ナサニエル ホーソーン。 緋文字・ホーソーン(Nathaniel Hawthorne)作品紹介・感想文

ナサニエル・ホーソン Nathaniel Hawthorne 三宅幾三郎訳 ワンダ・ブック――少年・少女のために―― A WONDER BOOK FOR BOYS AND GIRLS

君だって彼女を、僕のように気持のいい旅の道連れだとは思わないだろうと思う。 『もっと、もっと、もっと 胡桃 ( くるみ )を拾って! 君達の 籃 ( かご )一杯にするんだよ。 』 『おほう!』とその見知らぬ人は答えました。 『あたし、いねむりなんかしなかったわよ。 そんなわけで、彼は彼の頭と時間との全部を、この一つの目的のために費しました。

Next

ナサニエル・ホーソーン

あたしは、まあしばらく 真暗闇 ( まっくらやみ )を楽しみましょう。 』 パーシウスは彼等がこんな風にいうのを聞いて、白髪婆さん達がそのことをなんにも知らないのだと、本当に思いかけました。 さて、君達のような利口な子供には、こんなことを言う必要はないかと思うが、マイダス王が生きていた古い古い昔には、 今日 ( こんにち )この国で起ったならば、われわれも不思議だと思うようなことが、いろいろ沢山ありました。 僕がゴーゴンの首についての、面白い、いいお話をして上げるからね。 妻のあざに不完全性を見出してしまっても、その中に幸せを見出すことが必要なのではないか。 ぜひ手にとっていただきたい。

Next

Nathaniel

その上、彼等には翼があって、それがまた本当に、すばらしく立派なものでした。 『では、あなたの庭の下をしずかに流れているあの川へ行って、水に飛び込みなさい、』と見知らぬ人は言いました。 そのうちに、川幅一杯に根を張った木があって、その根にぶっつかった水は、もんどり打って、ちょっと行きどころを忘れたようにとまどいした。 それからまた、パーシウスが目の隅っこから、横目でクイックシルヴァを見ると、彼の頭の横っちょにも翼が生えているような気がするのでした。 『それは本当に、誰でも一ぺん見たら、もうその方に目を吸いつけられてしまうことは、ほぼ間違いのないものでございます。 自分はタンパク質でできているのに、その合成はできない。 彼女はちょっとの間父を見つめたまま坐って、一生けんめい小さな頭を絞って、父がどうしたのかを知ろうと努めました。

Next

緋文字

全体からいうと、昔と今とでは、今の方が僕は不思議な時代だと思う。 眼ほど人間が大切にするものはちょっとありません。 壮観なだけでなく、おもしろい。 それは明日から、冬中ずっと、元気に面白くあそべることを思わせたから。 そしてこの後、この妻に対する愛と科学に対する愛の結合が、この物語において、注目すべき結果と印象深い教訓をもたらした、と語り手は物語の主題を読者に示している。

Next

1474夜『緋文字』ナサニエル・ホーソーン

このあざは生まれたときから彼女についていて、これは人間が生まれつき持っている「原罪」を表現している。 そして彼が、決して開けないということにして彼に預けられた箱をのぞいて見るなんて、如何にもおそろしいといったような顔をしたので、パンドーラも、もうこの上そんなことは言い出さない方がいいと思いました。 そして、僕は誰もたべたことがないくらい甘くて、お汁のたっぷりある 実 ( み )のなる葡萄の木も知ってるんだ。 自分の死後、世界はどう変わり、どう変わらないのか。 ドリューはわれわれの中にひそむ哺乳類をうまく浮き出させ、ヒッグスは巧みに20世紀の思想と文化を圧縮展望した。 彼らは楽園を求めて新大陸へ渡ったのです。

Next

緋文字・ホーソーン(Nathaniel Hawthorne)作品紹介・感想文

そこで語る「私」の職業を得たいという思い。 そのお寺では、年取った、いいお坊さん達が、彼女にたいそう親切にしてくれました。 子供の数は幾人だったか、よく分らないが、九人十人以下ではなく、それかと云って十二人は越えていなかった。 地方分権が徹底し、未だに地域ごとに法律や教育制度まで異なるアメリカの多様性の原点もこうした入植者の歴史に遡ることができるのです。 『何かほかの話をしてほしいなあ、パンドーラ。 地球の大燔祭: 大きな大きな焚火で、過去の古い遺物、慣習、悪しき影響を与えるものをすべて燃やしてしまおうと人々は考える。

Next