年にアスキー・メディアワークスのが配信している端末用のパズルゲームアプリ。 変遷が起きると、倒されたエネミーや破損した建造物も再生する。

Next

アクセル・ワールド 最新刊(次は25巻)の発売日をメールでお知らせ【ラノベ・小説の発売日を通知するベルアラート】

残されたカラーレス初期メンバーの3人が主要構成員となっている。 倒すことでバーストポイントを得ることができるが、最も弱い最下級の小獣級エネミーでも途轍もなく強く、小獣級をソロで倒せるリンカーは上級者と認められるが、それすらもレベル7クラスになってようやく可能となるほど。 、が領土。 第2期ネガ・ネビュラスの主要拠点であり、中核メンバーのうち4人が通学している。 人型で特殊な強化外装を持たないアバターとなることが多いため、登場した者のほとんどが近接格闘型である。

Next

アクセル・ワールド

略称「グレウォ」。 他作品への登場 [ ] 黒雪姫がプレイヤーキャラクターとして(ブラック・ロータスは技コマンド時のみ出現)、ハルユキ(シルバー・クロウ)がサポートキャラクターとして登場。 その呼び名通りBBの中枢であり、ハルユキ達が夢でアクセスした際には「データの動き」を表す振動する巨大な銀河のイメージを取っていた。 そうなったバーストリンカーは再び無制限中立フィールドにダイブすると 自身を倒したエネミーの前に出現し、ほぼ間違いなく再度殺され続けてしまうので、全損を避けるため無制限中立フィールドにダイブすることが実質的に不可能となる。 ザ・ルミナリー THE LUMINARY 北斗七星の四番星(デルタ)《(てんけん)》。 レベルが上がるごとにステータスも上昇するため、条件が良くない限り格上を倒すのは難しい。 無制限中立フィールドが《地獄》に変遷することはほとんど無く、太陽光を受け取れることで《トリスアギオン》の発光持続時間が桁違いになったことからバランスが崩壊、ほぼ不可侵の領域と化していた。

Next