ホンダ イン サイト ex。 ホンダ インサイト:あらためて試乗し、トヨタ プリウスに負けず劣らずな性能の良さを体感!|セダン|MotorFan[モーターファン]

ホンダ・インサイトEX・ブラックスタイル(FF)【試乗記】 挑戦と失敗から学んだ復活

プレミアムクリスタルレッド・メタリック」 ホンダ新型インサイトの日本仕様には、全8色のボディカラーが設定されています。 5Lエンジンを組み合わせ搭載• バンパーレベルから開き、左右幅も十分なトランクリッドを持つ「インサイト」。 リアシートの座面下に、ハイブリッドシステムの要ともいえるインテリジェントパワーユニット(IPU)を搭載。 5Lエンジンを組み合わせ効率をアップ。 2代目インサイトでは、プラットフォームは基本的にフィットのプラットフォームから派生したハイブリッド専用車として作っていました」。

Next

ホンダ 新型「インサイト」試乗&実燃費テスト/スムーズな走りはまさに次世代ハイブリッド

カセット 動画プレイヤー• 仮に、これがフルモデルチェンジによる熟成不足によるものだとしても、あちこちがミスマッチだらけのため、どこを目指した熟成不足なのかすら分からないのだ。 あらゆる速度域、あらゆる場面において、新型インサイトは十分に力強く、そしてスムーズに気持ちよく走ってくれる。 ショールームでさえあまり目にしないクルマを買うほど酔狂な人も多くないだろう。 電動リアゲート リアゲートを電動で開閉させる仕組み。 中央部を指先で上下に動かすことで、マルチインフォメーションディスプレイの各表示を切り替え可能なセレクターホイールを左側に配置する。

Next

インサイト EX(ホンダ)の中古車

誤発進抑制機能• また、「アコード」でもラインアップしたアルミホイール「MDA」をインサイトの車格に合わせて18インチとして設定。 HEVが主力となりつつある日本市場ではインサイトのパラレルHEVに対して2モータ-のストロングタイプのスプリットHEVが主流となって、トヨタのHEVは2017年に累計販売台数1000万台を記録するまで成長した。 ハーフレザーシート• にもかかわらず、現行インサイトはデビューから1年以上たったいまでも街中であまり目にすることがない。 車体価格は当時ハイブリッド車では驚きの180万円からと戦略的設定を採用しましたが、ライバルとなるトヨタ・プリウスも対抗して低価格モデルを投入したことで販売競争が激化。 ガソリンエンジンは基本、発電機として機能して、その電力でモーターを駆動する。

Next

【ホンダ インサイト 新型】EXブラックスタイル[詳細画像]

この車両の2013年5月発売モデルには、「G」「L」という2種類のグレードが用意されています。 シフトレバーの代わりにスイッチを配置した「エレクトリックギアセレクター」を採用。 そして、いつものくるすぺオリジナルのスペック表は下記の通りです。 新型インサイトについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに! carislife. 車体には同社「NSX」で培われた技術がさらに進化したアルミフレームが採用され、フロントフェンダーなどには、同社「バラードスポーツ CR-X」でも採用された樹脂材が用いられています。 ハイブリッドセダン「インサイト」をマイナーモデルチェンジ 本田技研工業は5月29日、ハイブリッドセダン「INSIGHT(インサイト)」をマイナーモデルチェンジして発売した。 第一印象は非常にスムーズな走り 今回、「EX BLACK STYLE」と「LX」の2グレードに試乗することができたので、その違いとともに報告しよう。

Next

ホンダ インサイト:あらためて試乗し、トヨタ プリウスに負けず劣らずな性能の良さを体感!|セダン|MotorFan[モーターファン]

渋滞追従機能付ACC<アダプティブ・クルーズ・コントロール>• あと、後席のヘッドレストも、やや低めではあるもののデフォルトの高さのままで頭を支えてくれる位置にあったので、ここは良しとしよう。 シートバックは6:4の分割可倒式で、トランクスルー機構を備えている。 この辺りは内外装編でお伝えしようかと。 さらに、これからもその開発の手を緩めず、改良を重ねていくというのでとても楽しみなシステムであるといえる。 Cd値0. とのことなので、恐らく、私とは「フィーリング」面での好みが丸っきり異なるのだと思います。 後席モニター• 3列シート• HEVモデルとして初めて月間トップセールスを記録するなど、初代同様話題には事欠くことはなかった。 もちろん、シートの高さ調整で高くすることも出来るのだが、一般的なセダンと比べると基本の着座位置が低いと感じる。

Next

ホンダ インサイト:あらためて試乗し、トヨタ プリウスに負けず劣らずな性能の良さを体感!|セダン|MotorFan[モーターファン]

・無料電話をご利用の場合は、各店舗の営業時間・定休日をご確認の上ご利用下さい。 駆動システムは、アイドリングの自動停止機能などを含むハイブリッドシステム「ホンダIMA」を基本とした。 昔いた馬の名前と、全く同じ名前の馬がまた走ってることが。 おそらく控えめで穏やかなこのルックスは、プリウスのだいぶ丸くなったとはいえそれでもやっぱり尖(とが)っているカタチについていけない人にとって、かなり魅力的に感じられるのではないだろうか? インテリアもシビックがベースになってはいるが、似ているけれどやっぱり違う。 でも、正直、どこを目指したのかよくわからない乗り心地だと思う。 ダッシュボードにあるエアコンの吹き出し口の形状が変わり、上部が中央から助手席側のドアに向かって緩やかにドロップしていく線を描いていること、助手席の前からセンターコンソールまでがしっかりとしたステッチの刻まれたパッドに覆われていること、セレクターレバーの代わりをつとめるボタン式のギアセレクターが採用されていること、センターに8インチのナビゲーション/ディスプレイが備わることなどで、雰囲気がかなり異なっているのだ。 あと、低速時に歩行者にクルマの存在を知らせる接近音は、車内では全く聞こえなかった。

Next

ホンダ 新型「インサイト」試乗&実燃費テスト/スムーズな走りはまさに次世代ハイブリッド

たしかに手元で操作ができるのは非常に便利だが、どれがどのボタンかを確認するために視線を移動することになるのは本末転倒だ。 ジワジワっと速度が上がっていく感じで、パンチは全くない。 インサイトという車名は共通だが、初代は3ドアのファストバッククーペ、2009年に発表された2代目は5ドアハッチバック、そして現行型は4ドアクーペ風のセダンと、スタイルはいずれも異なり、また代が替わるごとにサイズもアップしている。 Youtubeにも投稿していますので、こちらもよろしければご覧ください。 ガソリンエンジンは最高出力109ps/最大トルク134Nmを、走行用モーターは最高出力131ps/最大トルク267Nmを、それぞれ発生する。

Next