八幡ss陽乃。 『俺ガイル』雪ノ下陽乃がヒロインのおすすめSS・二次小説作品まとめ【随時更新】

八幡「あ、あれは…………」陽乃「」テクテクテク

86 静「いいなぁ…こんな料理のできる夫がいて…私なんて」 八幡(だれか!誰かもらってあげて!今すぐに! 小町「お兄ちゃん陽乃さんと同棲し始めてからまた料理の腕あげたよねー。 」 「……そ、そうか。 彼の前では仮面は引っ剥がされたものだと思っていたが、条件反射で心ない言葉で受け流す癖がまだ直っていないのかもしれない。 」って、パワーパフガールズかな? もしくはマザーグース。 普通に考えて一緒に寝るでしょ!」 八幡「いや、おまっ、それはちょっと…」 いろは「……1人が怖いです…」グスッ 八幡「……はぁ……しょうがねぇなぁ…寝るぞ。

Next

いろは「私の先輩に触らないで!」 ※ヤンデレ

なぜわた雪乃さんの胸を揉んで自分好みの大きさまで育てようとしないのかしら?• 最後に短編物を『短編』というシリーズで纏める事にしました。 あ、小町ちゃんも一緒にくる?」 小町「いえ…小町はこの夏休み中お母さん達と海外へ行くので…」 八幡「まって、なにそれ聞いてない」 小町「お、お兄ちゃんは、まぁその…なんというか…」 八幡「まぁ、毎度恒例だからいいけどよ…」 めぐり「じゃあ八幡だけ私の家だね。 なんてったって私の義妹だからね」 小町「はい!」 10 :やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 何で生きてこれたの?どうでもいいけどさ。 陽「え、ちょ、比企谷君?」 いきなりの事で混乱する。 それに私も彼と一緒にいて楽しい。 子供の頃に祈った淡い願い。

Next

俺ガイルSS 比企谷八幡×雪ノ下陽乃

2016年08月02日 11:13• とりあえず、小町に御飯はいらないとメールしようとすると、 陽「あ、今日は家に泊まってもらうからそれも伝えておいてね」 と言ってきた。 35 陽乃「今のことだけじゃない。 本当に申し訳ございません• 」 なんだ今のは!ドキってした!八幡の心臓ドキってした!何これヤバイ無理楽しい 八幡「ちょっ雪ノ下さん最後のは卑怯ですよ!」 陽乃「えへへっ」 可愛すぎる……くっ……屈するな八幡!! 八幡「じゃ、じゃあ次俺言います!」 おいおい何言ってんだ俺!? 陽乃「ふぅん、良いよ?」 八幡「そ、そんじゃいきます!」 陽乃「きて……」 八幡「愛してるよ……陽乃」 陽乃「キュンッ」 バタンッ その時何が起こったかは分からなかった。 すいません修学旅行行ってました。 更新出来ない理由は、この後の展開を考えてるのと、他の作品を書いてるからと、受験に向けての勉強が忙しくて… 申し訳ございません• 今回の陽乃さんの話も同じようなものだと思ってた。 とりあえず吐き気が有る様には見えないので水を持ってくる。

Next

子供「キヤッキャッ」八幡「・・・なぜ?」結衣「~♪」

他の作品も宜しくお願いします 今回はグロ無し!性的描写を多少入れます では。 陽乃「愛してるよ」 八幡「……」 俺の心臓が通常の1. 百均で買った布地のやつなんですが) 陽乃「これだとふにゃふにゃだから……」ガサゴソ 八幡(人の物躊躇なく開けてくなあの人……) 陽乃「シャーペン……これなら……」 八幡(これならなんだ。 2016年08月01日 14:52• vip2ch. 頂くとするか」 めぐり「それで八幡。 やっぱ魔王様には勝てませんというエピソードが掲載されています。 そして抱きついたままこちらに顔を向けた比企谷君の目は腐ってなく、さらに 八「ひゃるのお姉ひゃん」 なんて言ってきた。 68 八幡は 1.振り返る 2.振り返らない 下5までで多い方。

Next

子供「キヤッキャッ」八幡「・・・なぜ?」結衣「~♪」

もともと雪乃は妹属性、というか普通に妹で、八幡はお兄ちゃんだからツンツンする妹を苦笑いを浮かべながらも優しく包み込む八幡とか最高だと思います。 ハーイ 小町ちゃんの元気な声が聞こえる、比企谷君は、まだ寝てるんだろう、今日は、日曜日だ。 心なしか目がさらに腐ったように見えるわ」 八幡「……地獄だった。 そして、小町ちゃんが顔を覗かすと、一瞬で外用のあざかわいい笑顔を消して、まさしく、ゴミを見る目でこう言った 「どちらさまですか?」 怖い、怖い。 なんやかんやで大学生活を謳歌してるさかならーめんです。 2016年08月06日 06:59• 2016年08月01日 10:45• ずっとずっと欲しかったもの。

Next

【俺ガイル・陽乃SS】雪乃「安価で比企谷君を更生させましょう」 八幡「はぁ?」

92 雪乃「職員室へ行ってくるわね」 八幡「待てよおい。 ただ、嫌な感じはしない。 2ch. 昔から自分の誕生日というのは、雪ノ下にとっての様々な有力者を招くイベント、いわゆる社交パーティーの口実でしかなかった。 昼食を食べて家に向かう。 ・・・・・・こういうギャルゲーはないものだろうか。 そんな彼のことがやっぱり好きだと再確認する。

Next