アメリカ 中国 賠償 コロナ。 請求金額は50兆ドル近く…荒唐無稽な“中国への賠償金請求”|日刊ゲンダイDIGITAL

【損害賠償】アメリカ市民「中国政府を訴えてやる」 コロナ拡大で集団訴訟あいつぐ [4/13]

さらにコロナウイルスの発生源は中国の細菌研究所とするもの、人工的に作られたものなどの疑惑が上がっています。 発生源となった武漢市民を封じ込めた対応に、国民からも、不満の声が出ている中国。 一方の日本では、中国に対する責任追及や、感染症の原因を究明する動きが後退している。 8万人に達しています。 続いてイギリス。 中国に対して損害賠償請求している国々、反感を持っている国々が多くいますから、アメリカとしても戦争に持ち込みやすいでしょう。 8万人など世界で12. しかし、一方で『世界の反中感情は天安門以来最悪』と指摘する内部文書の存在も明らかになっており、国際社会での自らの立場を冷静に分析している。

Next

新型コロナで、中国 VS アメリカ、ヨーロッパ勢。中国はアメリカに嵌められたか?

こちらのサイトがよく検証してくださっているのでシェアします。 アメリカは中国への損害賠償請求の金額は、とんでもない金額を請求。 平成17年10月弁護士登録(東京弁護士会)。 新型コロナウイルスを隠蔽したのは中国。 こうした動きが出てきたことから、アメリカの保守派の中では、今回のウイルスが中国発の生物兵器だとする認識が一般化してきていることが推察できる。

Next

【悲報】アメリカ「コロナは全部中国のせいだから全額賠償金払え」|ツチノコ速報

なんだか、妄想が・・妄想が行き過ぎてしまう・・。 中国は賠償請求に応じる姿勢はなく米国では資産差し押さえなど、あらゆる手段を講じることを表明しています。 大手メディアが報道している内容が全て正しいのかといえば、それが何とも言えないわけで。 社説は同紙の編集主幹によって書かれ、ドイツが受けた被害への賠償金は総額1650億ドル。 WHO事務局長テドロス氏の即時退任を求める署名が2ヶ月間で50万人を超えました。 死者数はアメリカ2. 中国の反応 中国外交部の 耿爽(グン・シュアン)報道官が 20日の会見で、「中国も他国と同じくウイルスの 攻撃を受けた被害者だ。

Next

怒り心頭、米国防省が中国包囲作戦を策定中 新型コロナで「白頭鷲」を撃った中国、米国と全面対決へ(1/7)

死者数も約6万人。 そして。 さらに、崔氏は米紙『ワシントン・ポスト』のコラムに寄稿し、新型コロナ感染拡大の原因が中国にあるとの主張は、世界の2大経済大国である米中を「分断」する恐れがあると指摘した。 トルコでは大学生が中国大使館へ賠償請求の書簡を送っている。 マコちゃん調べによりますと。 政府としても、難なく中国との戦争に持ち込むことができるわけですよ。 フェイクニュースという人たちがツイッターで現れましてね。

Next

中国、新型コロナウイルスの損害賠償請求額、1200兆円を超える。

今のところ、中国に対しての損害賠償請求の金額は、 1200兆円越え。 訴訟を起こした国と請求する賠償額 現在、アメリカ、イギリス、イタリア、ドイツ、 エジプト、インド、ナイジェリア、オーストラリアの 8ヶ国の政府や民間機関が、新型コロナウイルスの 感染拡大を招き、自国に大きな被害をもたらしたとして、 中国政府に賠償を求める訴訟を起こしているようです。 以前にブログにのせたYouTube動画。 つい前に、ネットではこんな動画が話題になりました。 ですが、このニュースに対して。

Next

中国、新型コロナウイルスの損害賠償請求額、1200兆円を超える。

イタリア、スペインは国の財政が大変な状況だというのは有名ですね。 人民に国辱の歴史を彷彿とさせる包囲網に対し、弱腰な態度を見せることはできず、米国に対して売り言葉に買い言葉の応酬をしています。 14 2019年12月に武漢で発生した新型コロナウィルスの感染者は、2020年にはいってから世界中に拡散、1月から3月まで毎月10倍のスピードで感染が拡大、[…]• まぁ、中国を提訴したところで、中国が実際に損害賠償金を支払うかというと、支払う気など全くないでしょう。 今も新たな感染者、 封鎖を解除する中国の無謀 実態を隠蔽して「ウイルスに勝利」をアピールか 「 は、最近はもっぱら『ウイルスとの戦いにいち早く勝利した中国』が、パンデミックと戦う世界各国の模範となり、救世主となる、という大プロパガンダを展開中」 — ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 tibethousejapan 情報を隠蔽し、国内に感染が拡大。 初動の遅れは誰から見ても明らかです。

Next