2020 年間 ビジター アンケート。 【最新】2020年間ビジターアンケート・ブラウザー意見アンケートに答えてしまったらどうなるのか?

【注意】巧妙なフィッシングサイト「2020 年間ビジターアンケート」

詐欺サイトの埋め込みからウェブサイトを守る方法 ウェブサイトを運営している方は、 身に覚えのない JSON ファイルや JavaScript の埋め込みにご用心を。 ちなみにこちら、PCでもスマホでも出てくるので要注意。 ここで注目なのは、オファーの残り時間が59分という表示であること。 そしたら終わる。 流石に、住所とカード情報を入力するのに1分は無理です。

Next

「2020年間ビジターアンケート」に個人情報は入れないで!【フィッシング詐欺】

心配な方はお進みください。 クレジットカード情報を入力してしまった 入力すると「エラー」と出ることが確認されています。 Microsoft Edge 私のようにテンポよく答えてしまったあなた! 私も アンケートを答えましたが、特に今まで問題は起きてません。 より引用 「年間ビジターアンケート」では、iPhone購入のためにメールアドレス、クレジットカード番号、名前、住所、電話番号を入力するよう要求されますが、実際には海外の月額課金制ゲームサイトに申し込んだことになってしまいます。 <「Wordpress」のセキュリティ対策に関する過去記事> 1、URL ・ Webサイト運営者が行うべき対策方法に関する記載は以上です。 くれぐれにも詐欺サイトには気を付けてください. 当選するにはどうすれば良いですか? すべての参加者は自動的に抽選に登録されます。

Next

2020年間ビジターアンケート!ブラウザー意見アンケート「おめでとうございます」詐欺の詳細と対処法を徹底解説

とてもラッキーなように思えますが、 これは詐欺です。 被害に会う前にすぐに対策をしてください。 簡単なアンケートで誘ってくる ページが表示されると、簡単なアンケートに答えるよう誘導されます。 ……あれ??? 簡単なアンケートボタンをクリックして進むと、「本日は次の商品が選べます」とiPhoneXSの選択画面が!! あれ???? でもさっき……… iPhoneXSが当たった的な…… 100円で購入だなんて書いてなかったような???? もうこの時点で少し胡散臭いですが、「ここをクリック」を押すと…… 読み込み時間が結構かかってから、よく分からないページに飛ばされました! ここで、私は離脱しました……orz 2020年間ビジターアンケート当選の画面が出てきた時の対処法は? 即ウィンドウを閉じる! これが一番安全確実です。 と書かれています。 php」「. 電子メールのリンクから偽サイト フィッシングサイト に誘導し、そこで個人情報を入力させる手口が一般的に使われています。

Next

【注意喚起】ブラウザのユーザー調査を装った「2018年間ビジターアンケート」は詐欺なので要注意 / クレジットカード情報を入力させるまでの流れ

]com」というWebサイトに記載されている「meta refresh」というタグにより、「2018 年間ビジターアンケート」というフィッシングサイトにリダイレクトされています。 【詐欺注意】突然現れる2020年間ビジター意見アンケートは悪質フィッシングサイトなのでご注意を! おすすめライフログ LIFELOG のかずのりです。 クレジットカード会社に一刻も早く事情を説明し、 カードを再発行するなどのお手続きをしましょう。 共通しているパスワードを使用している場合は変更してください。 4、3、2、1、0、、 あれ、59秒に戻った!! どうやら、個人情報を入力するまで 逃すつもりは無い ようです。

Next

詐欺だと言われている2019年ビジターアンケートに答えてしまいました...

落ち着いて考えると、新型iPhoneが100円で買えるのは、おかしいということがわかります。 htaccess 存在する場合 」「wp-contentフォルダ」以外を削除して、からダウンロードしたWordPressと差し替える。 ただし、私の経験上、インターネット回線が変われば、同じ表示が出ました。 メールアドレス等を入力すれば、迷惑メール等が頻繁に来てしまいますが、無視してしまえば問題はありません。 様々な方法でメールアドレスを盗もうという詐欺集団なので、目撃したらすぐにブラウザを閉じましょう! 関わらない方が絶対にいいです。 クレジットカードの入力画面になります。

Next

【やばい】2020年個人ビジターアンケートとは?対処と安全な閉じ方まで

2020年間ビジターアンケート・ブラウザー意見アンケートに答えてみる ここからは 「2020年間ビジターアンケート・ブラウザー意見アンケートに答えてしまったらどうなるのか?」という実験をしてみたいと思います。 <個人情報を入力する画面> このように「2020 年間ビジターアンケート」については、「2018 年間ビジターアンケート」と同様に、「2020 年間ビジターアンケート」の画面にリダイレクトされたユーザーが使用するWebブラウザに応じて、アンケートの質問項目を表示することにより、最終的にアンケートの回答に対するお礼と称した「iPhone 11」を入手するための個人情報を入力する画面に誘導して、ユーザーの個人情報を搾取するという目的のフィッシングサイトになります。 そのタブ、もしくはウィンドウを閉じればいい。 いくらGoogleとはいえそんなことすると思いますか? Apple社が行うキャンペーンやイベントだとしたらまだわかりますが、Googleがそんなことをしてなんのメリットがあるのでしょうか? しかもですよ? それを破格で手に入れるためには、届けるための住所を入力し、 クレジット決算しか対応していないのでカード情報を入力しなければいけません。 プレゼントをもらえる可能性は非常に低いので、個人情報の入力などは避けましょう。

Next