毛嫌い 例文。 「毛嫌い」とは?意味や使い方を解説!

毛嫌いの意味,由来,類義語,慣用句とは?

その後アルフレッド・アドラーが説いた「劣等複合感情=inferiority complex」の理論が日本に入ってきたのですが、これが非常に日本人になじみ易かったため国内で広く知られていきました。 その考えをやめて新しい価値観を取り入れるためにはそれなりの決心が必要となります。 「嫌厭」という言葉は、四字熟語の「畏怖嫌厭」から派生した言葉であるといえます。 「嫌がる」「恐れる」「飽きる」「きらう」といった意味で使われる「嫌厭」には、似たような意味で使われている類語がたくさんあります。 「固定」は上記の意味以外にも、「支柱を固定する」「ネジで固定する」という「一定の位置に止まって動かないこと。 周りに、頑張っている人はいませんか?特に、親しい人や仕事仲間などに頑張っていることが感じ取れる人がいた時には労いの言葉を伝えてみるのはいかがでしょう。 では「complex」の意味はというと、形容詞としては「複合的な」「複雑で分かりにくい」、名詞としては「複合施設」「合成物」「感情複合体」、動詞としては「複雑にする」です。

Next

「ICT」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

この場合の takeは「ネガティブ 否定的 な姿勢や態度を取る」などという風に考えると分かりやすいです。 時代の変化に伴って会社も変革するべきタイミングが来ます。 四字熟語の意味を理解するのは難しいものもありますが、四字熟語を使って文章を作ったり話したりすることで簡潔に伝わりやすいという利点もあります。 概 3つ目の「固定概念」を構成する漢字は「概」です。 「嫌厭」の類語 「嫌厭」の類語にはどのような言葉があるのかご存知でしょうか。 これらの熟語も合わせて覚えておきましょう。

Next

「嫌厭」の意味と使い方・例文・類語・「敬遠」との違い|憎悪

「毛嫌い」は「彼女は彼を毛嫌いする」のように人に対しても使われますが、「音楽を毛嫌いする」のように、人以外のものに対しても使われます。 今後はICTをいかにうまく活用し、効果を最大化していく事が重要だ。 「固定概念」という言葉は、古くから根付いた考えや価値観にとらわれて新しい考え方や価値観を取り入れようとしないことに対して述べるときに使います。 コンプレックスの由来 「コンプレックス」は精神科医で心理学者であったユングが精神分析の世界で使ったことで有名になったと言われています。 四字熟語でも「固定観念」「固定資産」とよく使われるため、しっかり抑えておきましょう。 ここからは、それぞれの漢字の読み方やそれぞれの漢字が持つ意味を詳しく見ていきます。

Next

「毛嫌い」と「嫌い」はどう違いますか?******

「厭」という漢字は「厭忌」や「厭世」、「厭わない」などというような言葉で使われています。 「先入観」の意味は、「前もっていだいている固定的な観念」で、それによって自由な思考が妨げられる場合に使う言葉です。 また、動かないようにすること。 「概」は「がい、おおむ(ね)」と読み、「ならして一様にする。 「固定概念」という漢字は、見てわかるように「固」「定」「概」「念」の4つの漢字で構成されています。 「概念をつかむ」「文学という概念から外れる」という使い方をします。 「嫌厭」という言葉をご存知の方は、どのくらいいらっしゃるのでしょうか。

Next

take againstの意味・使い方・例文・イディオム

宗教的な考えを毛嫌いする 「毛嫌い」の類語 嫌うこと 嫌忌・嫌気・嫌悪・忌避・忌む・厭う・嫌がる・食わず嫌い・忌み嫌う・煙たがる. 同じような意味を持つ類語を、「嫌厭」という言葉に置き換えて使ってみる事もできますので、似たような意味で使われる言葉をたくさん覚えておくと良いのではないでしょうか。 「固定概念」という四字熟語がこれらの1つ1つ漢字の持つ意味によって成り立っていることに気づくことでしょう。 非常に嫌っているさまをあらわす場合に「唾棄すべき」などというように使われています。 「嫌厭」を使った例文をいくつかご紹介しますので、使い方や意味を考えるための参考にしてみましょう。 「偏見」は偏った考えで不公平さが感じられるのに対し、「固定概念」は古くからの考え方を重視する面で新しい考えを取り入れられないというニュアンスを含むことから、これらの言葉の違いがわかります。 したがって上のように「あの人は山田さんを嫌いしています」と言うことはできません。

Next

「ICT」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

例文、あの人は山田さんを気嫌いしています。 「憎悪」という言葉は普段から目にする機会のある言葉で、「戦争を憎悪する」や「憎悪の念」などといったように使われています。 「固定概念」の類語 「固定概念」の類語について確認していきましょう。 「毛嫌い」の読み方は「けぎらい」です。 「おそれ」を抱き「いやがる」といった思いを表現する時に「嫌厭の情を抱く」というように使いましょう。 「厭」 「嫌厭」の「厭」という漢字は「えん」と読みます。

Next