リッチ メニュー デザイン。 LINE公式アカウント(旧:LINE@) リッチメニューって何?どうやって使うの?

リッチコンテンツデザイン|リッチメッセージ、リッチメニューの制作依頼はこちらから » LINE公式アカウント使い方から運用サポート集客・販促活用支援

リッチメッセージには、視覚情報にてユーザーのイメージを膨らませ、興味関心を高める効果があります。 続いて、右側のアクションでリッチメニューのA、B、C、Dにそれぞれの箇所にリンクを挿入していきます。 トーク画面に入ったユーザーは必ずリッチメニューを目にすることになるため、企業がアピールしたい情報を効率的に伝えられます。 プレミアムIDの初年度料金を値下げ• よってデザインや質感にはこだわりましょう。 またオリジナルのキャラクターを使用しているというところにも注目。 とは言ってもデザインは色々な事例を見るのが一番。

Next

LINE公式アカウント移行方法とリッチメニューデザインプレゼント

どんなメニューを入れるとよいのか? 様々なお店や会社のリッチメニューを調査してみました。 それ以降は強制的にLINE公式アカウントに移行されます。 ショップカード• 右側の「作成」をクリック。 複数のURLが設定できるので、どのURLがよくクリックされるかを確認し少しづつ改善していく。 クリエイティブにこだわる LINEのトーク画面を開いたらすぐに表示されるリッチメニューは「企業アカウントの顔」と言えます。 商品や店舗について、いかに魅力的に、簡潔に、ダイレクトに伝えるか。

Next

リッチメニュー|LINE for Business

みたいところに一発でたどり着かないからです。 [M:Medium] 一般的な端末向けのサイズ。 リッチメニューは、LINE登録者の目に触れる機会が多いので「見てほしいページ」「買ってほしい商品」などを決めておきましょう。 ステータス リッチメニュー表示の「ON」と「OFF」をラジオボタンで設定できます。 クーポン あらかじめ設定しておいたLINE公式アカウントのクーポンを表示できます テキスト 記入した内容をそのままユーザーメッセージとして友だちに発言させることができます。 ということで XamlRichMenuMaker LINE のリッチメニューをでデザインして、そのままLINEサーバーへアップロードできるツールを作りました! プロジェクトをで開いて使用します。

Next

LINE公式アカウント移行方法とリッチメニューデザインプレゼント

例えば、リッチメニューを左右に2分割するレイアウトにし、左側は来店客向けにクーポン画面へのリンクや、よくある質問ページへのリンク、右側は自社Webサイト(メニューページや地図ページ)へのリンクを設置するといったことが可能です。 LINE のサービス統合の紹介ページ|LINE for Business LINE公式アカウントでは、今までできなかったことができるようになったり、プランもわかりやすくなり、ビジネスツールとしてさらに頼もしい存在になりましたね! 月額顧問を担当させていただいているお客様などで、無料のプランを今までご利用の方でも、様々な使い方でアプローチできることから、楽しみにお待ちいただいていました。 こういったリッチメニュー応用が使えるのは、Lステップのスタンダートプランです。 わたしはこの1枠ずつを作成して行くのだと勘違いして無駄な時間を過ごしました。 1.「リッチメニュー」を設定したいアカウントをクリックします。 適用後は、画像の再編集およびファイルに保存ができません。 以下の編集画面になりましたら、左メニューの 「アップロード」を選択し、 「画像または動画をアップロード」をクリックし、先ほど決定したテンプレートを選択してください。

Next

LINE BOT のリッチメニューをXAMLでデザインするツール

それぞれのアイコンはリッチメニューに設置するボタンとの相性も抜群です。 必要なのはデザイン力だけ 文章をだらだらと書く必要はありません。 Contents• ステータスをオンにする場合は、表示期間を設定してください。 リッチメニューを設定する 1. 新商品プロモーションでは、リッチメッセージとリッチメニューを連動させ、大きな一枚の画像に見立てて配信。 ということで、LINE MANAGERのサイトに移動します。 *もっとバリエーションあります。

Next

Webデザイナーが教えるLINEリッチメニューの作り方プレゼント画像付き

【注意】リンク先項目に電話番号を入力 リンク先に電話番号を入力するのですが、ただ電話番号を入力するだけでは電話をかける機能がつけられませんし、「正しいURLを入力してください。 もし、一つの枠を大きくしたい場合は、AとBをくっつけた画像を作り、設定画面(後述)のAとBに同じURLを設定すれば分割数を減らすこともできます。 使い方に慣れていただくためにシンプルなものを作成していますが、是非こちらを用いて作成してみてください。 機能面に関しても差異はありません。 リッチメニューは、LINEトーク画面を大きく占領するため、ユーザーがパッとみた際に、充実したコンテンツであると潜在的に評価する傾向がある他に、リッチメニューにリンクを設置することでコンバージョン率を高めることが期待されます。 よければそちらのページもご覧ください。 ここにLINEを使ったマーケティングの難しさがあります。

Next