メルセデス ベンツ glb。 【海外試乗】「メルセデス・ベンツGLB 250 4マチック」待望のコンパクト7シーターSUVが登場!

メルセデスベンツGLB最速のAMG「45」、特許画像が流出!0

ちりのあった継ぎ目や、張りのあるボディパネルが精巧な機械としての雰囲気を強調する。 【エンジン】 2. 4リッター(GLB 200)とM260型2. ただ、3列目があって7人乗りを想定したモデルが発売されるようだと、仮に全長4,600mmでも、身体のサイズが標準の男性が乗った場合、けっこう狭いんじゃないですかね? そして、メルセデス・ベンツGLBのデザインですが、もうすでに、画像がかなり出回っているので今さらなのですが、たしかに「GLA」よりも一回り大きなサイズではあり、よりボクシーなデザインにはなっているのですが、なんとなくメルセデス・ベンツらしさがなくなったような印象を個人的には受けました。 ヘッドアップディスプレイ、拡張現実によるナビゲーション、学習可能なソフトウェア、音声コントロールの「ハイ、メルセデス」で起動するなどの特長を備える。 5-13. 新型GLBクラスの外観デザインがカッコかわいい! そこで改めてメルセデスベンツ新型GLBクラスの外観デザインをチェック。 4~7. ステアリングアシスト機能つきのアクティブディスタンスアシスト・ディストロニック(自動再発進機能付き)など、フラッグシップモデルのSクラスと同レベルの先進運転支援機能を用意する ガソリン、ディーゼル合わせて3種類のユニット パワーユニットは、M282型1. ベースのトリムには7インチ(17. 50ユーロ(約493万円) GLB 220d 4MATIC:4万4601. ・ 1. また、ISOFIXにも対応しているので、2列目と3列目合わせて最大4個のチャイルドシートを装着することができる。

Next

メルセデスベンツの新SUV『GLB』、3列で7名乗車が可能…上海モーターショー2019

その他、2列目シートにはイージーエントリー機能が搭載され、3列目に乗り込む際には2列目の両脇のシートのバックレストが前傾、2列目シートのすべてを前方に動かすことができるようになっています。 はじめにノーマルのガソリン/ディーゼルエンジンモデルからリリースされ、2020年にはハイパフォーマンス版のAMG GLB35やGLB45を追加、プラグインハイブリッドモデルやEV仕様も控えていると言われています。 Aクラスがパーソナル&スペシャリティ系、Bクラスがファミリー&ユーティリティ系とキャラクターを異にしているのと同じく、先に登場したGLAクラスが都市に軸足をおいたクロスオーバー的な立ち位置なのに対して、GLBクラスは兄貴分であるGLSクラスとイメージを共にした骨太で頼もしい印象を抱かせる。 ココがスゴイ!メルセデス・ベンツ GLBクラス メルセデス・ベンツ GLBクラスを語るうえで外せないポイントが以下の5つです。 【参考車両価格(本国仕様)】 GLB 200:3万7746. プラットフォームにはMFAプラットフォームを延長した「MFA II」を採用、実際ベースと言われるBクラスよりもホイールベースは100mm以上延長されています。 内装については、分かり次第追記します。

Next

ベンツ新型GLBの日本発売時期はいつ?サイズやスペックと価格予想も!

GLB AMGは、ベースモデルGLBが正式発売されてから改めて発表される可能性が高く、日本市場では2020年以降に発売されるでしょう。 さらにパワーを望む顧客には、「45 S」を用意。 センターコンソールには、タービンデザインの空調吹き出し口を3個レイアウトした。 個人的なイメージとして感じるのは、スクエアな筋肉をまとった堅固さを感じるボディデザインと、車高もあることで「押し出しの強さ」のような迫力も増しており、車内に十分な広さも感じさせるデザイナーであることが分かります。 GLBのトランクは2列目のシートを使用している状態で560L、2列目シート畳んだ状態で1755Lという大きな荷室が確保されています。 Bクラスは1グレードのみで価格は360万円。

Next

ベンツ新型GLBクラスが日本市場で2020年発売予定!最新情報をご紹介!

Mercedes-Benz・GLB GLAとGLCの隙間を埋めるCセグメントコンパクトSUVが新型GLBだ。 メルセデスベンツは6月11日、新型SUVの『GLB』(Mercedes-Benz GLB)を発表した。 ガソリン 1. メルセデスベンツのコンパクト・オフローダー、『GLB』の頂点に設定されるAMG『GLB 45』のパテント画像が米特許庁から流出、スウェーデンのエージェントから入手した。 駆動方式は4WDシステムの「4MATIC」が採用され、スイッチで3つの走行モードに切り替え可能となっています。 4kgm• そして、GLBクラスの搭載エンジンは 「2. Cセグメントに属するサイズながら3列目に独立型のシートを設けた7シーター仕様もオプションで用意する。

Next

メルセデス・ベンツGLBの全容が明らかに。新型コンパクトSUVの本格導入は2019年末から

に 管理人 より• 2代目Bクラスでは同じ排気量のエンジンを搭載していますが、それの改良型であり同じ排気量でも最高出力や燃費がアップすると予想します。 当初新型車情報に定評があるマガジンXなどは2018年後半頃発売と報じていたものの、結果的には間違い。 また、サイズですが、 全長・全幅とも、メルセデス・ベンツGLAとGLCの中間を取ったサイズになると思います。 身長168cmまでの乗員を想定して設計した3列目。 最近のコメント• 新型GLBクラス 搭載エンジンについて Concept GLBは、2. スポーティーかつ実用性が高いカッコイイクルマとして、高級輸入車メーカーも次々とSUVジャンルに参入。 25インチ(26cm)または10. 37746. インパネは、メーターナセルを無くしたかのような大画面ディスプレイのデジタルメーターや、飛行機のプロペラを彷彿とさせるエアアウトレットなど最新のAクラスやBクラスの意匠を継承しています。 新型GLBクラスは、メルセデスベンツのコンパクトクラスのSUVとしては初めて、 3列シートの7人乗りをラインナップしています。

Next

メルセデス・ベンツの新SUVラインナップ、GLBクラスは日本にジャストフィットのちょうどいいサイズ感|MotorFan[モーターファン]

室内には、スポーツシートに人工レザーの「ARTICO」とマイクロファイバー素材の「DINAMICA」を使用した。 入手したパテント画像は、『GLA 45』から継承されるパナメリカーナグリル、大型のコーナーエアインテーク、リップスポイラーなどが見てとれる。 《Spyder7 編集部》. その横にも同じサイズのモニターが置かれており、ここにナビの映像が映し出されます。 0リッターディーゼル(GLB 180d/200d/220d)という3種の最新直列4気筒エンジンをラインナップ。 Mercedes-Benz GLB メルセデス・ベンツ GLB お馴染みの「ハイ、メルセデス」を装備 メルセデス・ベンツは新型コンパクトSUV、GLBの受注を本国で開始するとともに価格を発表した。

Next

メルセデス・ベンツ 新型 GLBクラス 7人乗り MBUX採用 2019年6月10日発表

荷室も通常で570リッター、最大では1805リッターとかなりの大容量を実現。 オプションで4WDの「4MATIC」を設定する。 ライバルは国産の トヨタRAV4や スバルフォレスター、欧州ブランドの場合は BMW X3や アウディQ3、 ジャガーE-PACE、 ボルボXC40、 レクサスRXなどがライバルになります。 「オフロード」モードでは、全輪駆動クラッチは車軸間の差動ロックとして機能し、前後駆動力配分はバランスの取れた50対50になる。 GLAとGLCの間である500万円台からの価格帯になる。

Next