ミニ 胡蝶 蘭 植え 替え。 ミニ胡蝶蘭の育て方。置き場所や植え替えのポイント

胡蝶蘭の育て方|植え替えは必要?水やりや肥料、手入れの方法は?

根についたミズゴケや傷んでいる根をきれいに取り除く• これはいつ植え替えたのかなあ・・・。 外側の水苔はふわふわなので、ぎゅっと詰めれば入ります。 うまくいけば、2か月間は咲き続けるみたい。 うちに来て環境が変わったせいか、始めの1,2年は花が咲きませんでした。 また、与えるときにはたっぷりと与え、次の水やりは植え込み材料がやや乾くまで待ってから行うようにすることも大切です。 鉢の大きさは小さめが良いでしょう。 鉢に入れてみて隙間ができないものが適切なサイズです。

Next

ミニ胡蝶蘭の植え替えは簡単!植え替えのプロセスを写真付きで解説します、の巻

胡蝶蘭を育てていく中で、どうしても植え込み資材が古くなってしまったりカビが生えてしまったりと、株が育つ上での環境が悪くなってきます。 寒いとしぼんで赤くなって落ちてしまいます。 またCN比(炭素、窒素比率)が最適値に調整されているので、肥料の吸収が非常に優れ、根も張りがよく比較的簡単に栽培できます。 一般的には2、3年に1回くらいでしょうか。 植え替え後は2週間くらいは水をあげないようにします。 葉を触って暖かくなっているようだと少し危険です。 植え込み資材が腐敗してしまっているもの• 【短所】 ミズゴケ自体が腐りやすいので注意が必要。

Next

コチョウラン(胡蝶蘭)の育て方

植え替えて数年経過すると、胡蝶蘭はこのように上に上がってきてしまい、根が鉢に入って行きにくくなります。 (参考)何年も植え替えていないミニ胡蝶蘭 一緒に植え替えた、もう一つのミニ胡蝶蘭の写真です。 黒くなって腐っている根は取り除きます。 真冬に水責めの刑。 主な作業 支柱立て:花茎がある程度伸びてきたら支柱を立て、花茎を上向きに支えておきます。 ランの中では楽だと思います。

Next

ミニ胡蝶蘭の植え替えは簡単!植え替えのプロセスを写真付きで解説します、の巻

新しい根と葉っぱが出てきて、古い葉のシワもとれました。 古い水苔を取り除く 水苔に水を吸わせている間に、古い水苔を取り除きます。 ただ、2回花を咲かせてしまうと、株が弱って翌年花が咲かなくなる場合があるので、株を元気に育てたい方や長く栽培したい方は根元(2~5cmくらい)で切り落とし、株を休ませてあげてください。 各地で気候も違いますし、置き場所も室温も違うので、いつとは言いにくいですが、早いよりは遅いほうが安全です。 胡蝶蘭の育て方!水やりや肥料など手入れの仕方は? 水やりのポイントは? 5~9月の生育期と、冬の間で水やりの方法を変えましょう。

Next

胡蝶蘭の植え替え 基礎知識

素焼き鉢の場合には鉢に根がくっついているので、細いピンセットや竹串などを水苔と鉢の間に入れて一周し、外れやすくしてから、下の穴からぐっと押すと取れやすいです。 水苔などの植え込み資材• 生育期は根がよく水を吸うので、ミズゴケも乾きやすくなっています。 「わ、わたしのことは、忘れてください。 『バークチップ』とは、観葉植物の株元とかにある、オシャレな木のチップのこと。 相変わらず小さいけど、小さいなりに花が咲きます。

Next

胡蝶蘭の寿命は?長く楽しむための胡蝶蘭の植え替え方法と時期

健康な根だけを残しましょう。 古くなったり、カビがはえてしまっているコンディションの悪い 株の植替えには バーク植えの特徴 【長所】 植え込み材が腐りにくいので病気になりにくい。 要するに水気をよく絞って、多めにまいて鉢に入れればそうなります。 湿らせたミズゴケで手のひら大くらいのボールを作る• びっしょりとぬれた状態で寒さに当たると根腐れを起こしやすいので、冬の水やりには注意が必要です。 秋の植え替えは危険 ミニ胡蝶蘭はほぼ一年中開花したものが出回っていますが、あれは温室などで開花調整をしているためです。 古くなったみずごけ、黒ずんだみずごけ、カビがはえてしまっている・・・など、悪い環境で胡蝶蘭の苗を知らずに育てている場合は、植え替えをしてみてください。 八重桜が咲き終わるまでは待ったほうがいいんじゃないでしょうか。

Next

胡蝶蘭の育て方~根腐れしにくい軽石に植え替え♪

初心者は無理して出さないほうがいいと思います。 根を切った影響で、一番下の古い葉っぱが黄色くなってくることがあるかもしれませんが、完全に枯れるまで取らないようにします。 寄せ植えの場合は、1株1株に分けましょう。 病気などで植え替えがすぐに必要な場合はその限りではありませんが、できるだけ夏や冬は避けた方が無難です。 そこで、3年以上植え替えを行っていない胡蝶蘭などは植え替えを行います。 これ大事! 鉢は素焼き鉢などを使います。 ミズゴケ いままでミズコケは20年以上の実績があり、育成方法もある程度確立されてきましたが、一般の方が使用すると根腐れを起こしやすいなどいろいろと問題が残っています。

Next