トーラム 装備 強化。 トーラムオンライン スミスのステ振り攻略7つのコツ!

【トーラムオンライン】【装備】 体装備一覧(1)

矢のランキングです。 戦闘ではあまり役に立てないというのが現状なので、戦うのは他のパラに任せるようにしましょう。 まずは体装備からです。 必要ならHPブースト5も覚えると良いでしょう。 スミスパラを作る前に レベル スミスパラは基本 カンストした状態で使います。 また、オルグは威力やクリティカルダメージを上げられるため、火力の底上げをすることが可能となっています。

Next

【トーラムオンライン】体装備の改造・強化【軽量化・重量化】

それ以上の潜在力の武器についても同じ強化手順で作成可能です。 スロット(クリスタを刺す穴)は無い方が良いです。 一定確率で最大2スロットが付与される事がある• +DEXと+STRをなるべくたくさんつけた装備をして制作を行いましょう! スピナがかかるというのは、この熟達度上げで制作する装備の素材を購入するからです。 第1位…カーバンクルエッジ 第2位…ゼルブレード 第3位…皇女の大剣 弓 続いて弓です。 目安としては、• また、装備強化枠の個数は、スキルレベルによって変わっています。 TECステータス• 当然、値段もお高くなります。

Next

トーラムオンライン スミスのステ振り攻略7つのコツ!

フィールドボス名 ボスのレベル 自分のレベルの目安 サラマンダー 132 -137 邪悪なる魔剣 134 -139 オデロンマキナ 146 -143 スーパーデスキノコ 150 -151 アミューバマキナ 158 -164 ヴォロトゥール 160 -165 ビリードン 171 -167 アルトパス 174 -179 カーバンクル 183 -181 続いては強化育成についてです。 強い装備を作る場合あまりこのTECに頼らずに作るのがおすすめでしょう。 下記は多く持っている鉱石や精錬補助アイテムによって、やり方は変わってくるので参考程度にしてください。 この辺は好みとステポとご相談といった感じでしょう。 スミスパラは戦闘可能ですが、スミススキルをとる分、 純粋な火力や壁と比べると能力が落ちます。 スミススキルについて 出典: キャラクターの Lvが50になるとスミススキルレベル2が習得できるのです。 では、素晴らしいトーラムオンラインライフをお送りください。

Next

穴あけ・精錬代行・ジェムパ相場

ウォール5• ・装備強化 不確定、反転 LUKにより装備強化失敗時のプロパティ消失率を下げます。 素材加工などは別のパラメーターで習得するなどポイントの無駄使いを減らすようにしましょう。 VITスミスの熟練度上げに使われるため、キリングコートを製作するために使用する人が多いです。 現状では、ストーリーを一通り進めることで、レベルが130前後になるかと思います。 マケやトレで売買するのではなく、穴あけ代行システムを通して取引します。 また、練成ではLUKでも補正がかかるので有用ですが、TECを優先した方が良いのではないでしょうか。 それ以上の潜在力の武器についても同じ強化手順で作成可能です。

Next

トーラムオンライン スミスのステ振り攻略7つのコツ!

これ以降については、自分のレベルに比較的近いフィールドボスを探し、パーティメンバーを集めたうえで連戦していくことになります。 それ以上の潜在力の武器についても同じ強化手順で作成可能です。 理想としてはINT極です。 少しだけ振って経験値量を上げるという方向性もおすすめでしょう。 VIT 壁• 第1位…呪術士の杖 第2位…皇女の杖 第3位…光茸の杖 魔導具 続いて魔導具です。

Next

【トーラム】アルケミの作り方 TEC壁で楽々レベリング

クリ率1ずつ20• 手甲 AGI となっているのです。 同じ色は兼用できます。 それ以上の潜在力の武器についても同じ強化手順で作成可能です。 レベルアップ以外にも、強化方法は複数あります。 レベル100までは雑魚を倒して、経験値を得ることが多いので広範囲攻撃ができるパーティーが必要にされます。

Next

【トーラム】アルケミの作り方 TEC壁で楽々レベリング

強化スキルのポイント振り が関係してきます。 shinobi. 基本はステータスTEC極のアルケミスミスなんですが、 上にも書いた様に強化と精錬は鍛冶熟練度を上げなくて良いので、 アイテム合成・装備合成・精錬・強化が出来ちゃう凄腕キャラです。 片手剣は 『STR』と 『DEX』20につき1増加• 魔職の強化については別ページにて掲載します。 まぁ見た目用の武器や防具は作れます) ・アルケミスミススキルは装備合成を10に出来れば、他は5でも可。 それ以上の潜在力の武器についても同じ強化手順で作成可能です。

Next