プリウス 欠陥。 プリウス(トヨタ自動車)のブレーキ不具合は「欠陥」か?:オピニオン:Chuo Online : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

プリウスの事故が多い理由は?高齢者泣かせのシフトレバーが原因!?|ミドルエイジの自分探し

は電子式スロットル制御装置 ETCS-i を備えた2001年型以降のレクサスの頻繁な急加速問題であった [ ]。 トヨタの衝突回避支援パッケージへの信頼性は、少なくとも業界関係者の間ではガタ落ちという。 プリウスミサイルとは? 実は、 プリウスという車種は事故が非常に多いです。 この事故では事故現場から50m手前で車が急加速したという目撃情報があり、どうやらそのあたりで何か問題があったのです。 TOURING selection・上級オプションパッケージ• この点では、トヨタ側には全く罪はないですよね。 私は、当然、担当車拒否したのは勿論です。

Next

【池袋事故】プリウスミサイル原因はなぜ?シフトレバーの欠陥なのか?

確かに、これまでの高齢者の事故では「アクセルとブレーキを踏み間違えた」という証言がよく聞かれます。 カナダ 2010年2月5日、カナダの ()は『トヨタ戦争』と題した記事で、「トヨタは犠牲者だ」と、トヨタを擁護し 、トヨタのリコール騒動は、米国の利益にかなったもので、「前もって計算された行動のようにみえる」と指摘した。 そもそもアクセルペダルの位置が左に寄りすぎです。 音がでない 少ない から歩行者も気がつかなかったり、遅れたりで逃げようがない。 回収車両には新たなクリップをダストブーツ先端部に装着するという応急処置が施されています。

Next

【池袋事故】プリウスミサイル原因はなぜ?シフトレバーの欠陥なのか?

高齢化社会が進むにつれて、安全装置などをつけるなど車の設計を柔軟に変化させたり、高齢者やその家族の意識改革が必要になっていくのだと思います。 とっさの時、ブレーキと間違えてアクセルを踏み込んだ場合、 数秒で100mくらい走っちゃいますよ。 しかし全体的にはプリウスとして欠陥といえるような問題は、現在はありません。 スタート時のモーター駆動は、モーター特有の太い最大トルクを発揮して、ガソリン車よりも遥かにスムーズでパワフルな走行を実現します。 価格差を燃料消費差益で穴埋めするのは、機能強化分を価格差から引いた分だけです。 これらの事故と原因に関する主張などについて米国で大々的に報道された。

Next

「プリウス暴走事故」はなぜ多い

asahi. 詳しく知りたい方は、下記の『』のページをご覧ください。 確かに、このシフトレバー構造は、 「ん?」となりますよね。 NHTSA来日 [ ] その後、3ヶ月にわたるとの交渉で、トヨタ社の決定権が本社にあることが分かったので、2009年にロナルド・メッドフォードNHTSA副局長代理ら3人の局員が来日し、豊田市のトヨタ本社で「米国でのリコール規則(リコールにつながる欠陥に対して5日以内の報告を求めている=)に従う義務」について演説した。 保育士の方ありがとうございました。 こういった事故はなかなか防ぎきれるものではなく、ドライバーが体調に気を付けて運転できるかの判断をするほかありません。 トヨタは最近まで、衝突回避支援パッケージについては積極的にPRしてこなかった。 2012年2月9日閲覧。

Next

「プリウス暴走事故」はなぜ多い

ブレーキペダルはもう少し右に設置することも出来ますが、そうするとブレーキペダルを踏んだ時にアクセルペダルまで一緒に踏んでしまう可能性が出てきます。 何より外って楽しいんですよね。 「 逆輸入車に乗ってる可能性 」もあると思い、 いろいろ調べてみたが、基本的に北米市場むけの プリウスは「 左ハンドル車 」だが、事故を 起こした車両は右ハンドル車であった。 ブレーキ放して アクセル全開にしても 無反応。 その後、ギルバート准教授は、という人物に雇われていたと各メディアが報じた。 [ ] 時事通信 [ — ]• その過程で プリウスが使いにくいと思ったらそもそも買わないですよね。 弁護士はレッドランズ地域のMcCuneWright LLP法律事務所で、リバーサイド連邦裁判所に訴状が提出された。

Next

トヨタ自動車の大規模リコール (2009年

「ブレーキを踏んだのに止まらなかった」と過去5年間に無違反だった 64歳の運転手が証言したことも反響を呼びました。 日本市場 車名 製造年月 台数 2009年4月20日-2010年1月27日 約20万台 2009年11月25日-2010年2月5日 約150台 2009年10月2日-2010年2月8日 約1万1,000台 2009年6月10日-2010年2月8日 約1万2,000台 追加リコール 、「」のに亀裂が入り暴走する恐れがある事が製造過程で判明し、北米でアメリカでの8,000台を初めとした約1万台のリコールが発表された。 回収車に対しては、対策品と交換する措置が用意されています。 が、インターネット上では事故車の映像から安全装置搭載モデルであることが判明し、大きな話題になっている。 そもそも、こういった議論が起こる時点でプリウスに構造上の問題があることは確かなのですが… まとめ. ケイン社長は下院で証言予定と報道されたが実現されていない。 車が急加速したからといって、すぐにブレーキに踏みかえておけば車はあまり暴走せずに止まることができます。

Next

アメリカ プリウス 急加速問題 狙い撃ちの真相 ?! 日系企業が今危ない!

「高齢ドライバーの運転ミスはよくあること」では簡単に片付けられない事情が、この事故にはあった。 (詳細は以下の記事をご参照ください。 もういい加減聞きたくないし、お散歩や園庭のない保育園が変に問題視されませんように。 真偽はともかく、乗らないで済むなら乗りたくない車No. ABC News 2011年2月8日. 参照元: 10月12日 10月12日には、2015年~2016年生産のプリウスの一部で、駐車ブレーキのケーブルが作動レバーから外れブレーキが伝わらず接触事故になるかもしれないことがわかりました。 集団訴訟 2010年2月、とカナダのトヨタ車所有者ら1000人以上が、トヨタを相手取り損害賠償を求めるを起こした。 その後、NHTSAの安全調査報告で、運転席床に置かれた固定されていないES350用とは別のゴム製フロアマットにアクセルペダルが引っかかり、ペダルが戻らなくなったことが原因と分かった。 2011年2月5日閲覧。

Next