レヴォーグ 新型。 【レヴォーグ 新型情報 リーク】発売日や予約、デザイン(内装、外装)、エンジン、燃費、スペック、価格予想などまとめ。2.4Lターボ投入の可能性も。

スバル 新型レヴォーグ 2021 【新型車情報・発売日・スペック・価格】

今度は、レヴォーグとWRX STIの関係の近さが足枷となって、そう簡単にレヴォーグに2. 2019年10月開催の東京モーターショー、2020年1月の東京オートサロンにプロトタイプを参考出品して以来、既納ユーザーからの問い合わせが続いており、発売になればすぐにでも購入したいとのお客さんは多い。 2019年までに新開発されるFA18?とFB15?エンジンがメインに。 改めて現時点で判明している新型レヴォーグの最新情報を以下の次のページにてチェックしていきましょう。 スポーティなリアバンパーデザイン ココがイマイチ!新型レヴォーグの惜しいポイント 新型レヴォーグで惜しいと思う部分が リアテールランプが内側まで発光しないという所。 フルモデルチェンジ後も「二本出しマフラー」はそのままに、リアランプもコの字が強まって清潭さが強調。 最新のスパイショット 新型レヴォーグのスパイショット 仮ナンバーで公道テストしているので、これが市販バージョンだろう。 スバルの新中期経営ビジョン「際立とう2020商品戦略」では、2020年以降にモデルチェンジする主力車種に直噴ユニットを拡大させた 新設計のダウンサイジングターボエンジンを搭載する計画です。

Next

スバル 新型レヴォーグ 2021 【新型車情報・発売日・スペック・価格】

4Lターボエンジンは搭載できないと思います。 WRX STIとレガシィB4、アウトバック、アセントは、互いにキャラクターが重なりません。 新型 レヴォーグ 市販車外観デザイン 2020年6月24日追記 レヴォーグCM撮影現場を目撃しましたと言う情報がソーシャルネットワーク上にちらほらと掲載されています。 新型レヴォーグ・プロトタイプ フォルムは初代に似ているが、エッジの効いた面構成になっている。 これまでのアイサイトは横方向には対応しておらず、交差点での右左折の際等、横方向から来る車・人・自転車などには対応していませんでしたが、これですべての方向(全方位)に対応することになります。 8L 水平対向直噴ターボエンジンを採用。 エンジン性能は詳細が判明次第追記致します。

Next

新型レヴォーグ(2代目)1.8Lターボと新型アイサイト搭載

これまでのスバル車は、スポーティーな走り方向にセッティングされていますね。 8L直噴ターボエンジンを搭載。 本来はいいクルマを販売してくれれば、消費者の立場としてはうれしいのですが、クルマも商品の一部です。 新型レヴォーグ 次世代アイサイト標準搭載 新機能「TJA(トラフィック・ジャム・アシスト)」準自動運転システム 自動車専用道路 高速道路 の渋滞時追走機能。 それによって、 「高速道路にて自動で車線変更」や「一定条件下でのハンズオフ」といった日産のプロパイロット2. 4Lターボエンジンの設定を予定。 新型レヴォーグはフルモデルチェンジで新型ターボエンジンを搭載か フルモデルチェンジによって誕生する次期レヴォーグには、新型ターボエンジンの搭載が予想されます。

Next

フルモデルチェンジ版・スバル新型レヴォーグが9月末に発売されると断言したベストカー。案の定スバルディーラーにも多くの問合せが入り困惑している模様

こちらは現行レヴォーグ。 スバルVIZIVツアラーコンセプトのサイドビューからは、シューティングブレークとも称されるレヴォーグのスタイリッシュかつプロポーショナルな美しさが磨かれた印象を受けます。 WRX S4の場合には、WRX S4の上位モデルがWRX STIという扱いをされているため、 排気量面においてWRX STIを超えることは、ラインナップ的に難しいでしょう。 なお、1. 5Lターボなどを搭載できていました。 2年後となる2020年に発売することになる。 8L 最高出力 200ps 最大トルク 30. 【新型レヴォーグ諸元表】 全長 4755mm 全幅 1795mm 全高 1480mm ホイールベース 2670mm 車両重量 1520kg エンジン 水平対向4気筒直噴ターボ 排気量 1. 5L自然吸気のほうが、出足はいいです。

Next

スバル新型レヴォーグが発売延期予定/WRX S4フルモデルチェンジの最新情報2020

0Lを超える6気筒エンジンや、2. 2014年に初代モデルが誕生したレヴォーグは、2017年8月にD型へと生まれ変わり、2018年にE型へと年次改良が行われます。 しかも、インナーフレーム構造が取り入れられて通常のSGPよりも剛性感がアップしてるそう。 0リッター水平対向DOHCターボエンジンは300psを発生するが、1. そのため、エンジンにかかる負荷を考慮して、エンジン出力が控えめに、また同じ出力であれば排気量を大きめに設定する傾向があります。 この状況で、2. レヴォーグは、スポーツカーとワゴンの優れた点をミックスさせたクロスオーバーです。 また新型レヴォーグの車重は1520kg前後とフルモデルチェンジ前とほぼ変わらないため、加速感という点で過大な期待は禁物でしょう。 RECAROフロントシート+運転席8ウェイパワーシート(メーカー装着オプション) 1. 8Lターボモデルはレギュラー仕様になる可能性が高く、パワーよりも実用域での排気量の余裕を生かした設定になります。

Next

新型スバル・レヴォーグが撮影のためか一般道に出現!やはりスバルのデザインは群を抜いている

4リッターターボになるとのうわさも。 8L水平対向ボクサーターボエンジン搭載。 バンパーに何かかぶせてあるような…… フロントにオーバーフェンダーが装着されている。 LEVORGリヤオーナメント(ラスターブラック)• スバル新型レヴォーグの値段はどうなるのか? まず確認しておくと、新型レヴォーグのグレード構成は主に「3グレード」。 画像の出典: 群馬県で撮影されたというスパイショットです。 これは経済的には従来より少し楽になるかもしれないですね!! 新型レヴォーグには、 新開発された水平対向4気筒 1. 新デザイン、購入タイミングが合う方であれば購入を躊躇する必要はないと思います。

Next

新型レヴォーグ(2代目)1.8Lターボと新型アイサイト搭載

LEDアクセサリーラーナーが設定されると思うのだが、それでもさみしい感じは否めない。 8Lダウンサイジングターボエンジンを導入する可能性が高いです。 レヴォーグは「スポーツツアラー」として製作され「ステーションワゴン」よりスポーティなデザインを特徴としていますが、新型レヴォーグではリアオーバーハングを短縮することで個性を伸ばしたデザインになっています。 そう考えると新型レヴォーグのコンセプトカーが海外のモーターショーで先駆けて発表されたことにも合点がいきます。 また、1. この販売戦略における似た例でいえば、メルセデス・ベンツの新型Aクラスにおける、メルセデスAMG A35とメルセデスAMG A45の関係が近いでしょう。 最大トルクは30. 先代レヴォーグでは内装の質感向上という部分で課題があったことから、新型では大幅に質感が高められたインテリアになりそうです。 新型レヴォーグの搭載エンジンは? 続いては「搭載エンジン」のフルモデルチェンジ最新情報。

Next